12月31日の家事


d0031853_1331532.jpg朝食前の一仕事、夫がゆっくり起きてきたもので、それまでにエビの背わたを取って、煮ました。これも『婦人之友』2009年1月号のレシピにしました。焼いたこともありましたが、ぱさぱさする気がしたので、それからはこうしてお重に詰めやすく丸くして煮ています。

 朝食後、お昼前までにお雑煮の具になる人参、ごぼうを千切りにしたのと、ほうれん草を茹でるのをしました。 おばあちゃんはただ茹でるだけでしたが、私は人参とごぼうには薄く味をつけています。ごぼうはどうも食べにくいので、なるべくやわらかく煮ます。
 包丁を持つ手が危なっかしい長男のお嫁さんに、昨夜調理器(スライサー)を使ってないのであげる、とメールしていたら昼頃取りに来ました。
 私は、よく研いだ包丁でひたすら千切りにするのが好きです。小さな千切りの1本ずつがかちっと四角柱になっているのがいいと思っていて、スライサーだとどうも丸っこく切り口がなるのが・・・無心に作業をしていました。d0031853_1351262.jpgd0031853_1353039.jpg

お昼は焼きそばにしました。
  あとは、年越しそばならぬうどんの夕食だけなので、(お掃除はやり残したくさんあるけれど)夫と散歩に出ました。
2時間ほど町を歩いてきました。

d0031853_13814.jpg

美観地区の旅館鶴形の門松は、色々見た中でも一番締まった感じできりっとしていてよかったです。

d0031853_139102.jpg旅館くらしきは、幔幕がめぐらせてありました。お祭のときにもあったので、特別な日にはするのでしょうか。打ち水をしていた和服の従業員女性、外国人の夫婦のお客様のお訪ねにさっと英語で話していました。さーすがー、というかすごい。


d0031853_1412412.jpg夫の母方の祖母は両親が早くに亡くなって、このレストランの場所に昔建っていた民家に住んでいた親類によって育てられたそうです。先日私が合唱団のコンサートで留守にしていた日、夫が母について散歩に来たそうです。寄る年波で母も自分が歩ける間に見ておきたかったのと、夫に自分の母や、家柄や学問がよくできて立派だったその親類のことを話しておきたかったそうなのですが、実際にこの場所まで来たら安心したのか、何も話さなかったそうです。

d0031853_1453975.jpgアーケードが取り払われた商店街、ガスや水道管の更新工事も終わり、舗装も新しくなってきれいになりました。そして倉敷民芸さんのお店も改装されていました。

d0031853_1471365.jpg


過日、天ぷらの火から火事になって焼けたという魚屋さんの跡地はこんな建物がすでに建っていてびっくりでした。何のお店になるのでしょう?

d0031853_1483274.jpgこれは昔からのお店ではないのですが、子供向けの駄菓子屋さん。夫が懐かしがって、入ってみました。この時期は私は子どものころ、よくやっこだこを買ってきて新聞紙でしっぽをつけて揚げていました。店内、凧は飾り用のしかなくて、お正月に多分来る孫が遊べるようにと、私はヨーヨーとこま(紐でまわすのでなく、普通に手で回すかわいいの)を買い、夫は水あめを買いました。
「500円分」と親に言われて、あれこれ選んでいる小学校低学年くらいの兄弟もいて、ほほえましかったです。

d0031853_1523730.jpg天満屋が移転して、店の前が駐車場になって、すっかり明るくなった其楽堂。昔は天満屋2階の喫茶室からここを見下ろしてお茶していたのですが・・・
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-01-01 02:03 | 日常 | Comments(8)

Commented by yoas23 at 2009-01-01 02:37
新年明けましておめでとうございます。
主婦は年末ギリギリまで忙しいのですね。
でも私は料理好きですから、こうした食べ物の記事は興味があります。
ことしもまたよろしくお願い致します。
Commented by myobento at 2009-01-01 14:47
明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
この数日keikoさんの御節料理作り拝見してきましたが、全部詰めたところはどんなでしょうとわくわくしています。拝見するのを楽しみにしています。
千切りの件、私も同じですよ。去年煮なますを作るのにスライサーを使ったのですが、なんだか納得できず、今年は全部手で刻みました。
お雑煮の人参や大根、東京では千切りではなくいちょう切りです。
Commented by miduki0902 at 2009-01-01 21:05
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

2008年の最後をだんな様とのお散歩。
私もkurashiki-keikoさんのように年を取りたいです。
Commented by kurashiki-keiko at 2009-01-02 02:16
yoas様、料理が大して上手でもないのに恥ずかしげもなくこうして写真を載せております。今年もよろしくお願いします。
Commented by kurashiki-keiko at 2009-01-02 02:18
myobento様、毎年マンネリを自認しつつも、こうして続けるのが伝統食かなあと思いまして、同じようなお節を作っています。お重詰めもご披露しますね。
千切りのこと、同じ意見との事で気を強くしました。
Commented by kurashiki-keiko at 2009-01-02 02:19
miduki様、お互いに1人で歩くのはつまらないと思うのか、二人連れ立って歩くのですが、仲がいいですねと人様から言われるほどではないと本人たちは思っているのですけれどね。
今年もよろしくお付き合いください。
Commented by lionmidori at 2009-01-02 08:35
明けましておめでとうございます。
おせちもとても素敵です。そしてこのエビ!一体どうやったらこんなにきれいにからを残して背ワタがぬけるんでしょうか。ああ。

長々とコメントを書いている途中で何のキーを間違えて押したやら。消えてしまったので本日は簡単にご挨拶まで。準備の写真もどれも素敵です。遠くにあって思う日本のお正月、ああいいなあ。実家に帰ったとしたってkeikoさんのお宅のよなお正月ではないんですけどね。
Commented by kurashiki-keiko at 2009-01-02 17:22
lionmidori様、明けましておめでとうございます。
エビは、頭の付け根のところに竹串をさしてとると比較的簡単に背わたが取れますよ。
ご実家といえば、妹さんからお年賀状をいただきました。
旅行が楽しかったのでしょう、よかった。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< みんなでお正月 12月30日の家事 >>