西表島へ その1

2009年3月29日(日)、朝9時35分ごろ、岡山空港から那覇に向けて出発。岡山はこのとき冬の名残の寒さで、那覇は約22℃とのこと。那覇までは約2時間、11時40分頃の到着、乗り継ぎ時間が30分ほどだったのでお弁当を購入、すぐに石垣行きに乗り換え。約1時間後の13時20分ごろ石垣空港に到着。タクシーで石垣離島航路の港へ。ここからは高速船で西表島の北にある上原港へ行くはずだったのでしたが・・・この日は午前中だけ出たものの、風が強くて欠航とのこと。島の南側にある大原港へ行き、そこから迎えのバスでホテルまで行くように、とのこと。

d0031853_4255943.jpg 船を待つ間に島豆腐プリンというのを売っていたので珍しいもの好き、買って食べてみました。味はお豆腐、滑らかさがプリンというもので、たいしたことはなかったけど、まあ軽いおやつ。

d0031853_4262899.jpg 石垣から西表への高速船は、風を受けてかなり揺れましたが、その波間を縫ってすごい音を立てながら切るように進んでゆきました。

d0031853_4265881.jpg行きかう船もすごい波しぶきを上げながらどっどっと進んでいました。左手に黒島などの離島の影が見えました。

d0031853_4272754.jpg曇り空の西表島の大原港へ到着。この日は大雨だったとか。止まっているマイクロバスに乗るようにと指示がありました。方面別に船からのお客が乗り込み、ポリシートで厳重に包まれた荷物が通路に次々に運び込まれました。運転手席のすぐ後ろに座っていた私たちと、通路左の青年の間にはどんどん荷物の山が出来、運転手さんは座れるの?と思ったら右手ドアから入り、荷物を整理していざ出発。迎えのマイクロバスは島外からの荷物を運ぶ宅配便の役割も果たしているのでした。
 港からすぐの坂道を上がったところの交差点に信号があり、以前島巡りツアーで来たときに「西表島で唯一つの信号」と聞いていたね、と夫と話していると、先ほど荷物に埋もれそうになっていた通路を隔てた青年が、「もう一箇所あります、このあたりは以前は海だったのが陸になったんです」と話してきました。
 「地元の方ですか?」と聞くと、名古屋から移住してきて8年目だとのこと。おかげでこのあたりのガイドもしてもらえました。北側の上原港は、冬の季節風が強くて冬場は欠航することが多く、この日は朝だけ就航したとのこと。このあたりで取れる手のひらを合わせたくらい大きい巨大しじみの話とか、ヤシガニの話。ヤシガニははさみが強くてはさまれると指がちぎれるくらいらしい。

d0031853_4302379.jpg窓の風景を見ていると、はるかかなたまで泥の海、岸辺が遠い。後で聞くと、この日は大潮なのと旧暦3月3日で、海に出る特別な日だったらしく、浜に下りて潮干狩りをする人の姿がありました。

d0031853_4303791.jpgまた、水田はもう田植えが終わって早苗が風に揺れており、広々とした牧草地には黒毛和牛が放牧されているのを見ました。これが石垣に行くと石垣牛になるらしい。

d0031853_4344340.jpg
それから山道に差し掛かると、いくつもいくつも山猫に注意、の看板があり、その青年に「山猫を見たことがありますか?」と聞くと「はい。親子連れを見ました」というので、びっくり。8年もいると1度くらいは見られるものらしいです。通る道には人家というものが全くなく、ふと「路線バスなんてないんだろうな」というと、「ありますよ、何台か走っていますけど、夕方5時ごろが終バスなんです」とのこと。

d0031853_436587.jpg
 北側の上原港の辺りで何人か降り、青年も降りたので「元気でな」と夫が声をかけました。
 それからしばらくして午後4時過ぎごろにやっとホテル到着。朝からずっと乗り物に乗り通し。しかーし、4時半には申し込みしていた「星砂の浜&地域散策ガイドツアー」というホテルからのツアーが出るのでした。
 部屋へ荷物だけ置いて、ロビーへ行くと、そこにはすでに2組のリタイヤ組と思われる夫婦がいて、6人でマイクロバスで案内されました。

d0031853_4353534.jpg
途中の道はたくさんの広いパイナップル畑。とがった葉の先には小さなパイナップルが出来ていました。ここのパイナップルはとても甘くておいしいそうですが、観光客が買って帰るくらいであまり流通はしてないようでした。5月末くらいに出来るというので、予約して帰ることにしました。

d0031853_4402227.jpg
星砂の浜というのは、でこぼこの岩場に砂浜も混じった遠浅の海で、案内の人が探し方を教えてくれました。

d0031853_4405593.jpgd0031853_4441971.jpg
手のひらに砂をつけてじっと見ると、いくつかあるというもの。プランクトンのかけらなので、浜でも波打ち際に近いところでないと見つからないそうでした。

