西表島のパイナップルが届いて


d0031853_246383.jpg3月に西表島へ行ったとき、夫は石垣島で土産にマンゴーだのパイナップルだのを買うつもりでいたら、さすがに南国とはいえその時期には何も無くて、5月に収穫したら送ってもらうという予約をして帰ったのでした。
 西表島のパイナップルは市場にはほとんど出回らないそうですが、小玉で甘いので観光客には人気だとか。

d0031853_2485257.jpgなるほど、普通の市販のに比べると二回りくらい小さい。1個を朝食に試食してみたら、中身は約300g、りんご1個分くらい、パインアップルだからなあ。でも言われたようにとても甘かった。
 で、いつものように娘や息子に分ける?と夫に言うと、夫は「いつも子供らはもらってもうんともすんとも言わずにオレにも会わずにさっさと帰ってしまう」のがご不満の様子。つまりは、お土産をえさに子供に会いたいというのが本音だと判明。あー、男親ってそんなものなのか、とちょっと納得したり、自分のしつけの悪さを反省したり。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-05-23 02:54 | 日常 | Comments(2)

Commented by miyakeoriibu at 2009-05-23 15:04
丁度二人で食べるのにはいい加減の大きさのパイナップルなんですね。とっても美味しそうです。
北海道でも予約していたら、時期が来たらメロンがちゃんと送られてきました。
こういうのいいですね。
Commented by kurashiki-keiko at 2009-05-24 03:55
miyakeoriibu様、送料が相当かかって値段に上積み、というので高いものにつきましたが、こちらでは手に入らないものなので。味はとても甘かったです。北海道のメロンもまた予約購入なさったのですね。時期に旅行できない事もありますから便利ですね。

<< 家族新聞「あじさい通信145号... 2円の不明金 >>