カテゴリ:外食( 92 )

肩が張るわけ

 夜、右腕と右肩がどうもいつもと違う。肩が、張る感じ。以前整形外科でもらった湿布薬を貼りながら、思いだしました。今朝、2ⅿ位に育った柚子の木、幹が私の腕位の木を切って切り株にしてしまったのでした。そののこぎりの作業が今になって響いているとは。

 柚子は香りもいいし冬場にお風呂に入れたり、ゆず大根のお漬物にしたり、いろいろと使えるからいいな、と生協で苗木を購入して何年か前に植えたのでした。が、「桃栗三年柿八年、柚子のなんとかで十三年」とかいう例えの通り、キンカンには実がなるのに柚子の方はなかなかならず、しかもその樹勢が旺盛なのと、剪定しようとするとものすごく長くて鋭いとげがあって大変。おまけにまわりにはサザンカやらバラやらがあり、枝を広げさせると通路も無くなるので、枝ぶりを小さくせざるを得ないことに少し大きくなり始めると気付きました。
 数年剪定に励んできましたが、この空間では無理、と、かわいそうながら朝の作業で末端の枝から始めて少しずつ幹も上の方からゴミ袋に入る長さに切っていき、最後には地面すれすれのところで切りました。
 私の甘い判断で木の命を無駄にしてしまって申し訳ないことをしました。
 体力的にも時間的にも、庭の手入れもこの先一人ではだんだんと無理になってくるのだなあ、とも思いました。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-09-01 08:51 | 外食 | Comments(0)

偶然に、ラーメン食べ比べ

d0031853_23595081.jpg
私は、日頃夫の健康上ラーメンとカレーはなるべく避けてきているのですが、偶然にもこの8月、3回もラーメンを食べる機会がありました。ラーメン食べ歩きが趣味の人にしてみればどうってことはないのでしょうけれど。
写真左端は4日に札幌の寶龍というお店で食べた味噌ラーメンで税込み714円。
真ん中は12日に笠岡で食べた笠岡ラーメン(並)で500円。
右端は下庄で食べた夫のかつての勤務地が発祥、国道8号線にちなんだという8番らーめん(野菜・醤油)で604円。
札幌ラーメンはやっぱり北国らしくこってり系でシニアの私にはちょっとしつこい感じがしました。
この中ではお味は笠岡ラーメンが好きで、さっぱり系とでも申しましょうか。
8番らーめんは夫が言うには野菜が山ほど乗っているのがもともとだそう。なのでその野菜たっぷりさ加減が私は好きです。
と、まあ三者三様の味、トッピング、などでした。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-08-21 00:12 | 外食 | Comments(2)

ランチー林源十郎商店にて


d0031853_9401286.jpg
倉敷の商店街の一角、昔は薬種問屋だった「林源十郎商店」、最近雑貨屋さんとかデニム生地の洋服屋さん、イタリアンのお店などがはいるしゃれた複合施設に生まれ変わっています。
d0031853_9424381.jpg
ハヤシの雑穀米カレー、(ハヤシライスと間違えるむきもありそうかも)、ミネストローネとかわいらしいピクルスつき。

d0031853_9434358.jpg
デザートもかわいらしくて、ケーキ、クッキー、ゼリー。コーヒーがたっぷりな所がよかった。
2階のカフェレストラン?で、1,200円。
カレーはマイルドな感じであまりカレーっぽくない。黄色が薄いせいか。
久々のお友達とのランチでゆったりできてよかった。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-06-04 09:45 | 外食 | Comments(0)

