モロヘイヤのスープにくじらの竜田揚げ


d0031853_7171241.jpg
前日と変わり映えしないような夕食ですが・・・・
 モロヘイヤをいただいたので、しなびないうちにと、昨年だったかにプリントアウトしていたスープと、下さった人お薦めの天ぷらにしました。トマトを添えればよかったのですが、畑のがあいにく一段落していたので。左から、モロヘイヤのスープ、焼きナス、冷やっこ、スイカの皮の漬物、もらい物の明太子、くじらの竜田揚げ、モロヘイヤの天ぷら、紫たまねぎ。
 スープの作り方(お玉2杯分くらい×4人前)
 モロヘイヤ(今回は200gくらい)は葉っぱのところを摘み取ってさっと茹でて荒く刻んでおきます。スープはたまねぎ2分の1個くらいをサラダオイルで炒め、(あればうまみにベーコンも少し)小麦粉大さじ2杯を入れてさらに炒め、スープカップ2(固形スープ2個をお湯に溶かす)を入れ、煮立ってとろみが付いたらモロヘイヤを入れて少し煮ます。
牛乳2カップをいれ、温度が下がったところでミキサーにかけます。鍋に戻し味を調節して、夏場なので鍋ごと氷水で冷やしてからいただきます。見かけは青汁みたいですが、大変おいしかったです。
 くじらは、今はなかなか手に入らないのですが、この日のは生協の味つきの既製品でした。子供3人のうち上2人は、学校給食で食べたことがあるそうですが、下の子、今家にいる次男は給食で食べたことがないそうです。ここにくじらの年代の境目があるみたいです。次男にもくじらとはこんなものと知ってもらっていてもいいかと思って、先日出しましたら、「うまい」と言っていたので、柳の下のどじょうです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-07-19 07:30 | 外食 | Comments(6)

Commented by myobento at 2008-07-19 11:22
くじら久しく食べていませんねぇ。私は竜田揚げが給食に出た世代です。
夏場は青菜を摂るのがたいへんなので、梅雨があけてつるむらさきやモロヘイヤが店頭に並ぶと、ほっとしますよね。
Commented by nobunobu_ok at 2008-07-19 16:48
私の子育ての頃鯨に助けられたほどよく食べました。食べ盛りの息子は鯨の竜田揚げで育ったようなものです。そのせいか?くじらに手足がついたほどの巨体に育ち困っています。(笑)
でも、赤身の冷凍鯨のお刺身はおいしかったようにおもいますが? 
Commented by kurashiki-keiko at 2008-07-19 23:43
myobento様、調査捕鯨ですらグリーンピースの妨害にある時勢ですから、くじらの肉も遠くなりにけりですね。
青菜、夏場は不足勝ちだからモロヘイヤもいいですね。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-07-19 23:46
nobunobu_ok様、そうですね、昔は我が家でも母が半解凍のを薄く切って竜田揚げによくしてくれていました。お刺身というのは食べたことがないです。
大阪にいた頃はコロというくじらの脂身をおでんに入れるのだそうでした。
Commented by dome_house at 2008-07-20 23:56
お・・おいしそう☆よだれが出ちゃいます♪
私も給食でくじらを食べた覚えがあります。
その当時のは、どす灰色の煮汁に浮かんだ、同じく灰色の塊・・・
あまりに変な色に食欲が湧かず、一口も食べずに残した気がします。かわいそうなくじらさん・・・
Commented by kurashiki-keiko at 2008-07-21 03:10
dome_house様、灰色でした?私の印象のくじらは、オーロラくじらと言って、ケチャップとウスターソースを混ぜたような感じのたれに絡まった唐揚げでしたが。灰色だと食欲なくしそうですね。私は筋っぽい印象があったのですが、今回のは筋っぽくもなく、味もよくて全然別の印象で、とってもおいしかったですよ。

<< 湯郷の丑湯祭り 時の流れ >>