尾道市瀬戸田町―たことかんきつ類と平山郁夫美術館


d0031853_5313925.jpg
今は尾道市に合併した、広島県瀬戸田町へ出かけました。
行程は約50km。高速料金は倉敷インターから福山西までが800円、しまなみ海道の瀬戸田までが650円(ETC利用)でした。

d0031853_604978.jpg
生口橋を渡ると、すぐ右手海岸沿いに行きます。

d0031853_613477.jpg八朔?のなっている並木もこの島らしい。この付近だけでしたが。

d0031853_623294.jpg耕三(こうさん)寺、西日光とも言うそうですが、私はまだ入った事はありません。
その門前あたりで昼食をするところを探し、・・・

d0031853_634847.jpg
d0031853_642035.jpgお店にはタコのメニューが一杯。

d0031853_653092.jpg店内はこんな感じ。

d0031853_661730.jpgタコの唐揚げ定食。真ん中あたりの青い小鉢は、タコの卵だそうです。その右の四角い小皿のはタルタルソース。

d0031853_67033.jpgお店外観。ちどり食堂。

d0031853_685556.jpg商店街を散策しました。昭和レトロな感じ。

d0031853_692298.jpgタコの干物や、カワハギロールなど、干物類が多い。

d0031853_11385329.jpg
お肉屋さんの隣のコロッケコーナー。やたらに黄色い紙が貼ってあると思ったら、テレビ番組に何度も取り上げられたそうで、沢口靖子さん、千堂あきほさんなどが来て番組ロケがあったそうな。

d0031853_610243.jpg
交流館はお休みでした。

d0031853_6104210.jpgなんだかいわくありげな大きなお屋敷がありました。

d0031853_6111429.jpg
                      見れば見るほど大きなお屋敷。

d0031853_6115434.jpg
郷土資料館があり、入場無料で、受付の女性(80歳近い?)がとても親切に町の成り立ちなどを説明してくださったので入ってみました。

d0031853_613353.jpg
入浜式と、流下式の塩田の流条架の模型。この町は製塩で栄えたそうで、先ほどのお屋敷もそれで栄えた家、そしてこの資料館はそこの倉庫だったそうです。

d0031853_8132894.jpg
d0031853_817398.jpg資料館からすぐ近くには海。江戸時代のものと思われる常夜燈と枝振りの良い松にカメラを向けると、そこは平山画伯がしまなみ海道スケッチをした場所でした。やっぱり目をとめるようないい風景ですね。

d0031853_1140586.jpg同じ道を帰ってきて、耕三寺に面したあたりのジェラート屋さん。
冬場なのにお客さんが多数。
寒そうだけど寄ってみると・・・

d0031853_11422724.jpg

ぜんざいの中にジェラートってどうなん?

d0031853_11581858.jpg
d0031853_11583117.jpg

と思いつつ珍しもの好きの野次馬根性で、夫と2人試食。
結果は、う~ん、ビミョー。

d0031853_11435337.jpgd0031853_1144127.jpg
d0031853_11443679.jpgやっぱりせっかくなので、平山郁夫美術館に入りました。
何度目かなのですが、ここまででだいぶ歩いたので、休憩がてらちょうど上映していた平山画伯の画業紹介のハイビジョンシアターに入り、しばらく見ました。
ここは郁夫少年の小学校の絵日記に始まり、中学時代の武者絵のすばらしく精密な模写まで、子供時代の「栴檀は双葉より芳し」と思える絵を拝見できるのも楽しみです。
 もちろん、父親が熱心な仏教徒でお寺に寄進をよくしていたという影響もあってか、シルクロード、仏教文化などの画業もすばらしいと思います。
フランスのレジオン・ドヌール勲章などももらわれていて展示されているのにはびっくりでした。

d0031853_11541561.jpg
せっかくなので、付近のみやげ物屋さんでかんきつ類を見ました。
レモンやら清美オレンジ、ポンカン、八朔、紅八朔など一杯。

d0031853_11552826.jpg
八朔10kg箱を2,500円(って安い?)で夫が購入。

d0031853_11571888.jpg
生口島橋を渡って帰りました、とさ。

(参考)瀬戸田町の観光マップはこちらhttp://www.city.onomichi.hiroshima.jp/kanko/map/map2.html
(この記事はいずれメールマガジン「weekly KURASHIKI週刊くらしきタウン情報」に連載中の「Keikoのお出かけ日記(313)」として掲載されます。バックナンバーはこちらからご覧になれます。)
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-01-26 05:33 | おでかけ | Comments(7)

Commented by miyakeoriibu at 2009-01-26 16:18
お二人での楽しいドライブ、お出かけですね。
西日光は高校2年のとき旅行で行ったきりです。
でも朱塗りの建物が印象に残っています。
平山郁夫のお父さんが熱心な仏教徒だった関係もあって、薬師寺の大きな壁画を描かれたのでしょうね。

お雑煮のお話、車のラジオで聞きました。
お忙しいのに色々とご活躍ですね。
私は最近はメモ程度の日記しか書かないので、少々いやかなりのボケになっているようです。
Commented by aturin88 at 2009-01-27 23:25
懐かしく拝見しました。
淡路から徳島を通ってしまなみ街道で帰るとき瀬戸田の美術館に
行きましたよ。 確か皇居にも大きな壁面があるとか・・・
ゆっくり散策は出来ませんでしたが、夫々の橋が綺麗で見事な
景色を堪能して帰宅しました。
Commented by うさこちゃん at 2009-01-28 07:38 x
おはようございます。平山郁夫の美術館は、3月の美術館めぐりで行く予定になっています。あらかじめ知ることができました。ありがとうございました。
Commented by kurashiki-keiko at 2009-01-28 10:00
miyakeoriibu様、ひさしぶりの長距離ドライブでした。
西日光には行かれた事があるのですね。
ラジオ、多分あまり誰も聞いてないだろうなと思っておりましたが、
聞かれました? 
Commented by kurashiki-keiko at 2009-01-28 10:01
aturin様、そうでしたか、淡路島からしまなみ海道を。
島の中を通る時間が長い分、あまり海が見えない期間も長くて
私は瀬戸大橋の雄大な景色のほうが好きですけど、
途中の島々にこうして美術館とか古い町並みがあるのは
いいですね。
Commented by kurashiki-keiko at 2009-01-28 10:04
うさこちゃん様、そうですか、3月に行かれるのですね。
平山画伯の大作はテレビだとか展覧会などでもお目にかかれるのですが、幼い日の絵日記なんかの絵からして、すでに画家の片鱗を現していて興味深く、これらをちゃんと保存していたお母さんもまさかこんな風に展示されるとは思っておられなかったのではと思います。
Commented by at 2009-02-21 11:56 x
私は今社会のお勉強で瀬戸田町のお勉強をしてるんですっ!
このページが参考になりましたっ☆
どーもありがとうございました。
また新しい瀬戸田町やかんきつ類観光船などのページもぜひ×②
ツくってみてくださいねっ☆
お待ちしております。

<< NHKの全国放送に出演?!のてんまつ 連凧、空に舞う!! >>