久々、夫婦でゆっくり…

 息子一家が風邪ひきで、みんなの会食をやめようということになった土曜日、夫が珍しく、「では二人で飯を食いに行こう」と言いだしました。
 こんな寒い晩に、と思いましたが、2月は結婚記念日があったのに、特に何もしなかったことも思い出され…
せっかくの夫の提案をありがたく受けることにして、小高い丘の上に建つ、旧「三田屋」、今は「武田屋」になったところにディナーを予約しました。

d0031853_21144413.jpg
国道2号線下り線から、V字カーブを曲がり急坂を上ると見えてきます。
武田屋のサイトはこちら
http://www.sandaya-kurashiki.com/
d0031853_21252093.jpg
案内された席は、ライブ中のピアノのすぐ前の席。マイクを通しての弾き語りは、ライブ目当てではなかった私たちにとっては音がずいぶん大きすぎる感じでした。メニューについて質問してもなかなか声が聞こえないくらい。で、注文したのは、夫が5,400円の国産フィレ肉のミニコース、私は3,800円のレディースコース。こちらは肉は輸入肉ですが、デザートがちょっとだけ種類が多いみたいです。夫はシャーベットを、私はレアチーズを選択、食後の飲み物は夫はレモンティー、私はコーヒー。
 最初はサラダとハムの前菜?が出て、次が写真のコンソメスープでした。

d0031853_21295752.jpg
メインのお肉のプレートです。熱くなったプレートの上でお客自身が肉を広げて焼くのです。たれは塩、ワサビ、わさび醤油、ポン酢がついており、カリカリに揚げたガーリックと、大根のお漬物が後口にと出てきました。夫と私にとっては、メニューの中の最低の100gでも多いです。(夫は実は栄養士さんからは60gにせよとこの前言われたと記録していました) わさび醬油やらポン酢やらで食べるステーキはこってりしすぎずとてもよい塩梅(あんばい)でした。口直しの大根のお漬物もいいアイデアだと思いました。

d0031853_21325160.jpg
レディースコースのデザートです。左のがレアチーズ、右がキウイとイチゴとオレンジのフルーツ盛り合わせ、向こうのが黒ゴマのムースでした。

d0031853_21335467.jpg
窓からの眺めは車のテールランプがひっきりなしの国道2号線。周囲は桜なので、夜桜見物もいいでしょうね。

d0031853_2135944.jpg
d0031853_21351916.jpg
最後のコーヒーと紅茶が出るころに、またライブが始まりました。大山裕(おおやま ゆたか)という人でした。
 ライブ目当てではない私たち、コースも終わったので、申し訳ないけどライブは途中で退席してきました。レジのところに大山さんのCD2種類とプロフィールのパンフレットが置いてありました。プロとして頑張っている人のようです。
 大山裕さんのサイトはこちらです。
http://www.yutakamusic.com/top/


d0031853_1271122.gifポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-03-02 21:38 | 外食 | Comments(2)

ピザ

d0031853_14155632.jpg

久しぶりの「ラ・チェネッタ」。(ホテル)アイビースクエアのレストランの場合通用口向かい
11時50分に到着、開店まで少し待つ。先にいた1台の車の主と共に一番乗り。赤いオレンジジュース、サラダ、夫は生ハムの、私は四分の一ずつ別になったピザを注文。サラダを食べている間に私のピザが来ました。一番のりだから早いF65A.gif
2人で4860円だったか。久々のピザ屋さんでした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-01-27 14:15 | 外食 | Comments(0)

夜景と生演奏とステーキの素敵な夕食


d0031853_461538.jpg4月24日の夕食は兄夫婦と義母も一緒で、最初は国道2号線沿いのお好み焼き屋、と言っていたらその店はとっくになくなっていたようで、見つからず、こちらになりました。

d0031853_475844.jpgここは生演奏があり、この日は若いシンガーソングライターという人。なかなかいい声でしたし、オリジナル曲ではなく聞きやすいよく知っている曲ばかり最初はギターで、次いでピアノの弾き語りでした。

d0031853_413924.jpg店内に入ったころは薄暮でしたが、次第に夜のとばりに包まれて、2号線を行きかう車のヘッドライトの流れもきれいな夜景になりました。
義母は倉敷市役所の上の赤い灯りを「あの高いところにある灯りは何?」と5分おきくらいに従業員に尋ねていました。となりの義兄と兄嫁が途中からは何度も説明。そういうのは私はこれまでいやと言うほど付き合ってきているから今夜くらいは付き合ってください、と2人にお願いしました。兄嫁が「あれは高い建物に飛行機がぶつからないように目印にしている灯りですよ」と何度も何度も説明。義兄曰く、「あとでお店の朝礼?とかで話題にされるぞ」
d0031853_4145235.jpg
大根のサラダと、人参ドレッシングと玉ねぎ、生ハム。ここの創業者の考えで、大根などの野菜の栽培やお皿を焼くなどは精神障碍者のための仕事にしているそうです。生演奏もこれから世に出る若いアーティストたちに発表の場を提供するという趣旨があるそうです。

