例会で・・・怪我の功名?

倉敷友の会の11月例会。
私は、最寄の家計勉強の発表。
9月までの「予算と実際」のグラフは3人しか提出できず、(半数)、でもその3人が年間予算をすでに上回っている費目についての説明。私が「催眠商法でうっかりと高価なネックレスを買わされた(買った)てんまつ」を話すと受けたみたい。

d0031853_16394225.jpg


それから、最寄の若い人が、息子さんが野球部でユニホームの洗濯が毎日あり、そのせいで水道料金が高いと思っていたら、なんと漏水、昨年のと照らし合わせてみたら一目瞭然、異常な高さだったこと、念のために最寄メンバーのとグラフにしたら、やっぱり人数にして異常な数値で、裏付けられたこと。(グラフは同じ色は同じ人、点線は昨年)
 そして、m3を出そうとしたら、領収書をすでに捨てている人が3人いたため、私の領収書保存に対する考え方と、保存法を披露したら、それも目先が変わってよかったみたい。
 領収書には大切なお客様番号や相手の連絡先なども入っていて、特に家の修理などの場合は10年単位でとっておかないと記録として役立たないことなど。
 決まった封筒に1年まとめておいておき、10年分(長いけど)取って置いて、11年目がきたら古いのから処分するようにしてます。という話。
 
 どうにか発表が終わってよかった。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-11-06 16:24 | うれしかったこと | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< NHKスペシャル「眠れる再生力... 晴れ舞台―市民文化祭 >>