鹿児島県の旅 その2 指宿・長崎鼻・池田湖

 10月18日(土)、夜もとっぷり暮れた7時前ごろ、やっと部屋に通されると、係の仲居さんが、「砂むし温泉、行かれますか?」というので、せっかく指宿まで来たのだから是非に、というと、これから往復すると小1時間かかるので、ではご飯は8時からにしましょう、といわれました。言われるままに急いで浴衣に着替え、フロントでかごを借りて温泉街を歩いて海側の砂むし会館「砂楽(さらく)」へ。

d0031853_6192680.jpg(写真は翌朝撮影したもの)立派な自動運転のエスカレーターを上ると、浴衣を渡され、下着も取ってそれを着て海岸に行くように言われました。専用のサンダルに履き替えて・・・

d0031853_6202644.jpg下の海岸のテントに行くと、8畳間くらいに四角く仕切られたところがいくつも並んでいて、この時間帯になるとすいていてほぼ貸し切り状態。砂のベッド状になったところへ横になるように言われ、持参のタオルで頭を砂から守るように寝ると、早速どかどかとスコップで砂がかけられました。背中が熱い、というと横向きになるように言われ、そこへ砂がかぶせられました。地面から温熱が来るのでそこを砂で調節する仕組み。あまり熱いのを我慢すると赤く低温やけどするらしい。熱いと背中を浮かすようにするとよいとのこと。こつがわかると、ホカホカと全身、特に首筋や足の裏まであったかいのと、砂の圧迫感がたまらなく心地よい。制限時間は個人差があるので自分で足元の時計を見て決めるようにといわれ、15分ほどで終わりにしました。起き上がるにも一苦労、まずは腕の砂を落とし、そろそろと起き上がりました。そして元の建物に入るとシャワーと温泉があり、砂を落として湯に浸かって仕上げ。すっかりよい気分になりました。夜風が心地よく、部屋に帰ると食事の支度ができていました。

d0031853_6212363.jpgd0031853_6214667.jpg
d0031853_622832.jpgd0031853_6222740.jpg
d0031853_6225620.jpgd0031853_6231360.jpg
薩摩黒豚やわらか煮とかきびなご辛煮の地元食材もある中、小さい松茸の入ったお吸い物も付いていて幸せ気分。


d0031853_623533.jpg翌19日(日)の朝となりました。7時半の朝食前に昨夜はすっかりとっぷり暮れていてよく見えなかった砂むし温泉砂楽のほうへお散歩。すると海岸にはロープが張られていて「ここの海岸は干潮になると波打ち際から85度の温泉が湧き出ます。ご注意ください。」との看板。

d0031853_6243420.jpg与謝野寛(鉄寛)、晶子夫妻のそれぞれの短歌が防波堤の壁に彫られているのを発見。二人でここまで旅に来たのですね。

d0031853_6284055.jpg帰り道、ふと見上げたマンション空き部屋の看板には、「空室 2DK 温泉 冷暖房完備 駐車場有り」。温泉つきのお部屋なんだー。

d0031853_6304835.jpg
この日の最初の目的地は長崎鼻です。

ただの岬と灯台位かと思いきや、動物園のような施設『長崎鼻パーキングガーデン』になっていて、入園料が大人[高校生以上]1,200円、小人(小学生以下)600円。入るといろんな犬のコーナーやらインコのコーナー、おサルのコーナーなど。ミニブタショー、ネズミショー、インコショー、フラミンゴショーなどのショーがあるとのことでした。
d0031853_6343025.jpg
灯台に近いところまで行くと、そこは開聞岳のすばらしいビューポイントでした。昔中学時代に白地図で等高線を見たのを思い出しました、美しいコニーデというのかさつま富士といわれるとおりの稜線。海と開聞岳をバックに記念撮影。そこの上り下りで前日からの疲れもありかなり疲れました。


d0031853_64429100.jpg
次に行ったのは池田湖でした。なんでもイギリスのネス湖みたいな怪獣「イッシー」がいるらしいとのことで、旅の駅に車を止めると、高さ10mくらい?の白い恐竜の像が作られていました。
d0031853_645391.jpg
広々とした湖面は穏やかで何もなくて、はるかに開聞岳のてっぺんあたりが望めました。旅の駅の建物内に入ると、土地の天然記念物という巨大うなぎが水槽に飼われていました。どのくらい巨大かというと、長さは1mくらい、太さは大人の太ももくらいでしたでしょうか。あまりの大きさにびっくりでした。そこを出て旅のハイライト、知覧を目指しました。(つづく)
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-10-23 06:32 | | Comments(4)

Commented by miyakeoriibu at 2008-10-23 16:04
色々と思い出しながら読ませていただいています。
長崎鼻から見る開聞岳は綺麗でした。
ここまで来ると南に来たと言う感がしました。
ハイビスカスやソテツが沢山ありましたね。
池田湖には行きませんでした。
Commented by usatyu4 at 2008-10-23 22:02
おかえりなさい (と言っても22日に更新されていたのですね。
何年か前に霧島へ行ったときを思い出します。私たちはYS11機の最後の年でした。霧島で観光バスに乗ったら、バスガイドさんが竜馬と、おりょうさんの話を聞かせてくれました。懐かしいです。指宿はまだ行っていません。ぜひ行きたいです。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-10-24 06:27
miyakeoriibu様、そうそう、開門岳の景色がすばらしかったことと、ハイビスカスやソテツが普通に生えていて、南に来たという感じがしましたね。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-10-24 06:28
usatyu4様、霧島にいらしたことがあったのですね。私たちはレンタカーでしたのでそのガイドが聞けなくて残念でした。
指宿も砂蒸し温泉で有名なので一度は入ってみてください。

<< 鹿児島県の旅 その3 知覧 鹿児島県の旅 その1 霧島・指宿 >>