d0031853_41750100.jpg大根葉の入ったコンソメスープ。おいしかった。

d0031853_4183257.jpg
メインの100gのステーキ。生焼け状態で運ばれてきて、熱い鉄板のお皿に広げて自分で焼きます。私たち位の年齢層だと80gでもいいくらい。
付け合せの玉ねぎがおいしかったし、お肉はとてもやわらかで、ステーキ自体いつから食べてないかと思いだそうとしても…
d0031853_420262.jpgステーキにつける塩、にんにくのカリカリ揚げ、京漬物、ワサビ。

d0031853_4212373.jpg
私だけ3,800円のレディースコースだったので、デザートが3品。ほかの人は3,500円のミニコースだったので、右の洋梨のシャーベットだけでした。私のは左がフルーツ盛り合わせ、向こうが黒ゴマのムース。うふふ。

d0031853_4224898.jpg夫と義母はアイスティーでした。
最初の目的地だったお好み焼き屋さんがなくなっていて偶然こちらに20年ぶりくらい?で来ましたが、とてもよかったです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-04-27 04:23 | 外食 | Comments(4)

殻つき牡蠣とチーズコーンチャウダー、水菜と大根のサラダ


d0031853_2202477.jpg
2月6日(日)、瀬戸内市邑久町虫明で買ってきた殻つき牡蠣。これを大鍋で強火で8分ほど蒸しました。

d0031853_2214435.jpg
中央のお皿3杯分くらいの牡蠣でした。ほかにはチーズコーンチャウダーと、水菜と大根のサラダ。

d0031853_222508.jpgチーズコーンチャウダーは、子供が生活団に行っていたころに大好きだったものです。
材料は中くらいのスープ皿5杯分くらいになります。
人参…50g、じゃがいも…100g いちょう切り 崩れない程度にゆでておく。
玉ねぎ…80g 粗みじん切り
生しいたけ…2枚くらい
バター…大さじ2 (近頃はトランス脂肪酸というのが怖いということで、マーガリンよりバターが良いそうです。)
小麦粉…大さじ3
牛乳……カップ2
チーズ…15g(今回はとろけるチーズのスライスを1枚でしたが2枚でもよかった)
コーン…3分の1缶(450g内容量)(今回は冷凍コーンを使用)
塩……小さじ2(スープに固形スープを使う場合は塩が含まれるので控える)
パセリ…少々
スープ…カップ2(固形スープを熱湯で溶かす)

①玉ねぎをバターで透き通るまで炒め、生しいたけを加え、焦がさないように小麦粉をふるい入れて炒め、
②牛乳とスープを少しずつ入れて混ぜてのばし、とろみが出たら、おろしチーズ、コーンを加え、塩、胡椒で味付けする。(今回は赤ちゃんがいたのでコショウは入れず)
③茹でた人参、じゃがいもを加え、器に盛って、パセリのみじん切りを振る。(みじん切りして冷凍しておいたもの)。
クックパッドにも載せてみました。こちらです。


d0031853_2216349.jpgサラダ
サラダ水菜1束、大根10㎝くらい、赤パプリカ1個、ツナ缶1個、卵2個
①水菜は洗ってざく切り、大根は細い千切り、赤パプリカは薄い輪切りにして水を切っておく。
②ボールにツナ缶を入れ、塩、砂糖を各小さじ1、醤油少々を入れてツナ缶の油と共に混ぜておく。
③卵は塩少々と砂糖少々で味付けし、炒り卵を作っておく。
④ ②のドレッシングに炒り卵を半分入れて混ぜ、野菜も入れて和える。
⑤容器に盛りつけ、残りの炒り卵を乗せる。


d0031853_22202441.jpgチーズコーンチャウダーはゆうくんもよく食べました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-02-06 22:20 | 外食 | Comments(6)

