今日の夕食


d0031853_2211032.jpg
おばあちゃんと夫のためにはお魚献立がベストなので・・・しかもおばあちゃんは煮魚が好きなので、いつもげた(下駄、ではありません、岡山では舌平目のことをゲタというのです。ゲタよりはぞうりみたいですけど、アクセントは「ゲ」のほうに来ます。)の煮付けが多いので、たまには、とカワハギにしました。
 そしてお魚の煮汁でサトイモを煮るのがおばあちゃんの好みなので、たまには、と、煮汁を多めにして煮て、サトイモをお酢を入れた水で下煮してからこの煮汁で煮ました。
 予想通り、デイサービスから帰宅したおばあちゃんに献立を言うと、大喜び。

 で、大きなカワハギだったので2つに切り、やっぱり男性を立てて夫と次男に頭のほう、私とおばあちゃんが尻尾のほうに。
 夫は若い頃は煮魚のにおいをかぐことすら嫌いだったのに、今では観念して「ねこまたぎ」と言うほどきれいさっぱりと食べてくれます。もちろん今日も。
 少し遅れて次男が帰宅、いつもおかゆみたいにやわらかいのを炊くおばあちゃん、のこりご飯が腐っていて焚きなおしていてちょうど次男と一緒になりました。こういう場合、テレビは次男主導でチャンネル権があり、たまたまダビンチの秘密だの、ニュートンの発見だののミステリーポイ番組で、「よく昔の少年雑誌の特集なんかにこんなのあったわね」と私、「本当みたいな嘘みたいな」と盛り上がり、おばあちゃんも半分わからない中、にぎやかで良かったそうでした。
 二世帯住宅で基本は分かれて生活しているのですが、やっぱりご飯は1人で食べるよりは家族で、みんなでわいわい言いながら食べるのが楽しいと思うので、私は基本的には夫と一緒に食べ、遅れて帰宅する次男や、おばあちゃんの食卓には必ず相手をして一緒に座ることにしています。
 次男「このレバーおいしい」 私「カワハギの場合は、レバーじゃなくて肝って言わないと」 おばあちゃん「カワハギのキモは大きくておいしいからね」
 いつもはお魚の身をむしるのは下手な次男ですが、さすがにきれいに骨だけを残して食べていました。
 おばあちゃん「きょうはにぎやかでよかった」と言って自分のエリアに引き上げていきました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-09-18 22:26 | 料理 | Comments(8)

Commented by tomochi112 at 2008-09-18 23:25
煮魚はゲタが美味しいですよね。
牛窓か下津井で捕れたのをよく買います。
お年寄りは煮汁で野菜を煮たのが好きでしょう?
あれ、どうも苦手です。(×_×)
keikoさん、おばあちゃん好みの献立をよく作っておあげになりますね。
Commented by mhide-mh at 2008-09-19 07:12 x
3世代 理想のご家族のようですね。
昨日は市民会館でNHKの「日本のうた」の公開録画があったのでしょう?
地元のコーラスグループも出演されたとか、もしかしてkeikoさんも出演されたのですか?
Commented by lanova at 2008-09-19 11:25
仰るとおりです。私も息子たちが遅くなって帰宅したときは、必ず一緒に食卓に座って話し相手をしたものです。今、夫と二人の暮らしになり、夫は夕方から夜中までの勤務、いつも食事は私一人です。これまでそういう食事をしてきたことがないので、この時間が一番寂しいですね。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-09-19 12:22
tomochi様、
煮魚というと、このところゲタが多くて、
身離れが良くて食べやすいのですが、たまには違うのもイイかなと。以前はゲタっておばあちゃんもあまり食べなかったようなのですが、年とともに煮魚が食べやすくなったようです。
あの煮汁、だしが出て美味しい。小芋を煮ると、なるほど、と思いますよ。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-09-19 12:23
mhide-mh様、残念ながら今の合唱団はどこへも出演するほどの実力をたくわえてはおりません。
もうチョット、いやだいぶ練習が必要でしょう。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-09-19 12:25
lanova様、遅く帰ってもご飯が一人じゃないって、やっぱり家にいればこそだと、学生時代に遊学したときに思ったことと思います。
社会人の今、何もしてやることはありませんが、食事時を一緒に過ごすくらいは家族の大切な時間ですね。
お一人での夕食時、お寂しいことでしょう。
Commented by miyakeoriibu at 2008-09-19 22:15
我が家もこんな献立が多いです。
私は煮魚が大好きで、ゲタやカレイのときは食べた後にお茶を入れます。これは格別に美味しいです。
keikoさんは魚を煮るとき水や砂糖を入れられますか。
私は酒1 みりん1 醤油1の割合で水も砂糖も入れません。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-09-20 02:16
miyakeoriibu様、煮魚もお茶をかけて最後まで味わう工夫ですね。本当にお魚を食べつくすと言う感じです。
私の分量は、少し薄味で、水カップ1、しょう油、みりん、お酒どれもカップ4分の1です。砂糖は鯛やぶりのあらを煮るときにだけ入れます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 社会保険庁の「ペアーレ倉敷」か... 大根の間引きをして >>