カテゴリ:孫( 120 )

春休みの孫とクッキー作り・・・

24日(金)が終了式だったので、春休みに入りました。せっかくの春休みなので、ばーばは孫とクッキーでも作ろうかしら、と、27日(月)、ほかに予定がないか聞いてからお昼過ぎ、友の会の「おさなごの会」で教わった、卵もバターも入らない、にんじんクッキーを作ることにしました。
 ところが、あいにく1年生のオニイチャンはゲームを始めてしまっていて、やってきません。仕方なく、下の孫娘とお嫁さんと一緒に、粉やお砂糖を計ってもらうところから始めました。
d0031853_23475038.jpg
種をのして、いよいよ型抜き、というときにオニイチャンを呼ぶと、疾風のように現れて4つばかり型抜きをしたら、またさっさとゲームの続きをしに行ってしまいました。3歳の妹のほうは、大喜びでいっぱい型抜きをしました。力が足りなくて抜くのが難しい場面も何度もありましたが。3単位で天板2枚にびっしり種が並びました。
 焼ける間にお昼寝をしてくれたらよかったのですが、うれしくて興奮してそれどころではなく、ずーっと焼けるまでそのあたりをうろうろ。焼きあがってすぐは熱くて触れないのよ、といって、「見るだけ」。
d0031853_23480385.jpg
 牛乳が苦手ということで、ミックスキャロットのジュースでおやつにいただきました。食べる段になるとオニイチャンもやってきて、じーじも加わってみんなで「おいしいね」と食べましたが、一人ずつのお皿に分けなかったので、この子、ずいぶん食べました。うれしくてうれしくて、キャーキャー言いながら食べていました。「お父さんにも取っておいて食べてもらおうね」と、いってようやくおしまいになりました。




[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-03-27 23:59 | | Comments(0)

3歳児、こんにゃくを切る

d0031853_22092027.jpg
こちらは昨夕「アンパンマン」といってまるまるを描きました。「アンパンマンのお鼻は何色だったかな?」と聞くと、「赤」。赤いクレパスで鼻をぐるぐる。続いてほっぺもぐるぐる。小さな目を描く。「まゆ毛も描いてあげる?どんな形だったかな?」と聞くと、弓なりにまーるいまゆ毛を描きました。「お顔はどんな色だった?」と聞くと、「ちゃいろ」。・茶色のクレパスで耳のあたりをぐしぐしと力強く塗りつけたのですが、そこまで。ついでに頭の上をぐしぐし。あれ?アンパンマンって髪の毛あったっけ?。
 ともかく、初めて、アンパンマンに見える絵を描くことに成功しました。
d0031853_22083031.jpg
そして今日は、「手伝う」と、例によってやってきました。「見るだけよ」「うん。」・・・でも何かないかなあ。筑前煮を作るので、こんにゃくをすりこ木でたたいてもらい、思いついて細長く切ったものをさらに短く切ってもらうことにしました。ネギで要領が分かったのか、どんどん切ってくれました。内心左手が大丈夫か心配しましたが、無事切れました。ところどころ大きいのもありましたが。


d0031853_22084392.jpg
というわけで、今夜の晩ごはんは、メインはサバの味噌煮(夫が上の方、私はしっぽの方)、豆腐と三つ葉のお吸い物、筑前煮、小松菜の胡麻和え。筑前煮は息子夫婦にもおすそ分け。孫が切ったこんにゃく入り。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-03-16 22:20 | | Comments(4)

3つ子の魂

 毎週金曜日は午後3時ごろから5時20分ごろまで、上の孫の世話でお嫁さんが外出するので、3歳の下の女の子をあずかることになっています。
で、飽きないようにこちらもいろいろと相手をします。
 洗濯物をたたんで2階の寝室に行くのに一緒につれて上がります。
 まだ手すりには手が届かず、かといって私に手を引いてもらうのはいさぎよしとしないので、四つん這いになって上がります。以前野球場に観戦に行った時の応援歌が忘れられず、広島カープの応援歌「カープ、カープ、カープっひろしまっ」と歌ってやると調子よく上がります。
 外の景色を眺め、窓を開けて「オーイ」と叫ぶ。3歳の子は何の屈託もなく外に向かって叫ぶのですけれど、一度1年生のお兄ちゃんを連れて上がったときには、「小さい声で言おうよ」と恥ずかしがっていたのがおかしかった。
 それから身d0031853_22010888.jpg長が低いので窓枠にぶら下がって懸垂。ここで必ず「おばあちゃん、できる?」と得意げに言います。「うーん、おばあちゃんは体が重いからできないの」というと満足げ。
 それから外の道路を行く車だの人だの、カラスだのスズメだのを見た後、ベッドの上に上がってスプリングでトランポリンのまねごと。私が「カエルもぴょん、バッタもぴょん、ウサギもぴょん、」などと思いつく限りでまかせにはやしてやると大喜びではねています。(へこみやすい真ん中ではなくて足元の普段使わない部分なのでよいかな)
 それから下りは私が楽なのでおんぶして下ります。
 ここまではいわばルーティーンとなっていて、毎度同じ手順です。

