ロッカーを片付けて

 玄関脇に作ってある間口30cmほどのロッカーをちょっとしたきっかけがあって片付けました。片付けの本によると、片付けのコツはたくさんの場所を広げないで、1箇所ずつ、少しずつ出して片付けるのがコツなんだそうですが、たまたま今日は期せずしてそのロッカーの片付けに取り掛かりました。
出るわ出るわ、はっきり言ってゴミっぽいもの多数。・・・・
いかにそういう片付け物をこれまでないがしろにしてきたかよーくわかる代物。
たとえば、子供たちがまた小学生!のころ、家族で出かけていたときのおそろいだった帽子の夫と私の。
長男と次男の剣道の竹刀。d0031853_1317160.gif
夫がずっと前ジムに通っていたころの着替えやらジムのウエアや靴。
私がもう7年くらい前まで通っていた水中ウオーキングの水着やバスタオルの入った袋。
などなど。ソックスなどは口のゴムがすっかりバリバリ言うので、捨てました。トレーニングウエアだって、日進月歩、汗をすぐ乾燥させるような素材が今は出ているようなので、分厚いウエットスーツなんて。
それに、なんと、TSUTAYAで借りてきたCDやDVDが入ったバッグが2つ。
これ、誰が、いつ借りたものやら。長男と次男に急いで携帯写メールを連名で送ると、長男から「次男に聞いてくれ」とすぐ返信。次男からは「そこにあったのが問題だ」
私「誰が入れたか、ではなくてあるのだからすぐ返しなさい!」
・・・
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-03-26 13:19 | 日常 | Comments(4)

Commented by saheizi-inokori at 2009-03-27 15:27
家中にあるそういうもののことを考えただけで憂鬱になります。
それでやってきたんだから、大したことじゃないのかもしれないけれど。
Commented by lanova at 2009-03-28 14:30
ははは、久しぶりにお邪魔して笑わせていただきました。そういえば学校の図書館の本なんかもポロリと出てきますよね。またよろしくお願いします。
Commented by kurashiki-keiko at 2009-03-28 16:20
sahiizi-inokori様、お宅も同じような場所がおありになるようで。
そうなんです。開いてびっくり玉手箱、ではなくてパンドラの箱でしょうか。
Commented by kurashiki-keiko at 2009-03-28 16:21
lanova様、学校の図書だと無料で返せるので大丈夫なんですが、こっちは延滞金を数万円取られそうなので、それともう「処理されてる」と次男が言うので、ほっかむりしておこうかなと・・・ごめんなさい、TSUTAYA様。

<< 「子どもレストランへようこそ」 文旦を頂いて >>