「塩豚」から大根と豚肉のトマト煮込み


d0031853_1582711.jpg
先週スーパーでたまたま手ごろな大きさの豚の三枚肉のかたまり(500g)が安くて483円で買いました。

d0031853_1231361.jpg
婦人之友社刊『魔法使いの台所』を参考に5%の塩をすり込み、ポリ袋に入れ、時々返しながら1週間。(2週間はこのままもつそうです)
この本の通りの煮込み料理にするつもりでしたら、たまたま朝日新聞の1月22日の記事に「大根と豚肉のトマト煮込み」というのが出ていたので、25日は夫が外食のため義母と2人前をそのレシピで作ってみました。

d0031853_1281891.jpg
(うっかり食べてしまってから残りをお皿に盛って撮影したので、お肉が少ないです。下記の材料で作って2人で食べてこれだけ残りました。明日のお昼に回します。)

材料  (4人分)(新聞のまま、右のカッコの中は私の作った時の物)
豚肩ロース塊肉……400g   (三枚肉塊200g)
ジャガイモ…………2個    (1個)
玉ねぎ………………1個    (小1個)
人参………………大1本    (小1本)
セロリ……………1本    (なかったので入れず)
大根………………1/2本    (10㎝くらい)
キャベツ…………1/4個    (3枚)
トマトの水煮……2缶(400g) (生のトマト大1個)
にんにく…………2片    (1片)
赤唐辛子…………1~2本   (入れず)
水…………………適量
レモン汁…………大さじ1    (入れず)
ロリエ……………2~3枚   (1枚)
パセリの茎(あれば)…2~3本 (なかった)
オリーブオイル……適量
塩……………………適量
コショウ……………適量

作り方
①豚肉は、大きめの一口大に切る
②にんじんと大根は皮ごと乱切り、玉ねぎとセロリ、キャベツはざく切りにする。ジャガイモは、皮をむいて6つに切り、水にさらす。にんにくはみじん切りにする。
③厚手の大鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて弱火にかけ、香りが出るまで炒める。
④ ①を入れ、中火にして、表面をよく焼き付ける。
⑤ ④ににんじん、大根、玉ねぎ、セロリ、赤唐辛子、ロリエ、水煮トマト(生トマトのざく切り)、パセリの茎を入れる。ひたひたになるくらいまで水を足し、中火のまま煮る。沸騰したらふたをして弱火にし、約1時間煮込む。
⑥ ⑤にキャベツとジャガイモを入れ、再びふたをして、やわらかくなるまで15~20分煮る。
⑦ 仕上げにレモン汁、塩、コショウを入れ、味を調えたら完成。

付け合せは、たまたまあったもやしと、キャベツの千切りをさっとゆでて胡麻ドレッシングで和えましたけれど、考えたら青菜が足りなかったのでほうれん草をすればよかったと反省。
義母は軟らかくてちょっととマトの酸味のある、三枚肉だったけれど意外にさっぱりした感じの煮込みを大変喜んでくれました。2人前のつもりでしたが、野菜多めだったのかスープ皿に3杯分はたっぷりありました。さらっとした感じだったのですが、冬場で冷めやすいかと思って、片栗粉大さじ2杯の水どきをいれてシチューっぽくしました。
d0031853_1482717.gif



d0031853_1491742.jpg
こちらは1月24日の夕食献立です。
メインはカキフライ、それに大根のポタージュとポテトサラダです。
何しろ家庭菜園の大根を利用しようと、ポタージュにしましたが、やさしい味がしました。
ポテトサラダはきゅうりと、赤パプリカが入っています。
d0031853_152372.gif
ポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2011-01-26 01:53 | 外食 | Comments(4)

