味野小学校昭和36年卒の同窓会(同期会)準備会


d0031853_5245849.jpg上のタイトルで私の年がばればれですが、もしか検索して同級生がここを見てくれると嬉しいなと思ってあえてタイトルにしました。
 18日(日)、ライフパーク倉敷の会議室で、小学校の同窓会の準備会その2が開かれました。前回は1月。なので会長からの電話があったときには「え?なんで彼から電話があるの?」とすっかり忘れていてみんなそう思ったそうでした。
 この日に開いたのは、毎月第3日曜日に休みが取れるという男性美容師のKさんに配慮してのことだったのですが、なんとこの日は大安吉日。彼は本来は休日だったのに、婚礼を3つも頼まれて致し方なく欠席。一同「今度は大安かどうか調べてからにしよう」ということに。
 でもまあ、前回とほぼ同じ10人ほどが集まり、次回の同窓会は2010年6月6日(日)正午から、せとうち児島ホテルで、と決定しました!!同じ学区の味野中学校のが来年1月3日にあるとの事なので、それから1年半後ということになったためです。(鬼が3匹くらい笑うか?)
 いつ招待状を発送するか、とか先生方の会費は、お土産は、前回不評だった2次会の会場をどうするかなどとおおよその段取りが話し合われました。
 また、私にとっては重大事の、前回の名簿の入ったフロッピーが行方不明だったのでしたが、事務の色々が入った袋から出てきて、打ち直しの手間が省けてやれやれ。これで訂正事項だけを打ち直せばよいと胸をなでおろしました。
 次回は同級生の経営するレストランが改装を終えたそうなので、11月29日(土)1時半から忘年会をかねて名簿のゲラ刷りをみんなでチェックすることなどをするということにしてお開きとなりました。

・・・最初の同窓会を開こうと動き出したOさんたちの勢いに引きずられるように実はしぶしぶお手伝いをしていたというのが真相の私で、2度目の同窓会の準備にもうーん、という感じだったのに、少しずつ、小学校の、ン十年の歳月を経ても旧姓の付き合いの友達のよさに引き込まれつつあるところです。 
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-05-19 05:39 | うれしかったこと | Comments(8)

Commented by yoas23 at 2008-05-19 16:46
ほとんど同じ歳ですね。
当時の小学校と言っても相当な人数だったでしょう。
私の学校も5クラスありました。また中学は10クラスでした。
あまり大勢で知らない子供も多かったです。
楽しい同窓会になると良いですね。
Commented by yochy-1962 at 2008-05-19 19:35
ソフトバンクのCMを思い出しちゃいました(笑)。イヌになっている人がいたら、ぜひご報告くださいね。
ああ、オレが同窓会に出席したら、「ブタになった人がいた」なんて言われちゃうかな(苦笑)。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-05-20 00:10
yoas様、同年輩でしたか。私の学校でも5クラス、中学は10クラス、同じですね。
来るべき同窓会もさることながら、こうして世話人が集まるのも毎回ミニ同窓会みたいで楽しみです。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-05-20 00:12
yochy様、残念ながらそのCMを良く知らないもので、ごめんなさい。クラスにブタになった人って・・・いるかなあ?
前回でかなりお久しぶりの人がいましたが、そこまで変化のあった人は思いつかないですが・・・高校の同窓会でいました。
「明日のジョー」みたいな前髪の人だったのに、すっかり光沢のある頭に変化していた人。
Commented by lanova at 2008-05-20 05:36
いいですね、いいですね!小学校の同窓会!昔1度だけありました。kurashikiさんが卒業なさった年はまだ入学していませんでした。
Commented by udonn418 at 2008-05-20 16:57
私も似たような年です。
小学校の5~6年を担当してくれた新米の先生が、去年定年を迎えました。校長先生になっていたそうです。
同窓会が開かれましたが、出席はしませんでした。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-05-20 17:05
lanova様、最初は「小学校なんて・・・遠すぎて思いでも少ないし、ぜひ会いたい人といってもなあ・・・」という感じでしたが、それがそれが、お互いの家の場所も大体わかっていたし、本当の幼馴染というのはいいもんだなあと思うように変化しています。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-05-20 17:08
udonn様ようこそ。新米の先生が校長先生に、というのは私からすると高校あたりということなので、たぶん私よりは年下でしょう。
ん十年ぶりに出会う人のこれまでの人生をかいつまんで聞くだけでも非常に興味深いものがありました。ミーハーでというのではなくて、人生の重みとか言うものを肌で感じるといいますか。今度あったら出席なさってみたら、と思います。

<< フロッピーが壊れていた  「サラバンド」が花盛りです >>