結婚記念日だったので


d0031853_4282980.jpg実は2月10日が結婚記念日だったのに、日中は友の会の委員会で、夜は合唱団の練習に出かけていてすっかり忘れていました。(普通は奥さんのほうはちゃんと覚えていてだんな様のほうが忘れると言うパターンが多いのに)
はっと気付くと翌11日だったので、1日遅れのお祝い。友の会で習った赤飯はとてもうまくできました。小豆の煮汁を煮立てて分量のもち米を入れて混ぜ、あらかじめ色つきの煮汁を吸わせてから、小豆と一緒に蒸します。私は蒸し器を持ってないので、蒸し布巾だけ利用して今回は3合分を無水鍋で蒸しました。
あとは茶碗蒸し(百合根もなかったし、銀杏は殻つきで面倒だったので買わず、エビとしいたけとかまぼこと三つ葉のみ)、菜の花のお浸し、ブリ大根、お刺身、漬物。我が家のほぼ定番メニューで代わり映えしませんが赤飯だけがお祝いと言う感じです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-02-12 04:34 | 料理 | Comments(5)

Commented by yassy127 at 2009-02-12 07:00
お誕生日おめでとうございました。
忘れて過ぎる日というのはきっとこれまでが平穏だったからでしょう。
おいしそうな祝い膳でご家族の祝福をお受けになっているご様子を想像しています。
Commented by yoas23 at 2009-02-12 07:40
本当に美味しそうな赤飯ですね。
柔らかさもちょうど良いようで・・・
昔は赤飯も餅もあまり好きでは無かったのですが、
最近は買ってでも食べたくなりました。
歳によって嗜好も変わってゆくものなのですね。
Commented by kurashiki-keiko at 2009-02-12 10:39
yassy様、いきなり間違えて・・・いえいいんです。結婚記念日でした。おばあちゃんも、「そうか、紀元節の前の日じゃったかなあ・・・(遠い目)」という事でした。岡山カトリック教会の今はもう建て替えられて無くなった建物で、ウエディングドレスの緊張と寒さで震えましたっけ。・・・
Commented by kurashiki-keiko at 2009-02-12 10:40
yoas様、小豆がちょっと煮過ぎ・・・ぜんざいの加減が頭にあったものですから・・・ですが、もち米がふっくらできて大満足でした。
ほんと、歳によって嗜好が変わってきますね。
Commented by miyakeoriibu at 2009-02-12 23:10
結婚記念日おめでとうございます。
お孫さんも大きくなられているところから計算すると・・・・・・。
我が家では、結婚記念日には二人でご馳走を食べに行っていましたが、若い人たちと一緒になってからは、それも中止。
というわけで昨年は特に何もしませんでした。

<< 脂を控えた鶏の夕食 自転車に乗れるよ! >>