小玉スイカ届く

 事故でがっくりしたり友達が付き合ってくれてうれしかったりした現場から、いつもなら眠気と戦いながら帰る道を、さえた頭でびゅーんと飛ばして帰宅。
 すると、夫はいつものように早々と寝にいっており、台所にはダンボールが1個。あー、スイカだ。 「メル友」の専業農家の「与太郎」さんからまた、丹精こめたスイカが送られてきたのでした。メル友といっても最近はブログばかりやっていてほとんどやり取りもしてなかったので申し訳ない。知り合ったのは2000年5月。「メル友」というだけでまだ一度もお目にかかったことなし。 この「与太郎」さん、とても研究熱心なのです。土日祝日関係なし、作物の生育は待ったがありません。この時期は早出しの小玉スイカの出荷時期なのです。

d0031853_14415444.jpg真冬にビニールを三重にもして保温して育てた大切なスイカなのに、我が家におすそ分けいただいて本当にうれしいやら申し訳ないやら。今では夫も義妹も楽しみにしていて待っているのであつかましいと思いながらも、いただいて本当にうれしい。今週末には義兄も帰省してくる予定なので、みんなでいただきます。
 またどこかへ出かけるなどの機会をみて何かお返しを見繕うつもり。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-04-16 02:56 | うれしかったこと | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 大学病院にて 事故!でも、うれしかったこと >>