脂を控えた鶏の夕食


d0031853_15291597.jpg
買い物をするときは大体の献立を考えて買うのですが、天候とか他の素材、前の日との関係などで変化します。
 この日も、最初は息子の喜ぶ唐揚げにしようかと思っていたのですが、結果的には夫(と私)の体重増加を抑えるために、『1200kcalからの献立集 健康な食事朝・昼・晩』という辻学園出版事業部版の本の「鶏肉の照り焼きの夕食」というのを見て作りました。
 本では鶏の胸肉をみりん、酒、しょう油で下味をつけておいてグリルで焼く、とあったのですが、買ってあったのはモモ肉。焼き網の下に脂がたっぷりと落ちていました。焼いた後でフライパンでつけ汁を煮詰めて鶏肉をからめます。
 付け合せのカリフラワーは娘のところのお舅さんが家庭菜園で作ったもの。本では茹でた人参とオランダさやエンドウでした。
 献立例では煮物はひじきだったのですが、ひじきを切らしていたので友の会で買ったすきこぶを使いました。味噌汁も本にはなかったのを追加したので、むね肉を使い味噌汁なしでは365kcalだったそうですがちょっと多くなりました。
 ちなみに写真は遅れて帰る息子の分で、夫の分はこれよりお肉少なめでした。
 奥のほうにある大根の漬物は、我が家の畑で取れた大根4kgを、友の会の人に教わって塩、砂糖、酢などを使って漬けたものですが、配合がその人が何度もして決めたというだけあって、とてもおいしかったです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-02-13 15:41 | 料理 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 2人の母に学ぶ 結婚記念日だったので >>