熟年離婚は男性にとって命取り、かも


d0031853_1537173.jpg
夫の病院受診の日でした。いつものように最近のご飯の写真をリストにしてプリントアウトして持参。
 それよりなにより、2か月前の受診日の直前には、義母が腰椎の圧迫骨折のため寝たきりとなっていて、ヘルパーさんに午前中いてもらったので大変でしたが、今回はデイサービスに通い始めたので大変助かりました。
 年の割に…4つの診療科目を回って、最後に管理栄養士のI先生のところで私の楽しみの栄養指導。今回は夫の朝食後の血糖値を見るので朝食パターンをお見せして、

d0031853_15433796.jpg
こちらが我が家の冬の朝食パターンです。食パンは10枚切り(5枚切りを買ってきて厚みを半分にカットしたもの)、バターもジャムも夫はつけないので夫唱婦随、私もつけません。低脂肪乳200㏄くらい、それにミネストローネにかき卵3分の1個分(義母と3人で1個)、写真はりんごですが果物(今日は愛宕柿2分の1個)。I先生がざっと320kcalと計算してくださいました。
 いろいろと話をお聞きしたのですが、I先生はご両親が糖尿病だったのでご自身も糖尿病体質を持っていて、40代くらいの時に非常におなかがすいた、その時に本能のままに食べていたらきっと糖尿病になっていただろうと思う、それをノンカロリーのお茶だとかブラックコーヒーだとかで切り抜けて無事だったとのこと。
 また、脳外科の先生によると、救急外来に担ぎ込まれたりするのは、熟年離婚して食事をコンビニに頼ったり、薬の管理もいい加減になりやすい一人暮らしの男性が多いのだとか。そうそう、男の人は食事作りがダメだから…逆に女の人はせいせいしてイキイキするのかも…。
 とにかく、夫が長生きするか否かは、妻の食事作りにかかっていること、若いころの食生活への心構えがその後の健康を左右することを再認識。すると、「頑張る奥様に」と、ご飯に混ぜて炊くとご飯そっくりになって食物繊維も摂れてカロリーオフになるというこんにゃく製品をくださいました。

この記事を書いていて、クックパッドに「keiko流ミネストローネ」の作り方をアップしました。
http://cookpad.com/recipe/1310085
 茹で大豆の作り方は省略していますが、私は友の会で安く大豆を買って、300gずつ圧力鍋で水煮してから3つに分けて冷凍保存してから取り出して使っています。今は市販の茹で大豆もありますので面倒な人はそちらでどうぞ。
また、6人の4日分を仕込んだ時の記事はこちら
http://kurakeiko.exblog.jp/10924135

面白かったら↓クリックお願いしますね。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 戦う主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-12-16 16:03 | 外食 | Comments(1)

さごしのフライの夕食


d0031853_4304827.jpg
かねて予約していた旅行に今週末行かせてもらうため、義妹が我が家の台所の使い勝手も知りたいというので、2人で食事作りをしました。献立は手前がかぼちゃのポタージュ、メインがさごしのフライ(キャベツときゅうりの千切り、ブロッコリー、トマト添え)、副菜が庭で間引いた大根のまびき菜とにんじん、大根少々入れた煮物、そのむこうにちょっと写っているのが、買ってきた大根の上のほうにちょこっと3,4㎝ほどついていた葉っぱの茎のところの浅漬け(塩分4%)が意外と歯ごたえが残っていておいしかったもので。
 義妹のところもIHヒーターなのですが、微妙に使い勝手が違ったり、調味料や油の場所、菜箸の引き出し、鍋のありかなどなど、使いながら教えることができてよかったり、また大根の間引きを上手においしく作ってくれて助かったり、まだ義妹は入院中の夫の世話を半日してから我が家にも来てくれて夕食を共にして母の世話も手伝ってくれているもので、お互いにストレス解消のおしゃべりもできたり、とよい機会でした。
 スープにしたかぼちゃは、先日来てくれた、義父の訪問看護に以前来てくれていた看護師さんからいただいたものです。素人の作なので煮ものにすると崩れてしまいそうなくらい柔らかかったのでスープにしました。


にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 戦う主婦へ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2010-10-14 04:41 | 外食 | Comments(0)