みんなでボウリング

昼前、娘の一家が年賀にやってきました。
おせち料理を囲んで昼ごはん。おばあちゃんも大勢でなにより、と喜んで食卓を囲む。かねて買って冷凍しておいたもみじの形の生麩と三つ葉の澄まし汁をつける。
 食器洗いをしながら娘いわく、「お母さんは『掃除』より『食』を大事にしてきたねえ、私は反対に掃除片付け優先だわ」。そ、そう?それほど料理が得意ではないけれど。母を見習って作ってきただけ。
 お寿司(岡山寿司・バラ寿司)だって、たまたま子どもが1歳と3歳くらいのときに義母が入院したため、義父の世話をしに行っていて、退院するときに何かお祝いの食事をと思って、本を見ながら一生懸命作ったのが最初。実母から教わったわけでもなかった。退院した義母は大変喜んでくれて、ご近所に「嫁が退院をお寿司を作って祝ってくれた」と言って回ったそうです。
 その後岡山友の会の年配会員による講習会に参加するなどして習い、何度も作って自分なりに勉強してきたのよ、とかいう話をしました。
 

d0031853_23535100.jpg
 食後ボウリングに行く話になってネットで検索。混んでいそうな町中は避けてレーン数が多くて比較的すいていそうな「水島国際ボウリング会館」に電話すると、予約は受けてないとの事で直接行くことに。おばあちゃんも一緒に見に行ってみる?と言うと最初は「喜んで行く」と言っていたのですが、どうもお通じの具合があるからと残りました。
 娘達は行ったことがあるそうでしたが、我が家は初めて。お正月料金で1ゲーム500円。夫がスポンサーなのでそこは安心で2ゲーム楽しみました。


d0031853_2454512.jpgなんと4才のmioまでできる仕掛けが。ガターをしないように柵が出るのは知っていましたが、「おたすけ象さん」なるものがあって、そのスロープの上から落とすだけ。なるほど、これなら重いボールも投げられます。
 結果は?最初運動不足だからさっぱりだった長男が意外や、2ゲーム目に4回もストライクを出してアベレージ130、娘も130くらい、次いで婿どのと次男。我ら夫婦は年齢相応と言うことか、分けても私は最悪のアベレージ82。かつては130くらいが普通だったのですが。最近ダンベルもやってなかったので腕の筋力が落ちていたのでした。あーあ。でもまあ、若い者と一緒に元気にボウリングに来られたというのもめったにないことだったので、良しとしましょう。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-01-03 02:54 | うれしかったこと | Comments(2)

Commented by miyakeoriibu at 2008-01-03 15:11
大勢でボーリングを楽しまれたのですね。
我が家も子どもがいた頃は、ここのボーリング場に家族で何度か行きました。
我が家では初詣から帰って、wiiスポーツでボーリング・野球・テニス・ボクシングなどして遊びました。
やっぱり本物のボーリングがいいですね。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-01-04 02:01
WiiSports、自宅でみんなで楽しめるところがよかったでしょう。
本物のボウリングだと、だいぶお金が・・・9,000円くらいかな?大勢で2ゲームしたし、1ゲーム500円のお正月料金ですからね。

<< 倉敷・阿智神社の三女神の舞 恒例・初詣・実家へ >>