片付けはやっぱり時間切れ

 ・・・多分こうなるだろうとは予想はついていましたが、やっぱり全部はこの時間では無理でした。取り掛かりをいつもぐずぐずしているのと、予想外に娘が1人でやってきて、休養に来たなんて、お昼を食べさせなくては、と有り合わせで天ぷらなどしたものだから・・・。自分ではそこらへんの残り物になるところ。
 できなかった原因はやっぱりいさぎよく捨てるかどうかの決断にとても時間がかかったと言うことと、家事の合間にするのに取り掛かりがいさぎよくなかったことでした。最初に整理の方針ありきで、全部をばっさり捨てると決めてればよいものを。
 ①メールマガジンの連載「Keikoのお出かけ日記」のお出かけ先でもらったパンフなどはどっちでもよいのですが、北海道とか、なかなかこの先行く機会がなさそうな地のは、今まで取っていたのをここで捨てる?となってやっぱり少し迷います。そういうので栗やファイル3冊分分厚くなっています。
 ②PC講座の資料プリント類。せっかくがんばって作ったのでやっぱり捨てがたい。サブを卒業して独り立ちしたときから、必死で毎回プリントを作ったので、もう少し整理して系統立て、年次ごとでなく項目別にするとかしてもいいか。
 ③我が家の写真。お出かけ日記の写真は全部パソコンの中だけですが、家の写真は一応プリントアウトして、写真屋さんで簡便なアルバムを買って整理していますが、何しろあっという間にすぐ一杯。これもまた精選して同でもいいような写真を捨てたらだいぶすっきりするのでしょうが、その作業の山に分け入る前に時間切れです。

・・・要するに溜め込まないうちに処分していれば、これまで保存しなくてすんだし、処分に迷わなくてよかったのではと思います。本棚の古い百科事典を処分したスペースに前後2列に入っているそれらの資料やらアルバム。多分この作業が進んだら半分にはなるだろうに。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-09-23 02:48 | 日常 | Comments(0)

<< ニュー・ラジアントの青木能率研... 大根の間引きpart2 >>