喜ばれた手紙

 火曜日の朝、自宅のゴミ袋を提げてゴミステーションへ行くと、病気療養中だったご近所さんで友の会のちょっと先輩の人とばったり出会いました。
 入院中は気になりながらも病みやつれしていないかなどと気を遣ってお見舞いには行かず、ただその人の購読していた雑誌をご自宅に届けるのを頼まれたついでに、よく門の前で立ち話をしていたような調子で、そのときの友の会の様子やら我が家の様子などを書き連ね、「早く退院できたらまたこんな風なおしゃべりを一緒にしたいですね。」などと言う意味のことを書いて郵便受けに入れておいたのでした。
 すると、そのときの話ではその手紙がとてもうれしかったそうで、お礼は直接言いたいと、何度か我が家へ電話をくれたそうですが、あいにく留守だったので、会える機会があったら、と延び延びになっていたそうです。
 手紙を何度も読み返しながら入院中のときがすごせてよかった、と聞いてこちらも少しはお見舞いの気持ちが生きてよかったな、とうれしく思いました。d0031853_1274777.gif
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-04-16 01:31 | うれしかったこと | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 事故!でも、うれしかったこと お葬式 >>