孫娘が×××を

 今朝のこと、娘からの携帯メールで、孫がおまるでの×××をしたそうです。
2度目だとか。私がずっと前に贈っていたおまるです。d0031853_7564176.jpg
わが子のときは、1歳半くらいをめどに、夏場におしめをはずす練習をしていたと思うのですが、最近の子は2歳過ぎても紙おしめのせいか、平気で重くなったおしめを当てているのが多いようです。
 おしめの洗濯の苦労を知らない今の若い母親たちだから、急がないのでしょうね。
しかし、おしめはいまや石油化学製品。地球環境にやさしくない廃棄物。なるべく早く卒業させてもいいのでは・・・と思います。

 娘のときは、おしめをはずした夏、おしっこをすると下にジョーっともれるのが最初不思議そう。次には、「そうか、しゃがんでするんだ」と気付いて、お庭でしゃがんで用を足し、パンツはそのままだったのでびしょびしょ。・・・三度目の正直、「そうか、ぱんつをずらせばぬれないんだ」と気付き、パンツをずらして大成功。
 ・・・という段階があったことをいまだに感動を持って思い出します。・・うんちのほうは記憶にないのですけどね。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2005-06-11 07:58 | うれしかったこと | Comments(1)

Commented by yassy127 at 2005-06-11 21:02
若い母だった頃の思い出をよみがえらせていただきました。
おしめの洗濯から開放された時のうれしさ。今では懐かしく思えます。

<< 手塩にかけた苗から しないといけないこと、したいこと >>