暑い日の献立


暑いですね。暑い日は早くから夕食作りをして、冷たく冷やしておくとおいしいです。そのためまだ日中の午後3時くらいから取り掛かっておき、あとはタイマーでご飯が炊ける直前にメインの炒め物に取り掛かるまでは別のことが出来ます。ご飯には1カップに梅干の種を取ったもの1個を一緒に炊きます。d0031853_0295231.jpg献立は、鶏肉とピーマンの炒め物、豆腐のサラダ、肉団子と人参、たまねぎ、えのきのスープです。
鶏モモ肉(カロリーオフのためには皮をとった胸肉を使用)1人80gを一口大の削ぎ切りにし、しょうゆと酒で下味をつけて冷蔵庫へ。
豆腐のサラダは、絹ごし豆腐1人分100gを熱湯に通して冷水にとり、やっこに切る。ボンレスハム10gとレシピにはありましたが前日の酒蒸し鶏を薄く切ったものにしました。春菊(この日はたまたま冷蔵庫にあったチンゲン菜1人分で40gをゆでて水けを絞りきる。白ねぎ小口切りはなかったので省略、生姜の甘酢漬けを乗せ、ラップをかけて冷蔵庫へ入れておき、食べる直前に取り出して豆腐から出た水を切り、酢しょう油にごま油少々を入れたたれをかける。
白菜と肉団子のスープは、実は冷凍庫に生協の鶏肉団子スープの残りが少しあったので、それをベースに、たまねぎと人参を細い千切りにしてえのきを加え、少し片栗粉でとろみをつけ、ごま油で風味をつけて、鍋ごと氷水で冷やしておきました。きくらげが入ると言うレシピでしたが省略。
・・・ここまでしたらあとは夕食直前に。

d0031853_0432299.jpgピーマン(緑・赤)・・・各1人分25g、茹でたけのこ1人20g、生しいたけ1人分で10g、ピーマンは乱切り、たけのこは薄く切り、しいたけは削ぎ切り。
ねぎと生姜はみじん切りにして炒め、下味をつけておいた鶏は片栗粉をまぶして(この日は忘れてしまった)加え、火が通ったらたけのこ、しいたけ、ピーマンの順に加えて炒め、しょう油1人分で大さじ2分の1、みりん大さじ4分の1くらいで調味する。
『組み合わせ自由 やせたい人のバランス献立』群羊社刊 より
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-08-15 00:49 | 外食 | Comments(2)

Commented by neko_pen at 2007-08-16 21:18
夏野菜はみんなおいしいけれど、今年は異常気象のためか
お高いですね。昨年は里山にいて、キュウリなど随分いただいたので
keikoさんのブログからレシピをいただき、キュウちゃん漬けなども
作ったのに、戻ってきてマーケットで買うキュウリでは作れません。
だって、高くつくんですもの・・・^^
Commented by kurashiki-keiko at 2007-08-17 03:06
neko_pen様、うちも7月末にはやたらに家庭菜園のきゅうりが取れたのでまたキューちゃん漬けを作りましたが、この最近の暑さで、野菜も高くなったようですね。

<< 送り火 なた豆をもらって福神漬け作り >>