ひさびさの最寄会

今週火曜日の例会のときに、「5(水)か6(木)に最寄会の予定だった」ということを思い出しました。昨年のように最寄の「お母さん」、S様宅にばかり寄るのも。
最寄の地域的にも、また家の周りに駐車スペースがあることからも我が家が最適なのですが、なにしろ普段から片付け物は大の苦手の私、しかも火曜夜は合唱練習が入っていてとても翌日にひと様をおよび出来るような状態ではなく、本日6(木)に決定。

d0031853_1825370.gif 昨日は午前中3時間は片付け掃除に当てました。パソコン周りにうずたかく積もった?入力書類やら雑誌やら、居間のサイドボードの上の未整理の写真、食卓周りの薬やら郵便物、取っとくための書類など、カウンターの上の夫の書類やら駄菓子、手当たり次第に処理。こまめにしておきさえすれば・・・と後悔しきり。
 一応片付けて掃除機、モップかけ。まだ台所の隅などにはごたごたと物がありますが目をつむって。
 
 最寄メンバーのうち高齢のTさんと、仕事のNさん、ご主人がたまたま?お休みらしく1日中留守にするというFさんを除いて4人と子供2人が集まってくれました。やれやれ。迎える側は1人でも多いとうれしい。
 Aさん親子4人が一番乗り、次いで最寄のお母さんのSさん、少し遅れて先日怪我のため例会を欠席だったHさんが来られました。なんでも遊園地?でお子さんを抱いて土手すべりをしていたところお子さんがおちそうになったため足でブレーキをかけようとしてひざのじん帯が伸びたとか。でも今日は来られてよかった。おかげでにぎやかになり元気が出ました。

d0031853_2001273.jpg読書は『婦人之友』9月号の羽仁もと子の言葉、人を赦すということ。つい先ごろNHKの「クローズアップ現代」でも成人で切れやすい人が増えているという話があったばかり。いい加減にしている人を見過ごすのはいいこととはいえないにしても、それを指摘するあまりに逆上して暴行するほどに行き過ぎるのは、その人がもともとストレスに絶えられないほどの日常を送っておりそこにはけ口を作るせいなのでしょうか。
 ここで中学生の息子さんとのやり取りをHさんから。思春期に差し掛かった息子さん、まだ親を赦すとかいうには幼いし、かといってもう自分では一人前だと思っているから難しい年頃ですね。

 後は来月の託児のことについて。2最寄合同なのでうちのほうは託児食を担当することとして、ドライカレー、までは例会の後の反省会のときに決まったのであとは誰が何をという部分。お母さんのSさんは「ご飯を炊いていくのにさせて」というので、若いもの??がカレーの具か、サツマイモのレモン煮を作っていくことに。
 また、「夏休みの励み表」を見合うのでは、Sさんは著作集の『教育三十年』を一通り通読できたとか。偉い。またHさんは『家事家計篇』を読んでとてもよかったとのこと。実際的で、「結婚前に知ってればよかったと思うことがたくさんあった」そうでした。たとえば半年分の生活準備金を持つことなど。そうそう、私も結婚直後に夫婦の貯金を合わせ、たとえ失業しても半年分の準備金があればその間になんとか立て直すことが出来るという考え方に感心して貯金を持っておくことの意義などを教えられました。
 また、小さい子がいると夕食を6時にとると就寝時刻が守れるのだけど、お兄ちゃんがいるから難しい、ということも反省としてありました。
 私は?出来たのは家計簿と拭き掃除のことくらい、あとはだれまくっていました。Aさんも白いところが多くて・・・と言っていましたが、できなかったという反省も含めて最寄メンバーのを集めて委員会にもって行きます。

 子供がお腹がすいてきたので、Sさん持参のおそうめんと、我が家にあったナスやかぼちゃ、パプリカなどを揚げてめんつゆにつけたものをおかずに、お昼ご飯。野菜一杯。夏休み中は最寄会を開かなかったので、最寄メンバーでのお昼、とても話が弾んで楽しく食べることが出来ました。もらい物の二十世紀を出すと、「わー、梨、初物です」という人、「初物を食べるときは東を向いて笑うといいって知ってます?」・・・私も嫁に来てから教えてもらったというと、そういう古くからの縁起担ぎというか言い伝えというか、の話になったりしました。

その後はHさんが縫いかけの子供パジャマを出して、「袋縫いの縫い代を倒すときに縫い目が内向きになるってどういうこと?」と質問をされ、Sさんと私(!)が「縫い代をこう倒したときに最初に縫ったところの山が見えないように」とか実物で説明。説明のプリントだけではどうしてもわからなかった部分が実物での説明でやっとわかったそうで、横で聞いていた若いAさんも一緒によくわかったみたいでよかったです。折り伏せ縫いがいい部分と、袋縫いのほうがいい場所とがあるからね、などと先輩で縫う会の指導者でもあるSさんのお話。最寄にこういう大先輩がお1人いらっしゃるととてもありがたいといつも思っています。

 というわけでめでたく?最寄会も2時前にはお開きになりました。ほっ。これで後で「あのことも話し合わないといけなかった」と手落ちが見つかったりするうっかり最寄リーダーの私なのですが、とりあえずよかった。なんといっても最寄メンバーは家族みたいなものです。雑談も相談ごとも出来るのはこの機会です。 
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-09-06 17:47 | うれしかったこと | Comments(0)

<< やっぱり雨男―その2 やっぱり雨男 >>