田舎DE蕎麦


d0031853_2328562.jpg

県道岡山ー児島線をそれて山道へ。うっそうと生い茂る木々の間を抜けて登っていきます。

d0031853_23303048.jpg

山を登って降りたところにこんな小さな看板が。看板に沿ってため池の横を通り、さらに細い道を上へ。突き当たりのところへ・・・

d0031853_23314523.jpg

普通の農家のような家の壁に看板あり。

d0031853_23323719.jpg

お店の玄関です。そして外に戸板みたいなテーブルが2つあり、外で待っている人も。

d0031853_23332560.jpg普通の農家の土間みたいな玄関から靴を脱いで上がりました。農家の二間続きのお座敷がお店でした。中は大きなテーブル二つと小さなテーブル二つ。私たちが大きなテーブルに座ったため、後から来た人4人組と相席となりました。混みあっていたからお互い様、満席。で、20分は待ちました。こんな山の中なのに、すごいです。途中、「雨が降り出したから」と土間の席に外のテーブルの人が入ってきました。

d0031853_23342378.jpgメニューです。イラストがよくできています。私たちは「てんぷらそば1,000円」にしました。天ぷらが上に乗ったかけそばかと思っていたら・・・

d0031853_23365585.jpg

天ぷらと蕎麦は別々でした。天ぷらは細長い黒いのはなす。繊細で、さくさく、みつば?もさくさく、えびも、その下の細く切った掻き揚げもほんとうにさっくさく。抹茶塩をつけて。
お蕎麦は細くて、上品な感じ。あっさりめの薄味のつゆ。だしは何かよくわからんかったけど。

ここ、tomochiさんのお宅の近くです。私も実はこの近くに11年ほど住んでいました。この店ができたのは知っていましたが、「へー、あんな奥まった場所に、おそば屋さん??」と思ってとても不思議な気がしていました。
 たまたまきょう、玉野の深山公園へ行こうとしてお昼になったので、思い立って寄ってみたら、満員盛況でびっくりでした。私たちはすぐ席があったのですが、出てみると外で待っていた人もいてまたびっくり。
 ウエイトレスはおかみさんと若嫁さん、駐車場や履物整理はオジサン、たぶん蕎麦うちがその息子さんだろうと思いました。
 「手打ちそば 千田」 
  岡山市灘崎町彦崎1855  電話08636-2-0536
  午前11時から午後3時、  月曜定休、日曜は完全予約制の会席のみ。
  メニュー 天ぷらそば 1,000円、鴨なんばん900円、豚角煮そば900円、ざるそば650円
  その他季節の物色々  
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-05-19 23:41 | 料理 | Comments(2)

Commented by tomochi112 at 2007-05-20 21:46
いちばん上の画像は私の散歩コースなんですよ~。
この辺りをウロウロして土筆やわらびを採って帰ります。
開店当時は「みんなどうして知っているのかしら?」と思ったくらい大繁盛のようでした。
私に場所を聞いた友人は、もう何度も食べに行ったそうです。
ちなみにここのオーナーは、フランス料理のコックさんだったそうですよ。
Commented by kurashiki-keiko at 2007-05-21 02:00
tomochiさん、やっぱりね。
フランス料理!!そば屋で修行、では無かったのね。びっくり。
息子に言ったら、天ぷらそばで1,000円は大阪でも高い、といっていたのですが、それなりの値打ちがあるからリピーターもいるんでしょうね。

<< 玉野市深山公園へ散歩に 島田紳介のすごさ >>