尾道の商店街をぶらついてレトロに浸る

参考:前回に行ったときの尾道の記事はこちら

d0031853_1181623.jpg尾道へ行く途中、山陽道の福山西サービスエリアの中は大幅に配置がリニューアルされていて、アンデルセンのパン屋さん以外に食べ物やさんが充実していたし、こんなホットスポット(インターネットができるコーナー)が新設されていました。(ただしパソコンは調整中とかで使えなかった)
空港なら時間待ちにインターネットも使う人が多いかもしれないけど、高速道路でネット使う人がいるのかな?
高速料金はETC割引なのか、800円。

d0031853_121477.jpg尾道でのお昼はこの「うろこ」というお店にしました。
尾道市久保2丁目26-9
電話0848-37-2017、37-3633

d0031853_1222927.jpg酢がきですが・・・氷の下にカキは入っていたのですが・・・身が小さく、5粒くらい入っていたかな?1,050円は高い。

d0031853_1241132.jpgカキフライ定食、1,260円です。
左上はかぼちゃプリン?のデザート。
ご飯の右側の酢の物はこりこりしたものがくらげかな?フグの湯引きした皮?見たいなのが入っていてそれは好みでした。その上の天ぷらはイカナゴの育ったの?みたいなの。

こんな戦前からの建物みたいな路地を通って商店街へ北上。d0031853_1305572.jpgd0031853_131826.jpg

仏壇屋さんの店の前に、「尾道の香」として、さくら、海、寺という3種類のお香が置いてありました。ネーミングがさくらと海はともかく「寺」という名前のお香って・・・
d0031853_1342013.jpgd0031853_1343545.jpg

d0031853_1363396.jpg何度か立ち寄って食器を買った「もめんく」。最初は仲の良い老夫婦が店番をなさっていたのに、今はご主人がいらっしゃらなくて奥さんとお嫁さん?になっていました。

d0031853_1383154.jpg

倉敷にもありますが、紙屋さんという商売も古い街だからこそなのかもしれません。

d0031853_1394438.jpgこちらは一閑貼りのくず入れ。友の会でも一閑貼りをしますが、ちょっとこれとは違うようです。でも何度も紙を貼り重ねて丈夫になる点は同じですね。

d0031853_1411938.jpg尾道帆布の店。倉敷にも倉敷帆布の店ができていますが、こちらは店の左手に織機の展示があったり、店の奥は工房になっていて縫っているところが見えました。バッグや帽子、ブックカバー、携帯ケースなどなど、丈夫でカラフルな品々。

d0031853_144563.jpg

これぞ究極のレトロ??おばQの乗り物です。1回10円だって。はげ具合もかなりの年代ものとお見受けしました。

d0031853_1452552.jpg
ここは「大和湯」という銭湯の建物をそのまま使った「ゆーゆー」というお店。尾道の特産品を売ったり、奥では軽食喫茶もやっています。

d0031853_1484988.jpg

銭湯の脱衣ロッカーがこんな感じで残っていますし・・・

d0031853_1494331.jpg
軽食喫茶はちょうど昔の湯船のあったところ。昔の脱衣室を見るとこんな感じ。左手は昔のまま右から書いた広告入りの鏡がそのままありました。

d0031853_1511818.jpgせっかくなので、地元で取れた無農薬国産レモンのホットレモンをいただきました。

d0031853_154921.jpg前回来たときに製造している所を見かけた「頑固親爺の豆菓子」も扱っていて、そら豆の豆菓子を210円で買いました。

昔の商工会議所らしい。右から書いています。代官所の跡地らしいです。尾道も代官所があるということは、天領だったところも倉敷と似ています。d0031853_157843.jpgd0031853_1574024.jpg

d0031853_1595047.jpg桂馬」というかまぼこ屋さんの製品。凝った細工なので、予約専門らしいです。向かい合わせに食べさせてくれるお店がありました。

d0031853_22371.jpg大売出しとして店の外に製品を並べていた刃物屋さん。包丁なんて1万円くらいして、値打ちものだというのはわかります。本職が打ったものだから切れ味が大変いいのだそうでしたが・・・
この前庭木の枝を落とすときにのこぎりが切れなくて困ったので、枝打ち用のこぎりを買うことにしました。そして手入れ法を聞くと、のこの先のほうから元へと油をつけた布で拭くようにといわれ、その油も購入。刃物全般これでよいそうなので。550円。


とうとう駅近くの林芙美子像のところまで来ました。d0031853_254142.jpgd0031853_255652.jpg

d0031853_265610.jpg芙美子という喫茶店は一時閉まっていましたが復活したようです。店の奥に芙美子旧宅があり、ずっと前に入って見せてもらったことがあります。

d0031853_281740.jpg
d0031853_283926.jpg
クリスマスの飾りに願い事を書いてつるすなんて七夕みたいな飾り付けのある商店街をまた引き返しました。

d0031853_2122937.jpg旧商工会議所の横で半纏を着て寒い中、向島の農家の女の子がみかんを1袋200円で売っていて、あまりにおいしいのと安いので行きと帰りに1袋ずつ買ったらおまけの青い無農薬レモンをもらいました。写真は2袋分。(帰り道でかなり食べました)

d0031853_2133360.jpgd0031853_2141090.jpg
買って来たのこぎりの包み紙ですが・・・年代を感じさせるなんだかすごいメッセージ入りのものでした。
株式会社山崎清春商店 尾道市土堂1丁目2-10
電話 0848-25-2211   FAX0848-25-2212
財団法人日本美術刀剣保存協会中国支部尾道支所

d0031853_2153075.jpg一生物の道具が買えました。大事にします。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-12-08 01:26 | おでかけ | Comments(8)

Commented by yochy-1962 at 2008-12-09 00:21
ちょっと思い立って尾道へ、ってことができるのがうらやましいです。今回は坂道探索はしませんでしたか?
商店街に、これまた古いウルトラマンレオ(だったかな、セブンだったかな)のオブジェ、見ませんでしたか。あの商店街は昭和のままで止まっているような気もします。
Commented by ち~ちゃん at 2008-12-09 20:28 x
超レトロな喫茶店 素敵ですね。
こんな喫茶店に入って ゆっくりコーヒーを飲んでみたいです。
Commented by usatyu4 at 2008-12-09 22:49
こんばんわ 尾道は今もこのような街並みが残っているのですか。
今にもこれから、映画のロケが始まりそうな雰囲気がします。
通った事はありませんが、なつかしいにおい?がしてきます。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-12-11 01:43
yochy様、夫の気の向くままに行ってきました。
坂道探索は今回はしませんで、商店街のみでした。
ジュワッチッ(( o|o)シ~》》》 ジュワ!!(o|o)_+=====バババ!!ウルトラセブンは見かけませんでしたねえ。。。
昭和のままで止まっている、正にその通りでした。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-12-11 01:45
ち~ちゃん様、お風呂屋さんの喫茶店、上を見たら湯気を抜く天窓がそのままに、吹き抜けになっていましたよ。
見物しながらのホットレモンでした。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-12-11 01:46
usatyu様、ほんと、あの三丁目の夕陽、でしたか、あんな映画のたたずまいそのままでした。
Commented by myobento at 2008-12-11 22:58
久しぶりにゆっくりなさいましたね。ずーっと働きづめでしたものね、このところ。
よいお買い物もできて、よかったですね。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-12-12 03:00
myobento様、私のはいつも収入に関係ない働きで・・・
でもこうして出かけられると開放感が一杯でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 学食 天文ショー >>