迎え火

お帰り

d0031853_1865817.jpg夕食後、いつものように迎え火を焚きました。
娘一家は孫がお昼寝から覚めたら行く、と言っていて夕方チョッとだけ来てお供えを置いてすぐ帰りました。
2人の独身の息子は2階でなにやらしていて参加しないので夫婦とおばあちゃんだけでの迎え火。
例によっておばあちゃんは空に向って「お父さん、迷わんようにかえっておいでよぉ、おじいちゃんもおばあちゃんも・・・」とすぐそこに霊が見えるかのように話していました。
子供が小さいころはこの火で花火をするのが恒例でしたが、今ではひっそりしたものです。ここにお嫁さんでも加わったらもう少しにぎやかになるのかな?
小さな迎え火はすぐに燃え尽きてまたもとの闇になりました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-08-14 18:05 | 日常 | Comments(2)

Commented by yassy127 at 2007-08-14 20:10
trackback有難うございました。
keikoさんのお宅でも迎え火をたかれるのですね。
このしきたりいつまで続くでしょうか。
合理的な若者はこんなことはしないようになりそうです。
せめて私たちの代までは守っていこうと思っています。
Commented by miyakeoriibu at 2007-08-14 22:23
私の家でも焚いてご先祖様をお迎えしました。
お盆の行事をまとめてUPしようかなと思っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< なた豆をもらって福神漬け作り 思い出のフォークソング特集 >>