蒜山高原を走り、湯原で温泉に浸かる


(クリックで少し大きくなります)
d0031853_6405186.jpg


d0031853_4162922.jpg蒜山インターを降りて正面の道から蒜山三木が原へ行く道です。両側には町営の牧草地が広がります。

d0031853_4182857.jpgこの日のお昼は、国民休暇村で。
宿泊だけでなくレストランの利用だけでもOKでした。

d0031853_4205754.jpgお昼の営業は11:30~13:30、メニューの写真。
夫は入るなりジンギスカンは?と聞くのでなんと失礼な。表にちゃんとメニューが掲示されていたのに。ウエイトレスさんが「ジンギスカンならここを出たところの『白樺の丘』で」と教えてくれましたが、せっかく来たので海鮮丼を注文。(低カロリーのを選んで)

ほかには子ども会らしい親子の団体がいました。そちらは予約の特別メニューらしく、せいろもあったので多分蒜山おこわ、ステーキのにおいと音もしたのでミニステーキもついていたのかもしれません。広いところで、空いていたので窓際のとてもいい席につけました。蒜山三座(上蒜山・中蒜山・下蒜山)が真正面。夫が好んで行くジンギスカンのお店は三木が原の牧場をはさんで向こう側なので、いつもこんなところからの景色は見られていませんでした。すばらしい。転々と転がる白い円筒形のものは、この日あたりから始まった(と後でニュースで知りましたが、)一番草の牧草の塊のようです。
d0031853_4254374.jpg



d0031853_4265070.jpg山菜の入った蒜山そばと、デザートのスイカと小夏がついてきて1,575円。夫は「蒜山まで来て魚なんて」と言っていましたが、どっこい、こちらは案外境港に近いのです。お刺身の歯ごたえ抜群。

d0031853_4295768.jpg蒜山と言うと、目の下の三木が原の酪農大学校の牧場でも飼われているジャージー牛のソフトクリーム。
ソフトクリームが250円、ジャージーヨーグルトの上にソフトクリームが乗ったものが300円だそうで。せっかくカロリー少な目の海鮮丼にしてもこれで帳消しか?

d0031853_432245.jpg

ソフトクリームを食べながらこの景色を見ました。

d0031853_4331417.jpg入り口近くのテーブルには、お子様の手作りを狙ってのクラフトコーナーがあり、手作りポスターがありました。たこ、ゴム鉄砲、万華鏡、飛行機と、私たちの子供の頃から変わらない懐かしいおもちゃばかり。1,000円でアイスクリームも作らせてもらえるそうで。

同じく手書きの蒜山マップも。クレパスで描いた?蒜山高原の範囲がこれでわかったことと、いつも行くのとは別に道の駅があることを発見。d0031853_4362823.jpg

地元名物の妖怪「スイトン」像と蒜山。d0031853_4383181.jpg

白樺林はここだけで植林されたものかも知れませんね。このときは風があって半そででは寒いくらいで、ほかの人はみな長袖の上着を羽織っていました。
d0031853_4394714.jpg


道の駅「風の家」の野菜売り場。冬場だと特産の蒜山大根が山盛りですが・・・
d0031853_4501780.jpg


家で食べるキャベツ、にんじん、大根、ナス、生しいたけ、絹さやなどを購入しました。変わったものとしては、こちらミズバショウの苗と、名前がわかりませんがお花の苗。d0031853_452272.jpgd0031853_4524538.jpg



もう一つの道の駅蒜山高原にも行って見ました。こちらは野菜コーナーはなくて、宿泊棟がありました。10年ほど前に建ったらしいのですが、行ったことがありませんでした。d0031853_4551564.jpgd0031853_4553465.jpg

道の駅で売っていたおいしそうな天然酵母パン。床にはレンガくらいの大きさにカットされた木製タイル。固定されてなくてぽこぽこと音がします。d0031853_4584264.jpgd0031853_502166.jpg

d0031853_524464.jpg貸し自転車もありました。蒜山1周30kmのコースの写真も。時速10kmとして単純計算で3時間か。健脚な人ならきっととても楽しい素敵なサイクリングが出来そうです。



d0031853_544740.jpg帰りに湯原へ行きました。河川敷の駐車場は一杯一杯。

町営の日帰り温泉が川に面して建っています。ここにはもう3度目か4度目。
d0031853_58584.jpgd0031853_582325.jpg

大人600円、タオルが200円、しかし洗面器とシャンプー、ボディシャンプーはあるものの、櫛やブラシ、髭剃りなどは置いていません。内部は改装されて以前よりずっときれいになり、サウナとジャグジーもありました。先客が1人、後から2人くらいで、すいていました。d0031853_5121865.jpgd0031853_5124532.jpg

この日はとにかく眠くて、夫にずっとずっと運転をしてもらいました。運転手さんのおかげでどうにか出かけられました。湯原インターから倉敷インターまで2,300円、85.2km。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-06-15 05:14 | おでかけ | Comments(2)

Commented by neko_pen at 2008-06-17 22:29
湯原というところの温泉にも行ったことがあります。
川がそばにあって、のどかな(当時は)ところでした。
お住まいになっているところは、観光地ですてきなところだし、
車で出かけられる範囲には、こういうところもあって、いいですね!
Commented by kurashiki-keiko at 2008-06-18 02:15
neko_pen様、湯原温泉ご存知でしたか。今ものどかな温泉ですよ。川が浴槽から見えてよかったです。
その気になれば湯原や奥津、湯郷という「美作三湯」という温泉地にはすぐ行けます。

<< 倉敷美観地区を歩く 解体進む旧天満屋倉敷店ビル >>