梅ケーキ


d0031853_2364199.jpg3日の例会の午後の、セールに出す食品の検討会には、私はバターが手に入りにくいため、バターのないレシピとして人参ケーキを出してみたら、これは以前夏の暑さで悪くなったことが2例(うち1例は焼きが甘かったらしい)あったそうで、やめたほうがいいと言うことでした。
 で、Sさんが手に入れたという無塩バター2ポンド(900g、1,500円)を譲ってくれたので、これならセールにも出せそう、と、梅ケーキをまた試作して出してみました。
 
 お昼にパンやケーキの試作が小さく切って出されました。私の梅ケーキは、酸っぱいところがあるのが疑問に思う人がいて、それは梅酒の梅ではなく、はちみつ漬けにしたもので、発酵を防ぐのにお酢を150ccほど入れていた(梅1kg、はちみつ1kgに対して)せいでは、と言うと、それではだめで、梅酒のでないと、と言われました。折りよくまた別のHさんが、梅酒の梅を提供してくれたので、今度は梅酒の梅のほうで本番を焼くことにしました。バターと言い梅と言い、頼まないのに快く申し出て提供してくれた友達には感謝しています。
 しかし、梅のジュース(はちみつ漬け)のほうの梅はそんなに酸味があるとは思わなかったし、せっかく刻んだはちみつ漬けの梅が梅ケーキには入れられないものかしら、と釈然としない思いが残っています。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-06-12 02:55 | 外食 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< どくだみ ”飛んで火に入る”お客にはなら... >>