大食い


d0031853_9195381.jpg写真は9日夜、「いわ倉」での姑の米寿祝の席でお子様ランチならぬディナーを前にした孫のMioです。
 この子、4歳ですが炭水化物系が大好きで、この夜もうどんがメインだったので大喜びでぺろりと食べたらしいです。
 16日(土)、例によって、「昼飯にありつきに行ってもいい?」と娘からのメール、「ただしMioは食べているから」と言うので、大人だけの分のぶっ掛けうどんを作ったところ、うどん好きなので母親の分を横取りして、遠慮もしないで半分以上食べてしまいました。
 そして、母親、つまり私の娘のために冷凍しておいたご飯でおにぎりを作ったところ、それもまた横取りして半分位食べる始末。
 おかげで、自転車の後ろに乗せていたら「おなかがぷるぷるする」といった由。
笑えます。
 しかしこういう子も年頃になったら体重を気にしてダイエットなんてするのかなあ。
今のところは、おおらかに、「今は充実期」とばかりにどんどん食べている様子です。甘いお菓子ではなくお米やおうどんだからまあまあ、かな。
いつ、伸びるのかしら。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-06-18 09:25 | | Comments(2)

Commented by miyakeoriibu at 2007-06-18 20:57
私の双子の孫も小さい頃はよーく食べて周りを心配させていました。
特にご飯が好きでした。でも、中3になった今では、体型を気にするようになっています。孫が小さい頃、大食いに心配する娘に「食べただけは脳の栄養にもなる。」と言っておりました。
Commented by kurashiki-keiko at 2007-06-19 08:28
miyakeoriibu様、脳の栄養ね、なるほど。ありがとうございました。

<< 倉敷友の会のホームページ、作り直し 梅ジュース >>