お盆の祭壇


d0031853_4162915.jpgうちは天台宗でお寺が遠く、お盆のためのお勤めもいつも早くに回ってこられるのですが、今年は1日に来られました。
 先日の日曜に夫が掛け軸と祭壇の用意を今年は1人でしてくれていたので、私はけさからご本尊やお位牌を仏壇から移したり、お花やお供物、黄白のお布施用の金封を買ってきたり、仏様のお膳をこしらえたりとフル回転。(お金だけおばあちゃんが出してくれます)。
 午後3時前ごろ和尚さんが到着。あんまり早いので聞けば檀家500軒、遠方から少しずつ回るとどうしても早くなります、きょうは6軒です、とのこと。
6月の法事のときは70歳代の和尚さんでしたが、最近はお盆の前の1週間ほど近所周りだけをされるそうで、娘むこの若いお坊さんが来られました。70歳代の和尚さん、とても気さくな性格で親族一同、大ファンなので、チョッと残念でしたが、若いお坊さんは奥さんの運転で来られてしばらくお話をして帰られました。運転手がいないと、時には路上駐車となるので困るからとのこと、夕方遅くまで運転手をされる奥さんもまた大変だろうなと思いました。
ずいぶん早いですが、お盆のお勤めができました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-08-02 04:26 | 日常 | Comments(2)

Commented by miyakeoriibu at 2007-08-02 20:32
もうお盆のお勤めに来られたのですか。
遠いので早く来られたのでしょうね。
私の家には8月8日に来てくださいます。
5日の日曜日に祭壇を出す予定です。
Commented by kurashiki-keiko at 2007-08-03 09:07
miyakeoriibu様、お宅は8日ですか。お盆の行事は毎年のことで
慣れたとはいえ、あんまり早くにお坊さんが来られると、お供えや
お花が本番?のお盆までもたずもったいないという気もしますが、
たくさんの檀家回りですのでここでしっかりお盆のための祈りを
捧げてお奉りしようと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 家族新聞の本ができたこと お父さんたちに伝えたい >>