診察室での会話

 夏ごろの人間ドックにて、乳がん検診で、「しこりがある」と答えたら精密検査に回されました。
で、どうせならと、ネットで調べて近隣ではもっとも実績があったK大学病院の乳腺甲状腺外科を予約し、受診、ついでにインフルエンザの予防注射もしてきました。
 同級生の奥さんが2人ほど乳がんで亡くなっており、ちょっとは気になるものの、以前の住民検診のときに触らせてもらったおっぱいの模型の乳がんの感じとは違っていたし、たぶん大丈夫だろうとは思っていました。

 で、冷たいゼリーを塗られてエコーの検査を入念にしていただきました。
 終わって、「--さん、何歳でしたっけ?」と言われ、「〇歳です」とお答えすると、
なんと私のおっぱいは「40歳」なんだそうでした。ヤッタネ。
実は昨夜偶然にも、合唱団の年上メンバーからおっぱいの形がいいとうらやましがられ、「母譲りですから」と母に感謝したものでしたが・・・。
「銭湯に行ってごらん、同年齢だとたいてい垂れてるから。おっぱいがまだ若くて、赤ちゃんにすってもらってもいいくらい。だから乳腺も活発なんですよ。
(ちなみに私は3人の子供を母乳で育てています)
―90歳まで生きられますよ。(これはあんまり・・・うれしくない)
半年か1年ごとくらいに受診なさったほうがいいですね。」
ということで、1年後に予約を取ることにして診察室を後にしました。

先日から家ではまっている例の「Wii Fit」の測定で、体のバランス年齢を測ると言うのがあり、大体40歳前後に出るので、体が大体若いらしいと思っていましたが・・・(ヨガだとかの柔軟性や筋トレはだめですが)若いといわれて悪い気はせず、ほくほくして帰ってきました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-12-19 16:27 | うれしかったこと | Comments(8)

Commented by yassy127 at 2007-12-19 17:04
よかったですね。
keikoさんはお世辞でなくお若くうつくしいです。
きっといつも張り詰めた活動をなさっているからでしょう。
来年は30歳になられますように。
Commented by miyakeoriibu at 2007-12-19 23:02
何もなくてよかったですね。
いつも忙しく体を動かしておられるのがいいのでしょう。
生涯現役でご活躍できますね。
Commented by myobento at 2007-12-20 08:49
それはすばらしい。私よりもお若いかもしれませんね!
私はけっこう骨密度あたりに問題があって、どこかでがっくり年をとるのでは、とちょっと不安です。最近、一生懸命チーズを食べていますが。
友の会の食の講習会では、「牛乳とチーズで210g」と言われますが、牛乳が飲めない人はどうすればよいかの指導がないので、ちょっと困っています。チーズで前部取るとコレステロール過多になりそうですし。
Commented by mhide-mh at 2007-12-21 00:53
お目にかかったこともなく、実年齢も存じませんが、ウラヤマシイ!
そのままを何時までもキープしてくださいね。
ますますご活躍の程を!
Commented by kurashiki-keiko at 2007-12-21 02:54
yassy様、あまりほめられるといわゆる「ほめ殺し」じゃないかなんて・・・忙しいと確かに張りができるとは思います。しかしそれにしても片付けべたで不器用なのには変わりないです。
Commented by kurashiki-keiko at 2007-12-21 02:55
miyakeoriibu様、生涯現役でいたいと思う反面、毎日、楽がしたいと思うのを叱咤激励、と言うのもありです。
Commented by kurashiki-keiko at 2007-12-21 02:57
myobento様、牛乳が嫌いな人は、ちょっと困りますね。私は閉経が遅かったのですが、それでも毎晩ヨーグルトを1カップ食べるのを心がけ、最近は小さいのを2個食べるようにしています。骨密度はおかげで年齢の平均よりだいぶ上です。
Commented by kurashiki-keiko at 2007-12-21 02:58
mhide-mh様、なるべく少しでも若くありたいと思って、怠け心に鞭打ってがんばろうと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 大学病院の庭 『牛のくそ』役も楽しく―さるかに合戦 >>