お盆の先祖供養にお坊さんをお迎えして


d0031853_1458234.jpg
8月1日午後、お坊さんが来られるというので、前の晩にたまたま義妹が来たので、お位牌やら経机を運んでくれました。当日は朝から祭壇の花を生けたり高杯に果物を盛ったり、お供えのお膳をこしらえたり。昼からはいつものPC講座のため午前中に段取りを終え、午後3時20分くらいに帰宅。すると、来るようにと言っていた長男のお嫁さんが自転車でやってきました。

d0031853_1564387.jpg d0031853_157129.jpgこちらの都合でお坊さんの来られる順番を変えていただいたのでいつになるかははっきりわからず、その待ち時間を利用して、お嫁さんに家計簿のつけ方の講習第2弾と言うわけでした。財布の中身を調べてつけるための「栄養家計簿」、それを転記して家庭の経済の元となる「婦人之友社の家計簿」の2冊を持ってきてもらいました。栄養家計簿は思ったよりがんばってつけていましたが、転記が出来ていなかったので、6月分から1日ずつ転記していってもらいました。項目の分け方もまだよくわかっていないので、とても素直に応じてくれて、私も丁寧に1項目ずつ教えました。まだふわふわした新婚気分なので予算も暮らし方もつかめていませんから、安易に外食が多かったり、息子が1万円もストレートパーマに使っていたりして(@_@)。びっくりでしたが、これも収入の枠内で暮らすこと、それには健康に関係のある食費を削るのでなく、どこなら削れるか考えること、貯金は残ったお金をすると考えると絶対出来ないから、まず貯金して残りで暮らすことなどを教えました。4時半ごろお坊さんが来られたので、急いでお座敷へ。

 去年あたりから代替わりして、以前来られていた和尚さんの娘婿の人が来られるようになりました。狭い道路に駐車することもあるので、と、奥さんが運転してこられ、車内で待ってくださっているのがお気の毒。お坊さんも家族の支えが必要な休めない大変なお仕事です。(「坊主丸儲け」などということも言われますが) 長男の嫁の紹介もし、おばあちゃんにも出てきてもらって一緒に拝みました。
 その後祭壇の飾り付けやら我が家の家紋の説明やらをしてやり、何十年後?かに受け継ぐであろうお嫁さんに予習をしてもらいました。ほんとうにこの人が受け継いでやってくれるのだろうかと言う若干の不安感もありますが、多分それは今のおばあちゃんも私の頼りなさに感じていたであろうことだと思います。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-08-02 15:19 | 日常 | Comments(8)

Commented by miyakeoriibu at 2008-08-02 21:31
こんばんは!
菩提寺は確か誕生寺とおっしゃっていたと思うのですが、
遠方から盆経に来てくださるのですね。
私の家は8月8日です。
平生横着をしているので庭の掃除から始めています。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-08-03 00:01
miyakeoriibu様、誕生寺は親類の菩提寺ではありますがうちは違います。でも車で1時間ほどかかるので檀家回りとしては最初の方の日程になってしまいます。
Commented by タック at 2008-08-03 10:40 x
今年もお世話になりました。
お坊さんいよいよ本格的に代替わりしたようですね。

我が家はお盆の14日に、毎年お世話になっている
お坊さんに来てもらいます。
祭壇は何も用意することなくお経を上げてもらい、
お坊さんと1年に1回の雑談をするって感じです。
あとは迎え火、送り火を炊きという毎年のパターンです。
Commented by lanova at 2008-08-03 14:15
こうして日本の「家」は引き継がれていくのですね。そういうスタイルを継承しない生き方を選んだ私は、ちょっぴり寂しくもあり、同時に煩わしさから解放されたという安堵感もあり…というところです。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-08-03 22:25
lanova様、私も着父母が元気なころはそちらにおまかせで、ご先祖祀りなどについてあまり考えることもなかったのですが、義父が亡くなり義母も高齢となってくると、自分がやらねば家の祭祀はだれもする人がいないので引き受けるようになりました。お嫁さんに関して言えば、息子のお嫁さんであって家に縛るつもりではなかったのですが、こういう場になるとやはり後を託す形になりますね。彼女には重圧に感じられると困るので、何十年後かにゆくゆくは、とやんわりと言ったつもりですが。
Commented at 2008-08-03 23:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ちょびっとA at 2008-08-04 16:51 x
はじめまして。お盆のお迎えの仕方がわからなくなって、いろいろ調べてたどりつきました。おかげで、無事、なんとか祭壇が作れました。
私も3人の子供がいますが、まったく写真の整理ができていません。彼らが結婚するまでには・・とおもっているのですが・・。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-08-04 22:38
ちょびっとA様、初コメントありがとうございます。
お盆の祭壇の参考になさったとか、お役に立って嬉しいです。
ちなみに私のは、仏具屋さん(中原三法堂)にいただいたパンフレットを参考に飾っています。お膳の中身は年々簡略化の一途・・・既製品の煮豆だとか。
写真の整理は、何かイベントがあってプリントしたら即するのがベストでしょうね。ためるとそれはそれは大変ですよ。

<< 思い出のアルバム 「日陰者」を生かして >>