いかなごの釘煮を作りました


d0031853_66214.jpg土曜日午後でしたが、スーパーで透明なイカナゴを見かけ、先日から作ってみたかったので即購入。早速・・・

d0031853_67928.jpgざるにあけて洗いました。けっこう水が灰色になりました。1kgです。

d0031853_674282.jpg鍋に煮汁を作りました。ざらめは買ってなかったので、うちにあった三温糖です。
しょう油200cc、砂糖(ざらめがよいそうです)230g、酒50cc、みりん150cc、しょうが50g(20g~)

d0031853_684674.jpg煮汁を煮立たせてからイカナゴを入れ、イカナゴの間に煮汁が均等に回るように軽く混ぜ、落とし蓋をして強火で吹きこぼれない程度に泡がまんべんなくかぶるくらいにして煮る。
泡が静まりイカナゴの間に小さな泡が出るくらいになったら、中火の弱くらいにして落し蓋をとり煮詰めていく。

煮ているときに決して箸などでかき混ぜない事。イカナゴが崩れます。

d0031853_6133775.jpg煮汁が少し残っているくらいで火を止めます。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-03-09 06:14 | 日常 | Comments(4)

Commented by yassy127 at 2009-03-09 06:45
おいしそうに出来上がりましたね。
最近このあたりでも生のイカナゴがかえるようになりましたね。
Commented by kurashiki-keiko at 2009-03-09 08:47
yassy様、そうなんです。以前は西宮の友達に私の手作り味噌を送り、お返しに彼女からイカナゴの釘煮、と言うのが定番でした。
こっちでも新鮮なイカナゴが売られるようになったので作ってみたかったのです。
Commented by yochy-1962 at 2009-03-11 00:46
最初「イナゴ」と読んでしまって、へーそんなのも売ってるんだと思ってしまいましたが、イカナゴ、なのですね。って、イカナゴって知らないんだけど(苦笑)。桜海老みたいな感じ?
出来上がりはおいしそう。日本酒に合いそうではありませんか?
Commented by kurashiki-keiko at 2009-03-11 03:57
yochy様、イカナゴはちりめんじゃこみたいな小魚です。もっと大きいのも売っていますがそちらは指くらいの細長いもの。これは煮たものがさびた釘みたいに見えるので釘煮というのでしょう。酒の肴にもよし、ご飯の友に最適です。兵庫県の家島諸島あたりで取れるのでしょう、神戸あたりでは昔から有名で取れたてを買ってきてすぐ煮るようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ドームハウス訪問の手土産に「ア... 娘一家と孫のベッドを買いに >>