「カムイ伝」知ってますか

なた豆をもらって福神漬け作り
↑のトラックバックの記事の下のほうにも書きましたが、白土三平の「カムイ伝」、つい昨日見ていたバラエティで、某タレントが本屋の(たぶん古本屋)店先で、なんと15巻全部立ち読みしたとか、関根勤さんだったかな?
 それだけ読まないと気がすまないくらいすごかった白土三平さんに文句言ってよ、なんて理屈をこねていらっしゃいましたが、白土三平のお父さんは社会運動家だったとか言うだけあって、社会の底辺に生きる者たちの様子がとてもよく表現されていたり、登場人物が多岐にわたり、物語がどう発展して行くやらわからず、いまだ未完だそうで、かつて弟が持ってたのを取り上げて読んだ私としても、絵も上手だしそのそこに流れる思想を感じて、上質のマンガだなあと思ったことを思い出しました。好きなのは小作人から一生懸命努力して這い上がる正助という農民の若者です。
 熱心にこんなマンガ論議をする私って何?
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-08-17 16:48 | うれしかったこと | Comments(4)

Commented by miyakeoriibu at 2007-08-18 09:24
我が家でも数年前までなた豆を作っていました。種は今でも採ってありますが・・・・・・。もう駄目でしょうか。
なた豆は化膿防止になります。
鞘ごと乾燥させて小さくはさみで切り、煎じてお茶にしていました。
夫が蚊にかまれたりした後が、化膿していました。確かに良かったと思います。福神漬けには入っていますね。
Commented by タック at 2007-08-19 13:16 x
ホ、ホーッ、かべがみが変わったようで。
夏らしくもあり、いい感じ。
Commented by kurashiki-keiko at 2007-08-19 13:38
miyakeoriibu様、娘の婚家では煎じてお茶にして飲むと教わりましたが、化膿止めの効果があるとは知りませんでした。とても珍しいので何か効能がありそうだと思ってはいましたが。教えていただいてありがとうございました。種はぼろぼろになってなかったら大丈夫のように思いますが。
Commented by kurashiki-keiko at 2007-08-19 13:38
タック様、あんまり暑いので涼感を求めて変えてみました。

<< パンチも水浴 暑い日の料理は冷たくして >>