d0031853_441406.jpg
「さんご礁の彼方」といいますが、外海は船が欠航するくらいとあって、強い風に白い波頭が立って海鳴りがとどろいていました。

d0031853_4421725.jpgそんな中を、島アザミだとか、

d0031853_4503161.jpgd0031853_4504884.jpg
海中の青いお魚だとか(名前を失念)小さなヤドカリが動くのを見せてもらい、また「クロネコの宅急便で来たら、島では「やまねこ」になるんですよ、とのこと、島の宅配業者はイリオモテヤマネコにちなんでやまねこ便というそうでした。また、島には琉球いのししというのがいて、どんぐりを食べているので美味、刺身が美味しいとのこと。
 途中、島の北側のほうの島影を見て、「あそこは無人島ですが、一人住んでいる人がいます」とのこと、テレビで見たことがある、裸で暮すおじいさんがいるらしい。

d0031853_4535684.jpg 「ここはバナナは取れないの?」と聞くと、「出来ますよ、島バナナが。ホテルの庭にもなっています」とのこと、帰着してからその場所を教えてもらったら、中庭に2本だけ、小さいのが実をつけていましたが、まだ真っ青でした。
 ツアーが終わって帰ると6時ごろ。

d0031853_457318.jpgd0031853_4571788.jpg
ホテルのそばの浜に出てみると、不思議なものを見ました。細長くて、中には砂に突き立っているものも。売店の人に聞くと、マングローブを形成する植物、オヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギ?のどれかの種だそうでした。夕食は、前菜は地元産のもずくやら色々、お刺身には地元産のミミザー、島アワビがマグロなどに混じって盛り付けられ、沖縄料理のラフテー(豚三枚肉の煮込み)がついたり、地元の魚の煮付けなど。疲れたので8時半ごろにはもう寝ました。こうして西表島の1日目は終わりました。

この記事はメールマガジン「Weekly KURASHIKI 週刊くらしきタウン情報」
に連載中の「keikoのお出かけ日記(317)西表島 その1」と言う記事になっています。
メールマガジン受信の手続きはまぐまぐのこちらhttp://www.mag2.com/m/0000002334.htmlへどうぞ。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-04-02 04:58 | おでかけ | Comments(12)

Commented by saheizi-inokori at 2009-04-02 10:38
石垣から竹富までは行くのですがちょっと遠くて行きそびれています。続報を楽しみにしています。
Commented by yoas23 at 2009-04-02 18:01
ここのところご無沙汰ですが、西表にはもう何度も行きました。
それほどに興味のある島ですね。
ヤシガニはもちろん大きなシジミも獲りました。
しかしサガリバナはまだ一度も見たことが無いのですよ。
島に信号機は2箇所、大原と船浦から上原の途中で90度に曲がる所でしたね。
夏には道端の無人市場で美味しいパインが安く売られています。
また行ってみたくなりました。
続報を楽しみにしています。
Commented by at 2009-04-02 18:01 x
おかえりなさ~い!
上原港はしょっちゅう欠航すると夫が言うので、私たちも大原港からレンタカーで出発しましたよ。
星砂の浜、昔はザクザクとれたそうですね。
ブルーの熱帯魚はコバルトスズメかな~
2日目楽しみです、いよいよですね♪
Commented by miyakeoriibu at 2009-04-02 23:19
お疲れのところ早速旅日記、楽しく読ませていただきました。
”旅は道連れ”といいますが、いい方と出会われて良かったですね。
行ったことのない所ですので楽しく見たり読んだりさせていただきました。
次の日を楽しみにしています。
Commented by aturin88 at 2009-04-04 01:05
西表島の辺り 大変のようですね。
外国からの漂流物が多いと 先日新聞に出ていました。
何時までも綺麗な海で残しておきたいですね。
Commented by kurashiki-keiko at 2009-04-04 13:50
saheizi-inokori様、続報が忙しくてなかなか書けなくて。又お読みくださいね。
Commented by kurashiki-keiko at 2009-04-04 13:54
yoas様、巨大シジミも取られたのですか。すごい体験ですね。
2つある信号機のうちの一つは小学生の教育用だそうですね。めったに交通事故もありっこない島です。
パインは収穫前だったので、予約して帰りました。小さいけど甘いそうなので楽しみです。
Commented by kurashiki-keiko at 2009-04-04 13:55
藍様、おかげさまで私達も行く事が出来ました。今回は車を借りずにホテルの送迎と路線バス利用でしたが、オプショナルツアーで十分楽しむ事が出来ました。
Commented by kurashiki-keiko at 2009-04-04 13:56
miyakeoriibu様、本当に、旅は道連れです。この2組のご夫婦とはとても楽しく過ごさせてもらいました。
Commented by kurashiki-keiko at 2009-04-04 13:57
aturin様、私達が行った浜辺にはそれほど漂着物はなかったのですよ。海流の加減で流れ着く浜もあるのでしょうね。
Commented by myobento at 2009-04-04 21:58
一日目なのにこの充実ぶり!
二日目が楽しみです。二日目がジャングルツアーなんですよね~。
Commented by kurashiki-keiko at 2009-04-05 12:18
myobento様、石垣にいらしたときの楽しそうな様子を見て、わたし達もあんな経験がしてみたいと願っていたら叶いました。
2日目が一番よくて、後は尻すぼまり。。。でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< マリュドゥの滝&カンピレーの滝... 空港にて >>