ありあわせ寿司


d0031853_20345077.jpg
今月は産直市などで夫が(夫のせいにするか?)スイカとかトマトを事あると買い込み、気付くと食費が赤字です。で、冷凍庫に焼きアナゴがあったので、これと卵をたんぱく質に、あとはたまたまあったごぼう、にんじん、たけのこ、美星町の星の郷青空市で買ったかんぴょう、この前のお寿司で作って余っていた酢蓮根、インゲンだけは買い足して、出来ました。目立ちませんが自家製の新ショウガの甘酢漬けが乗っています。
 帰宅した次男いわく、「やっぱり酢魚がないともの足りんなあ」。節約メニューだというと、「おれ、しいたけ好きだからこれがあれば、まっ、いっか」
豪華にしようとすればさわらだのタコだのエビだの魚介類でお金を掛けて豪華にもなり、倹約にしようとすればその魚介類を減らせばまた豪華「風」献立になるということです。ハイ。
献立はほかにわかめとしめじのお吸い物(お豆腐も切らしていて)、ピーマンのかか煮(千切りピーマンを削り節とみりん、しょう油でいため煮にしたもの。菜っ葉も買わずにあるもので済ませて)でした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-08-28 20:50 | 料理 | Comments(1)

Commented by pearef07 at 2008-08-29 13:52
きょうの内容とは、まったく関係ないんですが、PCの機嫌が悪くて、23日にお礼のコメントができませんでした。 
9月でおやめになるとのこと。
私の「PCライフ」は先生のご指導で、はじまったので、さびしいです。(落ちこぼれで、m(-_-)m でした)
10月からは、すこしゆっくりできるのでしょうか?
それとも、益々お忙しくなるのでしょうか?

<< 恵みの雨 夕暮れドライブー合唱団への道 >>