息子、就職祝いの夕食

特別なことは何もしませんでしたが、赤飯でお祝いしました。

d0031853_2323354.jpg赤飯―友の会で習ったように、もち米の6割の量の小豆のゆで汁をなべで混ぜながらよく吸わせてから蒸し器に小豆と一緒に入れて15分ほど蒸しました。
刺身―長男がサーモン、次男がイカが好きなので、サクで買ってきて私が刺身包丁で切りました。つまも我が家の大根で作りましたので、ちょっと見栄えが悪いかも。飾りは庭のパセリです。
吸い物―アサリだけにしたほうがよかったか?。たけのこの薄皮と、三つ葉がたっぷり入っていてアサリを隠しています。
和え物―べかとわけぎの酢味噌和え。わけぎがおいしい季節です。
煮物―昨日、向かいのお宅から「田舎の実家で掘った物です」といただいたので若竹煮です。
見かけがご馳走らしくないのですが、私の心づくしです。

そして・・・・
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-04-22 23:08 | うれしかったこと | Comments(8)

Commented by yassy127 at 2007-04-22 23:16
息子さんの就職おめでとうございます。
お母様の心尽くしのお祝い膳に息子さんは感激されたことでしょう。
新しい出発心からお喜び申し上げます。
Commented by miyakeoriibu at 2007-04-23 19:32
ご子息様のご就職おめでとうございます。
料理屋から取り寄せたものよりずっとずっと心がこもっていて
喜ばれたことと思います。
ご子息様のご活躍をお祈りいたします。
Commented by myobento at 2007-04-23 22:41
息子さんのご就職、おめでとうございます。お手製のお赤飯でお祝いなんて、すてきですね~。そういうのが一番だと思います。船出に乾杯!
Commented by 3reiko3 at 2007-04-24 00:25
息子さんの心にいつまでも残る、母の思いのこもったお祝いの膳ですね。
おめでとうございます。

このお赤飯の作り方、私も習いましたが、色がムラにならず簡単にできてとってもいい方法だと思いました。
手作りのお赤飯、長く作ってないなーと反省しました。
Commented by kurashiki-keiko at 2007-04-24 23:49
yassy様、コメントどうもありがとうございました。就職浪人、どうなることやらと心配でしたが、なんとか正社員で就職できほっとしています。
Commented by kurashiki-keiko at 2007-04-24 23:50
miyakeoriibu様、ご馳走ではありませんが気持ちだけです。
どうもありがとうございました。
Commented by kurashiki-keiko at 2007-04-24 23:51
myobeoto様、外食するより家で家族だけで気持ちだけのお祝いでしたが、ささやかでもそれでいいかなと思ったもので。ありがとうございました。
Commented by kurashiki-keiko at 2007-04-24 23:52
reiko様、お赤飯、習われました?この方法は楽で失敗がなくていいですよね。

<< メル友から小玉すいか 映画「硫黄島からの手紙」を見て >>