美星町へドライブ

 19日に友の会の集まりが会員別宅(別荘??)であると言うので、不安になって下見に行ってきました。
お昼前に出たので取り合えず腹ごしらえ、夫は以前あった坦々麺のお店に行きたいと言うので付き合おうと、行ってみると・・・
d0031853_0392399.jpg以前の坦々麺のお店はどこにもなくて、というかつぶれていて、全然別のインド料理店になっていました。┐('~`;)┌
仕方なく?覚悟を決めて?「暑い季節なんだからインド料理が向いてるよ」とそのお店へ。

d0031853_0411239.jpgd0031853_0412696.jpg
800円、1,000円、1,200円、1,500円と4種類のランチセットがあり、私たちはナンのチキンカレーセット、1,000円のに。最初にラッシーが運ばれてきて、夫は?。でもこのヨーグルトドリンク、おいしかったですよ。ナンはおかわりしてよいそうでしたが、夫と2人で1枚頼もうかと思ったけど、これだけで満腹でした。タンドリーチキンと、インド風のつくねがついていて、あとはナンとカレーとサラダのセットでした。
店員さんはインド人の男性ばかりとお見受けしました。日本語は少し不自由なものの通じる。

d0031853_0462188.jpg


d0031853_1124231.jpg
目指す美星町へは、矢掛の商工会議所の先を右に折れてすぐ左へ、山の中へ入り、かなりの急勾配の山道を延々と、中世夢が原のところを右に見て、さらに進んだところの美星町農協の近くでした。
 行くと、本人と妹さんが草取りやら掃除やらに行っていました。見晴らしがよくていい場所でしたが、建つ前は水道もなかったのだとか。でもその後水道もついたし広い道路も出来て「うち専用の道みたいなものよ」
 友の会のNさんも今朝下見に来ていたとのコト、やっぱり彼女も場所がわからないと不安だったのね、と思いながら、「近くに青空市があって産直野菜などが安いのよ」と教えてもらい、そこへ行きました。

d0031853_0493384.jpg広々した駐車場?の奥が産直の青空市です。右手は

d0031853_0502132.jpgレストラン。プリンが名物みたいだったので、食べようとして入ってみると、それはお持ち帰りのみ、とのコトでやめました。

d0031853_0512056.jpg
「青空」市とはいうものの、ちゃんと屋根はあって、広々とした売り場。この日は「天の川まつり」と言うイベントが夜あるので、早仕舞いだそうで、半分も残ってなかった中、買い物しましたよ。

d0031853_0524992.jpg最初はまくわうり2個100円!、これはおじいさんが近寄ってきて、なり口のところの周りに割れ目が丸く出来ると食べ頃なんだと教えてくれました。また、写真はじゃが芋みたいなにんにく。あまりの大きさに( ゜_゜;)びっくりでした。油で揚げて塩をつけて食べるのだそうで、これは香辛料と言うよりはスナックですね。お買い上げ~。1袋500円×2.

d0031853_055113.jpgくずの桃、とはいえこんなに入って300円。買って帰ってコンポートにでも、と思ったけど今はちょうどもらい物の立派なのがあるし、お疲れモードなのとオリンピック放送があるので・・・惜しかったけどあきらめて。でも買っときゃよかったなあ・・・

d0031853_0564083.jpgみょうがもこんなに量が多いの100円。安いので買いました。あとは巨大米ナス60円、トマト3個いり80円、干ししいたけ390円など。

その他お盆の迎え火・送り火用に肥え松の束、大きい束で200円、墓掃除のときのシキビ250円、あー、ちょうどよかった。お花はまだ早いので買えませんでした。安かったのですが。
ということで、美星町へ行ってきて、産直市がよかったです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-08-10 01:03 | おでかけ | Comments(2)

Commented by miduki0902 at 2008-08-10 20:13
こんなインド料理のお店が出来たのですね。
我が家の近くだったわと懐かしく見てしまいました。
それにしても、お野菜が安いですね。

桃、美味しそう、こっちに来て中々、手が出ません。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-08-11 20:19
miduki様、この近くにお住まいだったんですか。お店は栄枯盛衰、以前行ったことがあると思って行ったらなかった、なんてよくある話ですよね。
桃は特産地でなくても県内だったらけっこういろんなところで作っているようです。そちらは桃の栽培には適してないのでしょうかね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 巨大にんにくの丸揚げ 居眠りしながらも感激した開会式 >>