カテゴリ:日常( 462 )

複合機に変えて



実は、昨夜、息子にセットアップしてもらって、    おかげで複合機の後ろは、こんな状態。
かねてより購入して出番を待っていた複合機    息子2人のパソコンと結ぶ、左から複合機
なるものが私のパソコンの隣に鎮座。        のルーター、家庭内LANのルーター、電話
マイPCはこの右手にあります。未処理の書類   2回線のためのISDNのアダプタ、右端が
が上へ上へと積み上がっていて片付けろと息    光ファイバー。
子に言われて。(ーー;)
d0031853_15402869.jpgd0031853_1542167.jpg


そして、4年ほど前に購入したキャノンのプリ     エプソンのスキャナが不要に。
ンターと・・・
d0031853_1633585.jpgd0031853_1634914.jpg


以前は複合機と言うと、プリンターもスキャナも機能がいまひとつ中途半端だと言われていたのが、メーカーが最近はこちらのほうに力を入れているとか聞いたのはここ1年くらいでしょうか。調子が悪いわけでもないプリンターとスキャナーを放り出して、こちらに買い換えるのはだいぶ抵抗があったのに、1ヶ月くらい前に息子達に任せて選定してもらい、買ってきてもらいました。これまでセットアップしなかったのは、前のプリンターの予備のインクが1そろいあったのでそれらを使い切るまで待ったから・・・・
 にしても、まだ使えるこれら二つ、どうしたものかと考慮中。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-07-10 16:00 | 日常 | Comments(2)

今週は忙しい

d0031853_221513.jpg倉敷友の会のホームページの係もしていて、撮り貯めた建設中の写真をどう並べるか悩みながら3日(月)は並べ替えました。あったはずの写真があれれ、どこ?などと探し回ったり、ファイルの名称を日付にしておいたほうがいいかな、なんて付け替えてみたり、舞台裏では時間ばかりが過ぎます。
 ところで、今週金曜日は夏の友愛セールが倉敷市民会館であります。
 「友愛セール」って、今ではそこらじゅうのPTAなどのバザーで普通名詞みたいに言われていますが、昭和のはじめだったか、全国友の会が最初に名づけたものだそうです。「家庭は簡素に、社会は豊富に」の思いから、家庭に眠っている品を持ち寄って必要としている人に提供するという考え方から始まったとか。
 
 今年は拠点とする「友の家」が建設途中なので中古衣類や贈答品などをあらかじめ集めて置いておくところが無く、当日の持込みとなるので大変。
 しかしパンやケーキ、クッキー、赤飯などの食品類はいつもと同じ条件、私もレモンケーキ作りを前日頑張らなくては。う”~。腕が鳴る(?)(*^_^*)
 
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-07-04 02:33 | 日常 | Comments(3)

偶然見たテレビ番組

昨日も今日も、なぜか郵便局と銀行に用事があり、午前中のほうが混まないかと、出かけました。いつもの小さな郵便局には、壁掛け型のテレビがあり、NHKの番組が流れていて、記入したりしながら音だけ聞いたり、見るともなしに見て、用事が終わればさっと出るのが常なのですが・・・
d0031853_1615712.jpg なんと、夜にやっていると聞いていてまだ1、2度しか見たことがなかったシニア向けパソコン講座(パソコン出直し塾)の再放送をやっているではありませんか。d0031853_1624411.jpg「おしん」子役の小林綾子さんがアシスタントで、シニアの受講生が学校机の前にご夫婦で何組か、神妙な顔つきで座っていました。d0031853_1632288.jpg
 昨日は、パソコンを買い換えるときに見るべきスペックの説明でしたが、(NHKでインテルとかの会社名はいえないだろうし、どうするんだろう?)等と疑問に思いながらも、じいっとその狭い場所で見入るのも気恥ずかしくて、急いで家に帰って点けましたが、やはりもう終わりに近くて見逃しました。

 そして今日も。息子に頼まれた用事ができて、またしても同じ時間帯に行って、小林綾子さんが映っていました。あー。
 今日はトラブルを自分で解決できますか、という問題でした。
 トラブルが起こった画面をプリントスクリーンで保存して、それをそのままコピーしてグーグル検索などにかける、などということでした。ふーん。自分だけわかっているようでも、人に教えるというのはなかなか難しいものです。ゆっくりながら、さすがNHK、押さえどころをきちんとやっていらっしゃる、などと感心しながら、ベンチに座って、手続きが幸い?長くかかったので昨日よりはじっくりと拝見。
 3人がけの席の端っこにかけていたのに、お隣の2人のお連れみたいな人が私とその2人の間にお尻をねじ込んできて、あー、これって都会の電車の席取りみたい、などと思いながら、その人たちの声高なおしゃべりにかき消されそうになるテレビの音声を一生懸命聞いていました。
(この人たち、パソコン操作はお手の物なのかなあ、それとも、全く触ったことがなくて興味がないのかなあ?)と考えながら。どっちなんでしょう??
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-06-29 15:02 | 日常 | Comments(1)

