カテゴリ:料理( 338 )

落ち着いた雰囲気、倉敷の和食の店でのランチ

ランチをしてきました。

d0031853_16514783.jpg鬼の厨 しんすけ」。
熟女6人・・・のはずだったのですが、なんと、「行きたい」と言い出した人が忘れていて来ませんでした。
何でも、同居のご家族と行くのは焼肉だったりお好み焼きだったりするので自分の好みに合わなくて・・・と言うことだったので、「それでは和食がいいね」と、ここを知っている人が教えてくれました。決定したのが先々週だったため、もありましたが、メンバーが念押しすればよかったなあととても申し訳ないことをしました。

d0031853_16523886.jpgd0031853_16525297.jpg

日替わりランチが800円だそうですが、たまのことだからと1,500円で予約を入れておきました。
それで表の日替わり800円のとどこが違うのかな?と見たら、ゆばの小鉢と、サラダと、アナゴの稚魚という透き通ってきしめんみたいに平べったい小魚、「べらた」の酢味噌和えが付いていました。あとは800円の定食と同じ、太刀魚の塩焼き、茶碗蒸しとお吸い物、お刺身盛り合わせ、ごはん、香の物でしたから、800円ランチも結構お得なお値段です。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2007-02-16 16:56 | 料理 | Comments(2)

居食屋 寿(ひさ)での会食

大人9人ともうすぐ2歳の子供1人の会食で、倉敷天満屋の南の「居食屋 寿(ひさ)」でした。


お刺身と突き出し          もちだんご             さんまの肝焼き      
d0031853_304524.jpg
d0031853_31794.jpgd0031853_313058.jpg


小エビかき揚             タコの酢じめ            豆腐のムース
d0031853_341215.jpgd0031853_342840.jpgd0031853_344249.jpg








このあときのこのお雑炊。
みんなでわいわいと食べたこれらのお料理、どれもとてもおいしかったです。エビなどの入ったお団子をお餅でくるみあられを付けて揚げたもちだんご、さんまを三枚におろし、味噌漬け?にして巻いて焼いたものも一口で食べられておいしかったです。
鍋は豆乳でお豆腐を煮ていて、おだしでお豆腐を食べた後、豆乳もそのおだしに投入して飲んだらこれまたおいしかったです。
ムースも何の味だか、上手に滑らかに作ってありました。
生ビールで乾杯の後、飲兵衛たちはそれぞれに日本酒の銘柄を選んで注文し、料理を食べ、みんな大満足だった模様です。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-09-21 03:19 | 料理 | Comments(2)

「瀬戸の味 清香(せいか)」で会食

久しぶりにおばあちゃんと義妹夫婦も交え会食に行きました。「瀬戸の味 清香(せいか)」。児島の本店には何度も行っていますが、倉敷にもお店ができたと聞いていたのに近いほうの倉敷店は今回が初めて。松田病院の西のほう。天満屋の北のほう。「連れと遊ぶ」と言っていた長男も途中で合流、家族での会話が弾みました。


d0031853_2555689.jpg

最初は山かけ?のタコ。


アジの姿造り           メバルそうめん         焼きしゃぶ(手長たこ、イカ)
d0031853_326457.jpgd0031853_327374.jpgd0031853_3273879.jpg


メバルの唐揚げ          タナゴの塩焼き         岩がき         
d0031853_3291326.jpgd0031853_3304851.jpgd0031853_3351378.jpg


このほか、しその葉を巻いた?天ぷら、最後に釜飯。
久しぶりのお魚三昧で豪華でおいしかったです。おばあちゃんが大喜び。お店の人が座布団を高くして壁にも背中との間に座布団を入れるなど気を遣ってくれました。息子たちは叔父さんと飲みながらの仕事の話など。義妹夫婦が来るといつもにぎやかです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-08-06 03:39 | 料理 | Comments(16)

お寿司を作りました

d0031853_12511873.jpg先日、日生漁協で山盛り買ったあなごとエビを入れてお寿司を作りました。
 ここ岡山県ではよく「岡山寿司」とか「バラ寿司」といか言われますが、私たちは普通にお寿司というと、このバラ寿司を指します。
暑い季節なので、いつも入れる酢魚などの魚介類は入れず、焼いたアナゴと先のエビだけで、かんぴょう、牛蒡、人参、たけのこの煮たの、しいたけ、錦糸卵、絹さや、それに既製品ですが紅ショウガです。
 ほかのおかずは、例の男前豆腐の「豆腐屋ジョニー」とオクラです。
初ETC、日生漁港の五味の市へ
バラ寿司
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-08-04 12:55 | 料理 | Comments(6)

倉敷美観地区での会食



d0031853_13582087.jpg梅雨の雨が上がった美観地区です。
アイビースクエアを抜けて、この路地に入ると、しっとりとした風情があります。


d0031853_23395922.jpg今日は、講座の皆さんとの会食。旅館くらしきのランチが近頃始まって評判なので、楽しみにして来ました。紺色の着物姿の人が立っているのが旅館くらしきの入り口です。


