まだまだこれからよ―誕生祝い


d0031853_7424432.jpg娘婿の伯母が私と同い年で、四国・徳島の薬王寺にお札をもらいに行ったのに娘夫婦も同行したそうで、厄除けのありがたーいお札と携帯ストラップのプレゼント。お札の左は紅白の落雁が入っていました。

d0031853_7434676.jpgで、義妹が、誕生日は11月なのに「こういうことは節分までにするものなんだそうよ」というのでおばあちゃんと私達夫婦と一緒にささやかな食事会を企画してくれました。今年還暦を迎えますので。(内緒にしといてもらいたい)行きの車中でもおばあちゃんがものめずらしくてあちこち「あれは何?」などと聞いたりにぎやか。妹夫婦が若い頃に住んでいた借家は、新しくできた道路になってしまって跡形もなし。年月を感じます。 元気で笑って過ごそうね、とおばあちゃんに語りかけながら、・・・

d0031853_7451849.jpg
d0031853_7454279.jpg
d0031853_746373.jpgお店の場所を妹夫婦もあまりよく覚えてなくてしばらくうろうろした後にやっと。中国人の多い地区で、入り口はこんな感じ。いかにも中国~。

d0031853_7483679.jpg義妹から、趣味のビーズで、珊瑚入りのネックレスのプレゼント。

d0031853_7494652.jpgd0031853_750241.jpg
d0031853_7501954.jpgd0031853_7503376.jpg
d0031853_7505597.jpgd0031853_751941.jpg
d0031853_7513269.jpgd0031853_7514945.jpg
d0031853_7521117.jpgd0031853_7523031.jpg
d0031853_7525564.jpgd0031853_7531087.jpg
店員すべて多分中国人で、日本語は余りよく話せません。メニューの写真の番号で伝えます。すべてとても安いので、1皿ずつをみんなでつつき、あと写真に撮り忘れたのがチャーハンとご飯、ご飯も1杯だけを取ってみんなで少しずつ取り分け。1人1皿取ったのはデザートだけでした。お酒を飲んだのは義妹の婿が焼酎水割りのみ。そして・・・支払いはおばあちゃん。なんと5人分だったのに1万円でおつりが来ました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-02-08 07:55 | おでかけ | Comments(2)

Commented by miyakeoriibu at 2009-02-08 20:50
還暦を迎えられたのですね。おめでとうございます。
我が家でも夫の時は一日かけて日和佐の薬王寺にお参りしました。
そのとき、「わざわざ倉敷から来られなくても、倉敷には由加蓮台寺があるでしょう、そちらが本家本元ですよ。」と言われてからは、由加にお参りするようにしています。
今年は、愚息の厄年だったので蓮台寺で厄除けをしていただきました。
Commented by kurashiki-keiko at 2009-02-09 17:41
miyakeoriibu様、恐れ入ります。一周してこれからですね。
薬王寺の本家が由加蓮台寺とは全然知らなかったです。
教えていただいてありがとうございます。
弟の時には教えてやろうと思います。

<< お雑煮はいかが? 1円玉? >>