よい物を長く


20年前、家の新築と同時に買った食卓セットの椅子です。d0031853_13482297.jpgd0031853_13485997.jpg

岡山市の高級?家具屋さんで、思い切って購入した品で、椅子としては重くてがっしりした作りです。
20年の使用で痛んでひざの裏に当たる部分が擦り切れてスポンジが見えるものも出てきて、この際張り替えることにしました。しかし買ったときのお店はすでになく、系列のデパートのHPから問い合わせたら家具売り場担当者から「私が承ります」とか言うメールが来たのに、その後何の連絡も営業もなし。〈営業しようという熱意が感じられないし、どうせ下請けに出すんだろうと思い断念。)
 電話帳で見たら岡山のアイワンズという業者さんがあったので申し込んだら、感じのよい営業ウーマンが来られて見本生地を持参、見積もりの後今日、椅子7脚(中途半端ですが亡父と嫁に行った娘もいたころの家族人数分)を搬出しに来てくれました。
 なにしろムードより実用のほうの食卓椅子なので、今度も人造皮の汚れやダニに強くて難燃性の素材を選びました。  
 みんなの団欒の中心として長年使ってこられたのも、最初に頑張って買ったおかげかなと思います。よく見ると椅子のお尻のあたりに「飛騨高山」のシールが貼ってあるのに今頃気付き、飛騨民芸家具だったの?と知りました。
 1週間かかっての化粧直し、また気持ちよく使えそうです。

 たまたま、知り合いの人にこの話をしたところ、ロココ調?の輸入家具の椅子の座面の底が抜けてしまったのが1脚あるので頼みたいと言われました。いかにも高級そうだったのに、抜けてみてからよく見ると、底板はくず材を圧縮したような板で、ホッチキスみたいなので止めていたのだそうでした。それも某デパートで買った高級品だったようです。買うときには裏側まで見ないといけないわねえというお話でした。 
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-10-25 14:13 | 日常 | Comments(4)

Commented by miyakeoriibu at 2007-10-25 21:35
良い物は買うときは高いっと思いますが、後々までいいですね。
昔から「安物買いの銭失い」と言いますね。
張り替えてまで使われるとは驚きです。
我が家の食卓は、娘の嫁入り箪笥を府中まで買いに行ったときに一緒に買ってきました。もう16年以上経ちますが、まだまだ使えます。
Commented by myobento at 2007-10-26 17:26
良いものはこうして修理してまた使えるので、結果的にはお得ですね。実家でもそんな風にして修理をしてました。布を変えると、ほんと見違えますよ。届くのが楽しみですね。
Commented by kurashiki-keiko at 2007-10-28 01:50
miyakeoribu様、買うときには高いと思ってもその後の使用した年月を思うと高くはないと思えてきます。張り替えて使うのは初めてですが、木のほうはびくともしてないので当然です。
Commented by kurashiki-keiko at 2007-10-28 01:53
myobento様、台所道具でもよい物は独身時代に買ったような40年くらい前のプチナイフだとかステンレスのボウルだとか言うものがまだなんともないですし、本当に長く大事にできますね。届くのが楽しみです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< はちみつの優しさ 家事家計講習会に向けて、原稿読み >>