夫とハリウッド流ラブコメディを見に

 いつものように、一通り朝の家事が済んだところで、「さあ、どっか行こう」と夫。
映画もいいね、と、MOVIX倉敷のサイトを出して、「崖の上のポニョ」は先日NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」で製作途中の様子をしっかりと見ていたので興味はあったのですが、たまたま洗車中の次男を呼んでみてもらったら、「オレ、キャメロン・ディアスいいな、これにしたら?」と言うので選んでくれたのがこれ「ベガスの恋に勝つルール」
罪がなさそうなハリウッド流ラブコメディ映画のよう。夫婦で屈託なく楽しめそう。よっしゃ、これに決めた。というわけで、、、サイトから「お先にネット」でチケットを予約。d0031853_2274166.jpg夫婦50代以上の割引で1人1,000円。
 以前は席を決めてから劇場に行ってお金をはらったような気がしましたが(思い違いか?)今回はカード決済で、予約番号をメールで教えてもらい、自分で暗証番号を入力してそれをプリントアウトして劇場へ持参しました。
 なにしろ上映開始40分前に自宅を出発、急げや急げ。
 
 なんとか、駐車場は確保。

d0031853_21183266.jpg
うーん、「ポニョ」も見たかったけどなあ。。。

d0031853_2164987.jpg
間に合いました。

d0031853_2172511.jpg以前はチケット売り場の横のほうにあったと思ったのに、それも1台だけだったみたいなのに、反対側の壁に移動していて、それも4台くらい並んでいて、探してしまった。
出たのがチケットだったのに、勘違いして窓口まで並んでしまって、考えたらカード決済で、機械で出てきたチケットがすでに入場券だった。
 で、飲み物とポップコーンを持って入ろうとしたら、「まだ清掃中」とのことでなんだ、10分くらい待たされました。・・・

 8番シアターは、後ろのほうの席で階段を上がっていくのですが、すぐ前の人は、息子さんらしい人が、足許がおぼつかない老いた母親らしい人の手を引いていました。お母さん、幸せ。
家に残してきた義母のことをつい思ってしまいましたが、義母はすごくまじめ人間なのでラブコメディと言うとたぶん岡山弁だと「やっちもない」(馬鹿らしい)と言われそう。
 6、7分の入りと思われる入りで、映画は始まりました。思ったとおり、ラスベガスの馬鹿騒ぎだとか、アメリカらしいリッチな金持ちやら貧しい青年やらお色気たっぷりの美女やらがでてきてハッピーエンド。
 昔洋画好きな父に連れて行ってもらったディーン・マーチンとジェリー・ルイスの底抜け喜劇などを思い出しました。
 夫も、屈託ない罪のない映画で楽しめたみたいでした。
終わると午後1時、夫の好きなイタリアンということで、「カプリチョーザ」へ。

2人前のセットメニュー¥3,520で、ドリンクとサラダとパスタとピザと食後のドリンクがセットで、それぞれいくつかの中から選べます。私はオレンジジュース、それに海の恵みサラダd0031853_21153810.jpgd0031853_21155623.jpg
なすとほうれん草のミートソーススパゲティと、ピザは今月限りの季節限定だと言う「ディアボーラ。が、やっぱりピザはトマトソースがないと物足りなかったです。それとタバスコがかかりすぎだったのか辛かったです。d0031853_21162116.jpgd0031853_21164099.jpg
d0031853_21192390.jpgコーヒーはソーサーがついてなかったのがちょっと・・・

あとは1階のお店をぶらぶらして3時ごろ帰りました。いつものように食料3日分調達の買い物があったので・・・
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-08-24 21:27 | おでかけ | Comments(2)

Commented by lanova at 2008-08-25 14:33
ご主人とスウィートなお時間を過ごされましたね。そういう時間って珠玉のときですよね。ところでこちらでもコーヒーカップにソーサーはまずついてきません。そもそもカップもほとんどマグカップですもの。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-08-26 00:56
lanova様、本当は家に居たいと思ったり、頭が痛かったりしたのですが、ある程度は夫の好みに合わせて、行って見たら思ったより良かったです。
私はこういう場所ではソーサーがあるほうが好みでしたが、アメリカ流はないんですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 樺太で電話交換台に散った乙女た... 家族新聞「あじさい通信」136... >>