ブラジル戦目指して早寝早おき

このところあまり寝てなかったので、昨日こそ珍しく10時に寝ました。そして3時に起きました。
 もちろんサッカーワールドカップの日本・ブラジル戦を見るためです。
私が? ・・・やっぱり向こうのブラジルの選手を見てみたいという野次馬根性のたまもの。
ロナウジーニョたちのすごいと言う動きを見てみたい、と言うひたすらそれです。
さーて、どうなることやら。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-06-23 04:03 | 日常 | Comments(0)

祖母を訪ねて

d0031853_16231596.jpg私の祖母を老人ホ-ムに訪ねました。2年ぶりくらい。
一緒に行った孫は祖母からすると玄孫(やしゃご)。祖母ー母ー私ー娘ー孫の5世代の時間を思うと、やはりちょっと厳粛な思いがします。
孫は1歳のときに一度会わせているものの、初めてのようなもので、大年寄りの姿を少し怖いと思ったのと寝起きでもあったためか、少しもなつかず、自分の名前と年を言った後は「もうかえろうよ」「わたし、おかあさんがいい、おかあさんがいい」と、抱っこさせてという祖母のほうに顔も向けません。思わぬ展開にわたしも夫もどうしようと困っていると、祖母が金平糖を出してくれ、もう一つ、もう一つと、カリカリと大きな音を立てながらもらい、やっと落ち着きました。d0031853_16453873.jpg
この2月のお誕生日で97歳になったそうで、 「あと3年で100になる」。
 ホールに貼ってあった入所者の「今年の目標」の短冊には「健康第一」とおばあちゃんの署名の入ったものがありました。冷暖房完備、洗濯も食事も全て職員の人にしてもらってここは天国みたい、雨が降り出しても全然わからない・・・
 おばあちゃんは3年前までは息子の住む家の敷地で細々ながら自分で生活していたので、余計にその生活がありがたいと思えるようです。
 私だったら、「なにもしなくていい」と言われると身をもてあまして困ると思うのですが・・・大年寄りですから1日寝ているそうです。

 手土産の花籠を置いたテ-ブルに、以前の訪問者からのあじさいの花が終わってしおれた鉢がありました。おばあちゃんが世話をするのも大変だし、職員さんに頼んで処分することになるくらいなら、私がもらって育てるから」ともらって来ました。
 元気なおばあちゃんにあやかって、大切に育てたいと思います。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-06-10 15:37 | 日常 | Comments(2)

梅雨入り、そして息子の誕生日

d0031853_14164454.jpg

 今日、中国地方も梅雨に入ったそうです。 写真は数年前、尾道の文学の小径で写したもの。
 午前中、どんよりしたお天気を気にしながら混んだ庭木の枝を少し間引いていてよかった。
昼から雨が降り出しました。

 そんな中、次男のためにデパ地下へ和牛ロースのステーキ肉を買いに。誕生日なので。先日スーパーの安売りでは「フォークが刺さらん(笑)」という薄い肉だったものですから。身も細る思いで買って、あとは身につく、という・・・・(ーー;)  夫と私は半分こ、です。

この子が生まれたときは梅雨入り前だったのに、生まれて退院して実家に戻ると梅雨に入っていて、おしめがかわなくて部屋中にタコ足の物干し器をつるしていたっけ・・・・
 決して成績がよくて優秀というほどの者には育たなかったけれど、この子が小学4年から高校3年まで私が舅の介護をしていたため、塾の送り迎えもせず、学習発表会や運動会の出番にも間に合わず、学校は休みでも家族旅行にも行けずじまいでしたが、他の同級生が色々と連れて行ってもらっているのを知っても親にねだることもなく、じっと我慢していてくれた様子です。

 話すと饒舌なのですが、普段は口数も少なく、自分の仕事にしっかり取り組む息子になってくれて、よかったと思います。
 この季節は、介護のため子ども達との会話も少なくほったらかしで育てた罪滅ぼしのためにと、家族新聞を思いたち、このタイトルの「あじさい通信」というのを思いついた、記念の季節でもあります。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-06-08 14:32 | 日常 | Comments(4)

新車購入!!

