梅ジュース


d0031853_1772319.jpg今朝はゴミステーションの鍵開け当番だったので、それも兼ねて早起き。4時半、外は薄明るい中をゴミを持って行って小屋の鍵を開け、ある貼り紙を小屋についている掲示板に貼り付けてきました。
 それからこの梅ジュースを作りました。この容器に注目かも? 例年の果実酒とか梅ジュースとかラッキョウとか、ここ8,9年分のラベルを取らずにずらっと並べていて、何年にどんな成分のを作ったかが残っているのです。ノートにつけてもどこへやったか覚えられないので苦肉の策、これなら絶対みるから。
 ところで、このところ梅ジュースははちみつで作っていたことが判明。氷砂糖を買ってから気付いたって遅い。それに発酵止めにつかうお酢だって、昨年は凝ってもろみ酢なんて使っていたし。何のためにラベルを残しているんだか>私。 

 ゴミステーションの事ですが、前回ゴミを捨てに行くと、「仕事の関係で、ゴミステーションの鍵を開けるのを前夜8時ぐらいにしてもらえませんか」という貼り紙が掲示板に貼り付けてあったのでした。ここらへんは病院も多く、独身の看護師さんということもありうるし、そうなら深夜勤務だったら、勤務から帰宅したらゴミの収集が終わっている事も考えられ、朝6時半にあける決まりの町内会の規約だとゴミが出せませんから、私も考えてしまいました。
 で、町内の人に相談したら、「前夜8時は早すぎる、せめて11時過ぎならともかく、通りがかりの人の不法投棄を助長する」と言われ、仕方なく、「町内会の規約で朝6時半にあけるというのが規則なので、お困りのようでしたら、今月の鍵開け当番の○○(我が家)までご相談下さい。と書いて、電話番号を書いた紙を同じようにして貼り付けておきました。

 お掃除に行って見ると、その貼り紙はすでにはがされていました。以前の張り紙の主の仕業ならよいのですがその後何の反応もありません。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-06-05 17:17 | 料理 | Comments(2)

Commented by 3reiko3 at 2009-06-07 20:47
私の団地では、ゴミステーションに鍵もかけませんし資源ゴミの立ち当番も1年で終了としました。
他地区の人があまり通ることがないからできることなのかもしれませんね。
聞くと、各地区ではゴミ当番に皆さん苦労されているようです。
ひとりひとりがルールを守ればゴミ出しや当番に悩むこともなくなるのに、残念なことです。

この容器で梅ジュース作りの歴史が語れますね(*^。^*)
Commented by kurashiki-keiko at 2009-06-09 02:04
reiko様、お宅のように本当はゴミ小屋に張り番が立つなんて不要だと思うのですが、町内会での決め事だということと、やはりうちのほうは通りがかりに捨てていく不心得物が時々いるのでしょう、残念ですが。
梅ジュース、白いビニールテープのラベルが物語る歴史です。

<< 松江に行ってきました 基本です、時間しらべも保存が大切! >>