道後温泉へETC割引を使って・・・


d0031853_2175199.jpg
ETC割引で瀬戸大橋の通行料金が土日に限り1,000円に。
このチャンスを使わない手はない、というので、四国松山の道後温泉へ入りに行こう、と夫が思い立ち、鶴の一声?で出かけることにしました。3月21日は、前日の強風も収まり、いいお天気、ほぼ無風のうちに橋を渡ることが出来ました。

d0031853_2193646.jpg
朝の瀬戸内海はきらきら光ってきれいでした。

d0031853_220460.jpgd0031853_2201676.jpg
石鎚山サービスエリアに咲いていた桜?

d0031853_2205384.jpgおいしそうなかんきつ類があったので、デコポンを5個300円で。デコポンは中の皮が柔らかくて袋の皮ごと食べられて甘くておいしいので。

d0031853_2234531.jpgd0031853_2235991.jpg
松山インターで3,300円。瀬戸大橋は1,000円でも松山道が長かったせい?

d0031853_2245771.jpg
道後に着きました~。お昼前です。

d0031853_249268.jpg
「千と千尋の神隠し」のアニメのモデルとなったらしい、重要文化財の道後温泉本館です。今から110年ほど前の明治27年に建てられた木造三層楼。完成の翌年に松山中学に夏目漱石が赴任してきたそうです。





d0031853_2291162.jpg正面玄関は観光スポットで、記念撮影の人多数。ほんとに風格があります。

d0031853_230293.jpg浴衣とタオルの入浴セットのレンタルと2階の休憩室が使えたり天目台に乗ったお茶とお煎餅がいただけるコース「霊(たま)の湯」だと大人1,200円、それに3階個室が使えるのだと大人1,500円、「神の湯二階席」だと浴衣と二階大広間での休憩つきで大人800円、私達は一番お安い「神の湯階下」で大人400円、タオルはレンタルだと60円でしたが、記念に持ち帰る買取のほうで210円。

d0031853_236319.jpg受付左手の廊下の右手が女湯、左手が男湯。トイレは浴室脱衣室にもありますが、正面ずーっと奥にあり。

d0031853_237636.jpg
「神の湯」はこんな感じの庵治石の浴槽で、真ん中にこの温泉の由来となった「大国主命が重病の少彦名命(すくなひこのみこと)を入浴させたところ快癒し、玉の石の上で舞った」という伝説にちなんで2体の石像がありました。30人くらいの人が入っていて、蛇口もほぼ一杯。手馴れた様子で紐のついたたわしで背中をこすっているおばあさんあり、グループではしゃぐ若い人あり。
出掛けに脱衣室で地元の人らしいおばあさんの話によると、今日は砥部焼き祭と温泉祭が重なっていてこれまでにない人出なのだそうでした。

d0031853_2431710.jpg
廊下にはこれまで何度も映画化された「坊ちゃん」のロケ風景の写真。

d0031853_2441347.jpg
私は昔映画館で坂本九ちゃん主演のものを見たことがありました。

d0031853_2451933.jpg狭くて急な階段を昇った3階に「坊ちゃんの間」と呼ばれている、漱石お気に入りの部屋があります。

d0031853_255257.jpg漱石の写真などが飾ってある6畳間くらいの部屋。

d0031853_2571136.jpg窓辺はこんな風にずらりと個室が並んでいますが、この部屋は正面が見下ろせる角部屋で、一番いい部屋です。

d0031853_2582011.jpg

坊ちゃんの間から正面玄関を見下ろしたところ。

d0031853_2585644.jpg

ほかの個室のしつらえ。

d0031853_25948100.jpg

商店街を歩いてみました。

d0031853_301673.jpg

松山名産の「姫だるま」。

d0031853_305334.jpg

温泉本館よりは値段が安くて地元の人はこちらへ入る、という「椿湯」。

d0031853_333090.jpg

本館のほうへ戻ると、結婚式のお2人がいました。親類や友人の人が取り巻いて記念撮影。

d0031853_344357.jpg

お昼は、その近くの「おいでん家(か)」
●電話:089-931-6161●営業時間:11時30分~14時(13時45分LO)、17時30分~23時(22時LO)●定休日:無休●アクセス:伊予鉄道道後温泉駅から徒歩5分●駐車場:なし(周辺の有料駐車場を利用)●松山市道後湯之町13-23

d0031853_36975.jpg「三津の朝市日替わり定食」@1,100円。この日はメインがお刺身かブリのカマの塩焼きから選べて、お汁が味噌汁とうどんから選べました。私達はお刺身と味噌汁を。奴のお豆腐にちりめんじゃこ。そういえば、松山近郊の正木のじゃこが一番おいしいと料理研究家の坂本廣子先生がどこかで書いていらっしゃいました。

d0031853_393769.jpg

坊ちゃん列車の道後駅です。

d0031853_322458.jpg

列車が到着~。

d0031853_3233876.jpg帰りは今治からしまなみ海道を利用する事にしました。西に海が見えるこちらのコースもまたよかったです。

d0031853_324463.jpgd0031853_325379.jpg
    このあたり、瓦の産地らしかった・・・。

d0031853_329554.jpg


d0031853_3303425.jpgd0031853_3304722.jpg
瀬戸大橋は鉄道、自動車併用の2階建ての橋ですが、こちらしまなみ海道は、横に歩道がついているので、自転車やウオーキングの人も季節柄通っていて、のどかな感じでした。

d0031853_3332412.jpg色々なタイプの橋を渡っていきます。

d0031853_3343866.jpg帰途のコースのほぼ中間点の瀬戸田サービスエリアで買ったお煎餅を食べながら・・・

d0031853_3352930.jpg因島大橋へ?

d0031853_3364019.jpg
もうすぐ本州です。

d0031853_3372680.jpgしまなみ海道、ETC割引で1,000円。

d0031853_3404182.jpg岡山県へ~。桃の写真、本来なら白桃がいいと思うのです。
・・・で、行きの料金は3,300円、帰りのコースの料金は1,800円。松山道の分が高かったのか?距離はそんなにちがわないと思っていたのでしたが。
1日の走行距離約360km。夫婦で交代しての運転で行ってきました。
道後温泉物語 http://www.dogo.or.jp/
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-03-22 02:46 | おでかけ | Comments(2)

Commented by 3reiko3 at 2009-04-03 00:02
道後温泉には、「高速道路が1000円になったら行こう!」とずっと前から言っているのですが、さて、実行するのはいつになるやら(^^;;;;
思い立ったらすぐに行動!のkeikoさんご夫婦を見習わなければ。
Commented by kurashiki-keiko at 2009-04-04 21:50
reiko様、うちは夫がとにかくどこかへ行きたがり屋さんで、私はしぶしぶついて行ってそのかわりにブログとメルマガの取材を兼ねているというわけです。本当は私、出不精なんですよ。

<< 家族新聞「あじさい通信」143... お昼がお寿司だと・・・・夕食に... >>