鯉が窪湿原(岡山県新見市哲西町矢田矢田谷)


d0031853_35585.jpg
倉敷からの行程は約113km、高速道路部分は83.7km、2,300円でした。
 大佐サービスエリアで情報を仕入れてちょっと休憩、新見インターで一般道へ。
d0031853_39385.jpgd0031853_3914100.jpg
d0031853_3113652.jpgd0031853_392966.jpg
レストランしんごうに立ち寄りました。軽トラックが数台止まって、数少ないレストランなのでかなりローカルな話題、マツタケを取りに行ったけど収穫がなかったとか・・・。注文は、夫が「焼き魚定食」を頼んだら「ない」と言われてよく見ると「焼肉定食」の見間違い。天ぷらモロヘイヤうどん、950円。うどんなのに、しかもかなり席は空いていたのに15分くらい待たされたのはどうして?。麺は細め、モロヘイヤ入りなので薄緑、味は良かったです。屋外のトイレに行ってみると、水洗なのに、ペーパーホルダーの芯も持ち去られていてペーパーも無しだったので、恋ヶ窪湿原入り口の管理棟の立派なトイレがあるのを知っていたからここでは我慢。トイレの管理も大事だと思います。


d0031853_3234659.jpg
今年は空梅雨だったせいか、灌漑用の池として利用されているためでしょう、水が減ってしまっていて、岸辺の地面がかなり出ていました。

左は不明、萩が咲き始めていました。d0031853_3272210.jpgd0031853_327346.jpg

          ここのミズヒキソウの赤は我が家の庭にあるのと比べてとても深い赤。d0031853_1423289.jpgd0031853_14234844.jpg

尾花(ススキ)も咲いています。サワギキョウとおもったのは、コバノギボウシと教えていただきました。d0031853_3293796.jpgd0031853_1472832.jpg

左側は絶滅危惧種(?)のミヤコアザミでは、と思いますが確かではありません。 時期なのか、ビッチュウフウロのピンクの梅型の花が多数。d0031853_3314550.jpgd0031853_1475349.jpg

シラヒゲソウと、右側はアケボノソウ(岐阜のyoas様から教えていただきました)d0031853_3325469.jpgd0031853_1481979.jpg

d0031853_334925.jpgd0031853_3342499.jpg

d0031853_3344393.jpgオグラセンノウは前回来たときには1,2輪でしたが実物を見かけられたのに今回は、ビデオの画面から拝借。

d0031853_3355353.jpgハッチョウトンボは少し先のほうに止まっていたのを夫が発見。よく見つけたこと。

d0031853_3364622.jpgd0031853_337093.jpg
d0031853_3371644.jpg秋なのできのこもあちこちにありました。みるからに毒みたいな・・・

d0031853_34243100.jpg
この日は日中このあたりでも32度の電光掲示がありました。日差しのある場所ではとても暑かったですが、さすがに木陰は涼しく、木道を歩くのはよいウオーキングコース。
 でも気になったのは、灌漑に使われてか水の量がぐっと少なかったことと、以前に比べて木道周辺の雑草の管理があまりできていないように感じたこと。秋口で農繁期だったせいもあるのでしょうか。時期をはずしたのかもしれません。偶然でしたが、ここ3年間で1ヶ月ずつずれて行った事になり、それもまた花の時期がずれてきて良かったかもしれません。
昨年行ったときの記事はこちら2007年8月、、2006年7月はこちら
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-09-15 03:05 | おでかけ | Comments(6)

Commented by yoas23 at 2008-09-15 07:57
湿原の植物色々ですね。
サワギキョウとあるのはコバノギボウシでは?
葉と花のバランスからそんな風に見えます。
またシラヒゲソウの隣のピントが合った名前の分からない花・・・は、
アケボノソウです、案外少ない花のようですね。

きのこは食べられないものばかりですね。
左上は毒では無いですが、右の白いのは毒ですよ。
Commented by lanova at 2008-09-15 08:44
秋の草花たちですね。一挙に季節は秋になったんですね。地図に表された地名がとても懐かしかったです。伯備線に乗ると目にし、耳にした地名。学生時代に帰省のたびに利用したことを懐かしく思い出しました。新幹線が通ることはまずありえないふるさとでは、この伯備線は新幹線につなげる命綱ですもの。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-09-15 14:12
yoas様、コバノギボウシとアケボノソウ、教えてくださりありがとうございました。早速写真に名前を入れました。
きのこは食べられるものでももちろん持ち帰るつもりはありませんが、そこここできのこを採って放り出したようなものがあり残念でした。可愛いし目に触れるとつい採りたくなるのでしょうか。戒めたいものです。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-09-15 14:19
lanova様、ここ県境あたりでは秋の訪れも早いのでしょう。
懐かしく思われる路線の地図があってよかったです。
Commented by yassy127 at 2008-09-15 23:19
一度行きたいと思いながら、念願が果たせないでいます。
いいところのようですね。
たくさん写真を撮ってきてくださって、それにくわしい説明をつけてくださって、とてもよくわかりました。
ありがとうございました。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-09-16 13:46
yassy様、このような山野草は大好きなのではないですか。
機会があればぜひぜひいらしてみてください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 昼「サイゼリヤ」、夜「いわ倉」 映画「おくりびと」を見る >>