あこがれの新車(ですよね?)が来ました。
d0031853_18532563.jpg先日あーでもない、こーでもないと息子に相談したりしていたもの。
今まで乗っていたものは、少なくとも23,4年も乗っていた年代物。
専門の老舗、川村自転車のものでした。
実家の父もカワムラにのって通勤していたのでした。
(今は車椅子メーカーに代わっているそうです)
しかし、もうないそうなので、やはり某自転車専門メーカーのもの。
どうせ乗るなら丈夫で長持ちするものにと思って。
これまでのは頼りないほど軽かったのですが、
今回届いたのを押してみると、けっこう重い。これが唯一の誤算。

明日、風に乗って颯爽と???友の会の例会に出かける予定です。
前と後ろのかごは、やっぱり実用で。
わが家は会場まで近いほうなので、駐車場も狭いし、遠慮してずっと自転車です。
楽しみです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-06-05 18:59 | 日常 | Comments(2)

孫と散歩

d0031853_1138032.jpg久久に孫がやって来ました。娘は実家だとすっかりまったり~っとしてしまい、あまり相手をしないで2階に上がって弟の漫画を読んだり、昼寝したり・・・・
 私も仕事でパソコンに向き合って背中で孫の声を聞いては生返事。
 「おうちへかえろうよ~」!!それではいけない、と、近所を一周することに。
 すると、娘が車のトランクから取り出したものは・・・三輪車。なんと三輪車持参とは。
 で、喜んで孫は三輪車にまたがってのお散歩。でも車も通るから、時々は後ろのハンドルで軌道修正しながらのそれとなくのサポートつきです。
 足もしっかり食べるせいか肉付きもよく、しっかりこいでいました。

 また、先日うちの畑のこぼれ種からかぼちゃが出たのを見て、「こんなところに『かぼちゃの芽』がでてるよ」と言ったのには驚きました。むこうのおじいちゃんが畑をされるので、何の芽だかわかるのでしょう。3歳になったばかりで何の芽かわかるなんて、とババ馬鹿ですが、びっくりしています。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-06-04 11:42 | 日常 | Comments(1)

また忙しい上にも忙しい

 合唱団で、来る7月8日(土)に倉敷リバーサイド病院でコンサートをすることになり、またポスターとプログラムを依頼されました。確かにパソコンは少しばかりできますが、デザイン的なセンスがあまりないものですから、とりあえず文字だけは入れましたが、後の絵柄などはもちろんインターネットで探してきます。しかしいい絵柄がまだ見つかっていません。当分ネットサーフィンであちこち探しまくることになりそうです。
 また、夕方電話があり6月20日(火)に倉敷友の会で乳幼児を持つお母さんのための講習会があるのですが、そのときの託児の遊びを考える「プレイリーダー」を依頼されました。ほかに人がいないとのことで、以前託児係をしたこともある関係で頼んできたのでしょう。これも引き受けました。特別子供を遊ばせるのが得意なと言うこともないのですが。
 よく夫から「お前はお金にもならないことばかりやっている」と言われます。本当に、よくまあ、お金にならないことばかりで忙しがっています。
 このくらい忙しくしていてしかもお金が儲かるのなら申し分ないのでしょうが。
 しかし世の中お金にならないことをしている人こそ偉いんだわ、とは負け惜しみです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-05-27 04:04 | 日常 | Comments(2)

庭木が増えました

居間の前に、以前はバラを植えていたり、苗木を植えたりしてどれも枯れてしまい、もう4代目くらいの花水木の苗がまた枯れました。
 これを機会にと、園芸店で軒くらいの高さの白いハナミズキの株立ちのを購入。それに、西側に以前は蔦を這わせていたのが、カミキリムシが入ってまだらに枯れ、引っこ抜いていたので西日をさえぎるのが欲しくて、「カラタネオガタマ」といういいにおいの葉っぱだという細かい葉の低木を買って、本日植え込んでもらいました。
 機械が入らないので2人がかりで運び、植えつけてもらいました。涼やかな株立ちの木が、居間の前に出現。あー、家を建てたときは庭まで余裕がなかったものの、もっと早くこんな木を植えとけばよかった、とちょっと後悔するくらい気持ちのよい木。
 昔風の庭のあるお宅も減り、いまの洋風家屋ではこのような株立ちの涼やかな枝ぶりの木が好まれているようですが、わが家もご他聞にもれず、ではあります。
 かつての家はジジババが勝手に松の木を数本植えていたので、私も盆栽いじりの人に教わってみよう見真似で松の木の剪定まで1週間がかりくらいでこなしていたのでしたが・・・その腕が泣くなぁ・・・(ーー;) というのは冗談。松の緑つみは、手首に針がささって後で赤くなってちくちくしましたから。
 ともあれ、うれしいことでした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2006-05-24 12:15 | 日常 | Comments(5)