蒜山、塩釜の冷泉、三朝温泉


d0031853_632238.jpg蒜山インターを降りたところの交差点です。ここをまっすぐ行くと三木ヶ原へのバイパス道路。だけど右へ行き、道の駅風の家へ。

d0031853_6334091.jpg


前に来たときはここは一面のそば畑で、そばの花が咲いていましたっけ。たぶんこの後そばが撒かれるのではと思いました。

おなじみ道の駅風の家の産直野菜売り場。蒜山大根はもちろん、地元野菜がずらり。ブルーベリー350円、トマト100円のや150円の、小松菜150円、ジャガイモ100円など。d0031853_634297.jpgd0031853_6344383.jpg

蒜山三木ヶ原を望む「ウッドパオ」にてジンギスカン2,3人前3,950円。ラム肉は牛肉よりメタボなお父さんにはいいらしい?d0031853_6371138.jpgd0031853_6372558.jpg

キャベツ主体のサラダは取り放題というけれど。肉が焼けだすとお代わりに通うなんて出来ない。肉、肉、ご飯、肉・・・・。d0031853_638516.jpgd0031853_6391292.jpg

少しもやがかかったような蒜山三木ヶ原の牧場風景。
d0031853_6431963.jpg


d0031853_6444430.jpg次に行ったのは塩釜の冷泉。中蒜山の登山口には塩釜ロッジがあります。

d0031853_6453697.jpg

塩釜ロッジの駐車場の奥のほうから見上げた中蒜山、1,122m。ここから私達家族も、子供が全員小学生(1年、4年、6年)のころ登頂したことがありました。「いい夫婦」と読める標高なので夫婦登山の行事もあるようです。登山者のものらしい車が端っこに止めてありました。

d0031853_647597.jpg

塩釜の冷泉は名水100選にも選ばれたきれいなお水です。

d0031853_648478.jpg

だけど、マナーを守らない人がいたらしく、取水禁止の看板が3箇所くらい設置してあり、がっかりするようなことでした。

d0031853_6495775.jpgこんな小さな池なのに、水底のほうには何箇所か水が湧き出ている様子が見て取れました。蒜山に降った雨や雪が染み出てきているのでしょう。

池からあふれ出る水は毎秒300リットルとか。風呂桶1杯分が毎秒!!d0031853_651503.jpgd0031853_65271.jpg

冷泉の入り口近くの茶屋です。d0031853_6524853.jpgd0031853_653759.jpg

久しぶりのところてん。ブルーベリーは凍っていたけどカラフル。この自然の中で食べたのは最高に気持ちよかったです。d0031853_6535641.jpg

娘が以前三朝温泉の外湯に浸かったことがある、というので・・・d0031853_6565589.jpg深い山越えの峠道を30km。思ったよりはずっと遠くて、険しい山道でした。そして・・・・岡山大学の三朝温泉病院の横を過ぎ、トンネルを抜けて左折、温泉街へやっと到着。

道の左手に、この観光センターの建物、そしてその隣に公営浴場「ぼさつの湯」を発見。くわしくはメルマガをご覧ください。d0031853_6584120.jpgd0031853_6585939.jpg

d0031853_702476.jpg

帰りのカーナビ画面です。
時折ザーッとふる雨の中を帰途に着きました。


この記事はメールマガジン「Weekly KURASHIKI 週刊くらしきタウン情報」 に連載中の「Keikoのお出かけ日記(255)」としてくわしく掲載の予定です。上記リンクよりバックナンバーもご覧いただけます。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-08-05 06:53 | おでかけ | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 勝手口のドアを付け替え 娘の髪型 >>