我が家の食事診断されて

 2ヶ月に一度、夫の病院受診について行きます。
行くと血液検査や尿検査があり、その結果を受けて循環器内科など3科を受診し、最後に栄養士さんによる栄養指導があります。食事担当の私としては、栄養知識のほとんどないに等しい夫に活を入れてもらうことと、私の食事作りがこれでいいのかどうかを見てもらいたいので、前日に「PhotoScape」の印刷モードでこれまでの食事内容の写真をプリントして持って行きます。
 栄養士さんによると、普段会社の管理職などの人は、他人からしかられることがほとんどないので、ここでガツンと言われると逆に新鮮な様子で、もっとしかってほしいくらい、と言われる人もいるのだとか。わが夫も、間違った栄養知識をここで正されたり、体重が増えるのは間食のせいだとか色々と言われて頭をかいたりかしこまったりしています。
 
写真、今回は、前日と前々日が北海道みやげのカニとうに丼・・・上のほうが最近で、下のほうが古くなっています。

d0031853_17103083.jpg

d0031853_17104664.jpg

・・・「お魚が多いですね」と言いながらざっと栄養計算をしてくださいました。
それから、こういうときには何処を見るかと言うと、野菜の料理が多いかどうかを見るそうです。肉や魚はそれほど手間でもないけれど、野菜の料理には手間がかかるからだそうです。
 幸い夫も、会社ででるお茶菓子などを食べないようにしたことと、夕食のご飯の分量を100gくらい(ご飯茶碗半分)に減らしたためか、ベルトの穴2つ分くらいウエストが引っ込んだそうで、「良」の判定、私のご飯は「優」の評価をいただきました。万歳!。
おかずの量は多いかもしれないけれど野菜が多いのと、ご飯を控えているのでつじつまが合っているのかな。
それほど凝った料理はないし、どちらかと言うとマンネリの品も多いのですが、普段のおかずの積み重ね、です。

 話は横にそれますが、昨年結婚した長男、お嫁さんに、「筑前煮が食べたい」とか、「さばの味噌煮が食べたい」とかリクエストをだすそうで、彼女、一生懸命それに答えて作っているそうです。そのお料理たるや、やっぱり私がこれまで食べさせてきた物なわけで、それを思うと、何を子供たちに食べさせて大きくするかって、あとでこんなところに出るのだなあと思いました。そういえばその前はよく生活団の頃におやつとしたり夏場のお弁当代わりに作っていった「中華ちまき」をリクエストしたそうで、『幼児の四回食』の本からお嫁さんに教えたこともありましたっけ。
 若いお母さん方、どうか食事作りをがんばって、成人病(おっと、今は生活習慣病でした)に家族をしないためにも、栄養のバランスのある献立を励んでもらいたいと思います。
 
[PR]

by kurashiki-keiko | 2009-07-09 17:22 | うれしかったこと | Comments(3)

Commented by ひろっち at 2009-07-10 23:48 x
昨日は暖かい励ましの言葉をいただきありがとうございました。

今、我が家には団からお預かりした例の鳥が滞在中で、わずか4才の息子が毎朝20分以上もかけてフンの始末からお風呂の掃除、餌やりまで一人でやります。とても親ではここまで教えることはできません。こどもの力を信じて、こころに訴える教育なのだとつくづく思います。

今日の食事診断の記事からは友の会・団で教えていただいていることは将来このようになるという嬉しい希望をいただけました。
実はkeiko さんが栄養家計簿を付けておられることにあこがれ、そのパソコン版を作成し、友社の家計簿と並行して今年1月から付けております。自分の食生活が成績表のように数字でハッキリと見せつけられ、これ以上の刺激はありません。買い物後、計量しながら冷蔵庫に入れるのは正直面倒ですが(何度も挫折しかかりました(笑))毎月の集計を楽しみに今まで半年続いています。
少ない献立のレパートリーは団の食当で鍛えられ徐々に増えつつあります。

食生活で健康を、そして子どもには自分でしっかりと考えて生きるための教育を・・・ささやかですが、これが我が家の生活防衛です(笑)
Commented by kurashiki-keiko at 2009-07-12 02:28
ひろっち様、生活団の小鳥当番の様子、大変丁寧にされていますね。1人だけで飼っているのではなく、みんなのものだから余計に責任感も幼いながらに感じているのではと思います。
家計簿については、食品の重量はある程度期間を限るなりしてもよいのではと思います。私は当座帳として縦に1日分が出るからと言うことと、食品の偏りがないようにという理由で使っていますので。
献立のレパートリーを増やすように今後も友の会や本などで勉強なさってくださいね。と言う私、最近そういえばあまり新しく仕入れてないです。反省。
Commented by miduki0902 at 2009-07-12 22:33
何度も、お料理の画像upで確認しました。
私も夫の健康に凄く気を遣っています。
夫君は独身時代は糖尿病の薬を飲んでいましたが、今は薬は無しですが、
夫君の体調を気にしています。

野菜の料理は本当に大変です。
意外に魚って焼くだけ、煮るだけ、そのまま刺身ですが、
野菜は生で食べても量が食べられないので、私も悩んで作っています。

中華ちまきのレシピ、私も教えて下さい。
気になります。

<< 和ろうそくを求めて 愛媛県内子町へ 母のエッセイから なつかしいおやつ >>