湯郷の丑湯祭り

例によって夫と出かけました。行き先はとりあえず「北」!
ということで少し行ったところで、ラジオから湯郷でなにやらイベントがあると言っていたので、では、とカーナビをセット。すると、岡山道から中国縦貫道を通るルートが示され、なにも回り込んで高速で行かなくても、と一般道で。高速使用だと約113km、2,800円。(ということだったが、帰りに高速道路津山インターから倉敷インター2550円。
d0031853_5253386.jpg


d0031853_2349198.jpg

d0031853_23495557.jpg湯郷到着はお昼前ごろ、このお店でまずはうどんを。向かって右手は夜は居酒屋さんになるみたい。店内はとても天井が高くて広かったです。お客は若いカップル1組と若い親子連れ1組、老夫婦1組くらい。
私、ざる600円。夫、きつね650円。

d0031853_23505951.jpg次に行ったのが、町営?湯郷鷺(さぎ)温泉館。うどんやさんで、600円のところ550円の割引券があったので買って行きました。

d0031853_5344685.jpg


d0031853_235637.jpg外見の「たけのこ」みたいな部分はこうなってるんですね。上の階は家族風呂だそうです。
タオルは200円。男湯と女湯は日替わり?。以前入ったことはあったのですが、露天風呂が今回のほうがいろいろあり、円形の、奥まった「武蔵の湯」、上のほうから順々に3段階になって流れ落ちるものと3種類。でも上のほうに行こうとすると、石畳が夏の日差しで焼けていて熱くていけませんでした。

昔なつかしいブリキのおもちゃ類の展示。d0031853_0422596.jpg

そして、そのうしろにあったのは、往年の挿絵画家、小松崎茂さんの挿絵。私は弟たちがよく買っていた昔の少年雑誌などによく掲載されていた、戦艦だのの挿絵が小松崎さんの物だったので覚えています。d0031853_0444250.jpg

d0031853_0481089.jpg

そしてこちらが、この日のイベントの大きなポスターでした。でもメインは夜。暑い時ですからね。昼の部は1時半から。で、会場の河川敷に行って見ました。
d0031853_0514119.jpg


d0031853_1422526.jpg
河川敷ではちょうど美作中学校?のマーチングバンドが演奏を終えたところ。ゆかた姿のきれいなお姉さんが司会でした。右手には骨董屋さん、金魚すくい、焼き鳥屋さんなどなどのテント、それに魚のつかみ取り。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-07-19 23:52 | おでかけ | Comments(2)

Commented by macky_work at 2008-07-20 17:56
ちょうど1週間前に湯郷を"通過"(笑)しました。
しかも、取材で……(その時は勝央までいきましたよ!)。
取材がもう1週間あとだったら、ちょっと寄り道したかも~なんて
思いました。
魚のつかみ取りは涼しげでいいな~。
童心にかえってチャレンジしたいと、時々思っちゃうんですよね^^。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-07-21 03:07
macky_work様、あら、かすっていましたか(笑)
勝央町といえば、この春、私は不参加でしたが、所属する合唱団が特養ホームの慰問コンサートに行ったところです。

<< 家族新聞「あじさい通信」135... モロヘイヤのスープにくじらの竜田揚げ >>