 女性好みの、品数多く少しずつ、楽しいお膳です。上下2段で1,600円です。
d0031853_14233033.jpgd0031853_14261178.jpg
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-07-21 14:28 | 料理 | Comments(3)

カロリー、塩分控えめのご馳走

d0031853_2361027.jpg
10日のランチです。
左上から、炊き合わせ(南京、たけのこ、人参、椎茸、信田巻、茎ちしゃ)110Kcal、鮭の焼き浸し60Kcal、刺身(ひらめ、甘エビ、たいらぎ貝柱)70Kcal、
青菜のお浸し20Kcal、卵豆腐の蟹あんかけ 35Kcal、刺身こんにゃくの酢味噌かけ30Kcal、杏仁豆腐 40Kcal
黒米ご飯(約180g)300Kcal、けんちん汁75Kcal
・・・・合計:エネルギー740Kcal
      塩分      4.6g(目標 男性1日10g以下、女性1日8g以下)
      食物繊維   8.0g(1日20g~25g必要)

うーむ、日ごろ気をつけているつもりでも、ここのけんちん汁、ほとんど塩気がなさそうなくらい薄味。カロリーだって、揚げ物も炒め物も無く、刺身こんにゃくにいたっては、その下にわかめが敷いてあって、カロリーは限りなくゼロに近いと思う。この中ではご飯のカロリーが一番高いというのもうなずけます。
皿数が多く見た目の豪華さで物足りなさを補うという手法かな。

・・・お察しの通り?これは、倉敷中央病院付属施設?の保健センターのレストラン、ルリエールで、一連の検診が終わった後、朝の絶食の後に頂いたお昼ご飯でした。
あくまでもヘルシー。薄味、カロリー制限あり。これ以上太れない夫や私には大変参考になるお食事でした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-07-12 02:45 | 料理 | Comments(5)

レモンケーキ、出来上がり!!

d0031853_171252.jpg昨日買ってきた新鮮な卵や粉などの材料を揃え、器具を出し、手順に沿って大小さまざまのボールやら鉢やらを動員し、製作しています。
 レシピに沿って粉やら砂糖やらをはかり、入れる順番に材料を並べています。うっかりすると入れ忘れるものが出たりするので、順序通りに材料を並べるのは結構有効です。
調理台の上がケーキ材料でびっしりです。
朝から3度焼き、オーブンで焼く時間が50分あるので、その間にお茶を飲んだり食事をしたり洗濯物を取り込んだり、次の回の材料を計ったりレモン汁を絞ったりと忙しく働いています。


d0031853_1762165.jpg焼きあがると、レモン汁と同量の水とお砂糖を混ぜたものをたっぷりと含ませ、熱いうちにラップで包み、しっとりとした仕上がりにします。
冷めてしっかりしてきたら、金のリボンをかけ、値段のエブをつけ、昨夜パソコンで作っておいた小さなラベルを添えて出来上がり。
やったー。
包むのが不器用なので、うまく出来たかな?
明日朝9時前に市民会館に搬入、そして10時にどっとお客が・・・
たぶんケーキやクッキーは最初の10分くらいが勝負、でしょう。
しかし、私のだけ売れ残ったりするとヤダナ。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-07-06 17:10 | 料理 | Comments(3)

薄味ヘルシーランチ

d0031853_17235734.jpg総合保健管理センターで健康診断を受けたので、その料金でのランチでした。
 品数も多くて、食材や料理法も凝っていて、740kcal、だそうですが、塩分が4.6gと、薄味~。。。。とーっても薄味。普段からわが家でも薄味、と思っていましたが、ここまで薄味ではない。やっぱり知らず知らずに濃くなり勝ちだったのか、と反省。

 今回はだいぶ決心が要りましたが、あのおっぱいをペッちゃんこにしてレントゲンを撮る、マンモグラフィーをお願いしました。以前1度やってもらったときには、男性技師が、白手袋でわがかわゆいおっぱいを、これでもかといわんばかりに引っ張って、縦、横、両側ですから都合4回、ぺっちゃんこにされて、ショックもあって、「もう二度と受けないぞ!!」
 と、固く心に誓ったのでありました。

 でもでも、その後、高校時代の同級生が2人、奥さんを乳がんで亡くしたり、また夫の会社の事務の人が乳がんで手術、と聞いたり、いずれも40代から50代、まだまだの人。自分も気になって、意を決して、お願いしました。
 今日の人は、30代後半くらいの細身の女性で、同性のためか手袋までは着用していませんでしたが、2度目なのと「まな板の鯉」の覚悟があったためか、おっぱいを引っ張られるというショックはなく、ただやっぱりひっぱられる単純な痛みに耐えて、なんとかクリヤしたのでした。

 あーあ。
 そのほかにも、心電図と、胃のレントゲンも、「はい、うつ伏せになって、少し左を向いて、ゲップしないで、今度は上の正面」などと、指示に従ってまな板の鯉状態の検査で、正直ぐったりと疲れました。
 検診のおかげで、昨年は大腸ポリープが見つかって、事なきを得たのですから、ぜひ、なんでも見つかるのなら軽いうちに発見してもらいたいと願って、いや祈っています。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2005-09-07 17:36 | 料理 | Comments(6)