 それからおやつ。近頃は牛乳コップ半分と50gくらいの焼き芋だったりします。実はこの子、牛乳が苦手。子供なんだから牛乳を飲ませたい、と思うこちらと攻防戦。頑張って飲めた日は大げさに喜んで握手するのですが、飲まずにやり過ごすことも。
 絵本を読んでやり、お絵かきをし、おもちゃのピアノを鳴らし、積み木をし・・・
 ですが、どれも熱中して長時間ということがなくて、たまたま今日は回覧板が来たので、お隣へもっていくことにして、孫に上着を着るように言うと、ちゃんと運動靴もはいて、お隣へ。

 ピンポン、とならさせてお隣の奥さんが出てこられるのを待って、それでも帰らず、奥さんが握手をしてくださいました。さあ帰ろう、というと腕組みをして帰りません。どうしたの?といっても訳が分からず。私は上着を着ずエプロンのままだったので寒くて、帰ろうというのですが。
 後でよく聞いてみると、そのまま近所の公園へ遊びに連れて行ってもらえると勘違いしていたみたいなのでした。小さなストライキというわけでした。

 まだ「サシスセソ」がうまく言えず「タチツテト」になってしまう、たどたどしい幼児語なのですが、自分の思いはしっかりと持つようになっています。子どもの思いをしっかりと受け止め、ちゃんと人として尊重して相手をしなくては、と思う今日この頃です。

 


[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-02-24 22:20 | | Comments(0)

ちび大根、何にする?

d0031853_20365057.jpg
小1の孫が学校で育てた大根。
今度の週末に何かに出来ないかとお嫁さんが持って来ました。
鍋にして大根おろし、も子供はたべないし、大の野菜嫌いの孫なので、具沢山の汁物、ともいかないし。
いつかイタリアンのMという店で大根ポタージュを食べたことがあるので、ポタージュにすることにしましょう。

iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-02-23 20:36 | | Comments(0)

ゴミを拾う

 午後、お嫁さんが上の孫を連れて出かける日だったので、下の3歳の孫を預かることになっていました。
日差しもあってあたたかな日和だったので、近所の小さな公園へ連れていくことにしました。下の孫は大喜び、オニイチャンまで「僕も行きたい」とぐずって慌てましたが。お正月に買ってやったフリスビーをもって、小さな手を引いていくのはひとときの幸せ。
途中、道端にティッシュが落ちていたのですが、「帰りに拾って帰ろうね」と言いながら公園へ。
一通り公園で遊ばせていると、ベンチのそばにコンビニの袋とお菓子の入っていたらしいカップなどのゴミが落ちていました。町内会で輪番制でその公園の掃除をしているのですが、ゴミ箱があるとかえってゴミが捨てられるからと撤去していてゴミ箱はないのです。
 帰りに、そのコンビニの袋に2,3のごみを拾い集めて帰りました。帰り道に見ると、溝には弁当殻らしい袋が落ちていて、それも拾い上げて持ち帰りました。行く道で落ちていたティッシュを拾って最初のコンビニ袋に入れると、孫が「私が拾う」と、あと2つばかり、道に落ちているのを拾って入れました。「道はゴミ箱じゃないのだから捨てちゃだめよ」と言いつつ、この子は大きくなってこのことを覚えていて拾う子になってくれるかしら、などと思いながら帰りました。
・・・帰宅してから偶然、スマホのネットニュースで、女子高校生が道に散乱していた10㎏もの古紙を一生懸命拾い集め、コンビニでゴミ袋まで買って入れ、どうやって持って帰るか考えあぐねているところへお巡りさんが助けてくれ、表彰されたという話が出ていました。
 この子も、普段からゴミ拾いをしていたので、ゴミが散乱しているのを見過ごせなかったのだそうです。偶然とはいえ、やはりゴミを捨てる人より拾う人が増えてほしいと思っている私にとっては感慨深いニュースでした。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2017-01-06 23:27 | | Comments(2)

「おかーわん」と「あーあん」


d0031853_1165332.jpg
2歳5か月の孫娘のお絵かき。
 ちょっと前まではなぜかクレパスを渡してやっても、私のペン立ての中のボールペンがお気に入りでなにやらごしょごしょと線をひっぱっていたのでした。
 それがつい最近になって、「アンマンマン」つまりアンパンマンの表紙のお絵かき帳を出してきてはクレパスで〇を描くようになりました。
 私達夫婦が夕食を食べていても別に欲しがるでもなく(息子の帰りを待つらしく私達より夕食が遅い)クレパスを取り出してテーブルの端っこで描いています。「お母さんを描いて」と私が言うと、何やら丸を描きました。
「目は?」というと、小さい丸。「目はもう一つあるね」というと、隣にもう一つ丸。
「鼻は?」というと、目と目の間に小さい丸。「口は?」というと、口の位置にまたぐちゃぐちゃと丸。
と言う具合で、大きい丸が「おかあわん」。左上の小さい丸が「あーあん(オニイチャン)」。左下が自分。
私の注文に応じて描いたとはいえ、初めて意味のあるものが描けました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-04-09 01:24 | | Comments(0)

