台湾へお葬式に


d0031853_9502033.jpg夫が2003年11月に台湾、2006年5月に中国の東莞に仕事のことで行ったときにお世話になっていた、日台混血のKさんが亡くなりました。当時私も同行し、観光地の日月潭へ案内していただいたり、言葉がわからない私たちのために食事に連れて行ってくれたりしてお世話になりました。写真は2003年11月に、娘さんと奥さんと共に夕食をご馳走になったときのものです。
 機械メーカーの社長なのに、飾らない人柄で、いつもゴムぞうりで歩いていました。腎臓が悪くてもう20年以上透析を受けていて、その病院では一番長いんだと言っておられました。そのために顔色が以前はもっと白かったのに黒くなったのだそうです。
 明日から2泊3日で夫がお葬式に参列する事になりました。台中市です。
 台湾では亡くなってもすぐにはお葬式をせず、知り合いがお別れをする日数を経てからするのだとか。わからない事だらけですが、インターネットのおかげで少しは調べる事ができて幸いでした。なるべく向こうの習慣を学んで粗相のないように列席してもらおうと思います。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-02-17 09:56 | 日常 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< お葬式続きで 子育てを教わった「幼児生活団」 >>