薩摩切り子


d0031853_13362985.jpg先日、鹿児島旅行で目にしたものの、芸術品みたいにきれいなのにとても高くて手が出なかった薩摩切り子、合唱団の忘年会の時間待ちに寄った母のマンションで目に付きました。
何でも、女学校時代の恩師が同窓会に招かれて、鹿児島から宅配便でホテルに送って、みんなに配ってくださったものだとか。
 ごく高級品ではなさそうなカットではありますが、れっきとした薩摩切り子がこうして我が家にもらわれてくることになりました。あの大河ドラマ「篤姫」はもう終わりましたが、タイトルバックにも薩摩切り子の底から見たものが一瞬出てきていました。
 きれいです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2008-12-25 13:39 | 日常 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< カトリック教会のクリスマスミサに出席 家族新聞「あじさい通信」140... >>