おてつだい、カクニンが大事。


d0031853_1063699.jpg
先日の「倉敷友の会フェスタ」で供されたお弁当のおかずのひと品に、「もやしのカレーピクルス」があり、鮮やかな黄色がきれいで味もよかったので、早速作ってこれが2度目。もやし2袋の根っこを取るのは結構めんどくさいのですが、昔中華料理の先生がテレビで、もやしは上下を取ると炒めた時にしゃきっとする、とテレビで言っていたのを聞いたものですから、ずっと面倒でも根っこ取りをしてきました。この頃のもやしの根っこは昔より短くなった印象。栽培法が変ったのかもしれませんけれど。
で、この日もこれから、という所で孫がやってきたので、「してみる?」と聞くと「オーケー!!」と元気良い返事。
以前に2歳児にやってもらったら、本当に遊びで間違って茎?の方に根っこを入れるし大変だったものですから、失礼ながらあまり期待していなかったら、さすがオニイチャン、根気強く私と同じくらいのペースでどんどん手伝ってくれて、結果的に大変助かりました。
もちろん「すごいね」とかほめながらでしたが、途中で
「カクニンしないとね」
と言うのでびっくり、「あら、確認なんて言葉を知ってたの?、カクニン、って大事よね、カクニンしないでおばあちゃんもよく失敗するもの。だれにカクニンっておそわったの?」
と聞くと、はっきりした答えはなかったけれども、あれ?という難しい言葉がこの頃時々飛び出してくるので興味深い。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-04-06 10:13 | | Comments(0)

孫と作る型抜きクッキー

 3月30日と4月1日、せっかく孫が春休みでいるので、お楽しみに一緒にクッキーを焼きました。
30日には、倉敷友の会の「おさなごの会」の12月の集まりで習った人参クッキー。これは砂糖も少なく、卵も入らない素朴なクッキーで、人参をすりおろすのも孫にやらせました。お嫁さんもやってきて、2歳のと6歳の孫がワイワイと半分喧嘩しながらもなんとか型抜きをし、焼きました。
d0031853_15114722.jpg


続いて、味を占めて今度は、亡くなった母の残していたココアを使って何か、と思い、こちらはクックパッドで探してこちら⇒http://cookpad.com/recipe/1739731
午後1時半ごろ孫たちを呼び、粉とココアを6歳児にデジタル秤で計ってもらい、ふるうのは2歳児とお嫁さん。午前中にバターを常温に戻していたので、今度はお砂糖を100g計ってもらい、バターとお砂糖をハンドミキサーで6歳児と一緒に手を添えながら攪拌。続いて卵1個も「ボク!」と、割ってもらい、また混ぜ、ふるってもらっていた粉と混ぜてお団子状にした種をのして、ここからが楽しい型抜き。
 2歳児はやっぱり根気も続かないし要領もよく分からないけれど、我が強くてきーっとなる。そこはお兄ちゃん、辛抱強く型抜きをしては天板に並べる。
ということで、焼きました。

d0031853_1518662.jpg
割合たっぷり目のレシピだったので上下2段に焼けました。1時半スタートでわいわい言いながら焼いてちょうど3時のおやつに間に合いました。

 うちの次男、入学前に私と作ったパン作りが料理好きの原点になったらしいので、この子たちも楽しい思い出として料理に目覚めてくれるといいなと願っています。・・・
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-04-01 15:20 | | Comments(2)

自転車の練習

 こないだ6歳の誕生祝いに自転車を買ってやったので、練習を始めています。19日(日)は娘と孫が遊びに来たので、お兄ちゃんの方が自転車に乗るのを見たいということで、下の2歳の孫は三輪車に乗り、家の周りを何周かしました。
d0031853_1172070.jpg
ほんのひと時でしたが、幸い暖かな日だったのでみんなでわいわいと楽しむことが出来ました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-03-20 01:18 | | Comments(0)

孫の誕生日

 お隣、と言っても二世帯住宅で同じ屋根の下に住んでいる孫が15日で6歳になりました。お祝いに夕食後ケーキを、と予約して買ってきたようでしたが、私はあいにく恒例の合唱練習のため食べるころには外出中でした。
 帰宅すると、一切れ取っておいてくれました。
d0031853_2363774.jpg
孫はもう寝てしまっていましたが、おいしいケーキをありがたく(夜に食べると太るなあとも思いつつ)いただきました。
 3月生まれの男の子ですので、たとえば4月生まれの女の子から比べるとかなりの開きがあることでしょう。まだやっとひらがなで名前が書ける程度かと。もうすぐ小学校入学。彼なりにゆっくりゆっくり、急がずじっくりでいいから進んで行ってもらいたいものです。食べられなかった野菜が最近だいぶ食べられるようになったようで、バーバは野菜の小鉢を差し入れするのを楽しみにしています。
d0031853_2424473.jpg
写真は2月28日、一緒の夕食でほうれん草の胡麻和えを完食した時のご機嫌な様子。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2016-03-16 02:42 | | Comments(4)