カテゴリ:孫( 122 )

初めて大根ぬいたよ


d0031853_123233.jpg
5日(水)、集まりの時にけんちん汁をみんなでいただき、次に80食作るので材料を算出したので、「大根ならうちで作っているのを提供するわ、3月7日までにはすが入るのが心配」というと、早く抜いて葉っぱを取って新聞紙にでも包んで保存したほうがよい、と気になっていたことを注意され、そうだ、もうそんな時期なんだ、と忙しさのあまりすっかり畑とご無沙汰だったのを反省。
 帰宅後さっそく残っていた10数本を抜こうと思い、思いついて孫のゆう君にも経験させてやろう、と庭先に誘ったのですが、小さなお手手、葉っぱへどう持って行ったものかもよくわからないようなので、先日読んでやった「おおきなかぶ」の絵本を思い出して「おばあさんと孫がぬいてたね」などと言いながら3本ばかり手を添えて。(そうだ、写メール)と思いついてスマホを構えるのですが、1人ではなかなか。やっと最後の1本になってなんとか一人で抜けました。d0031853_12145219.jpg
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-02-06 12:07 | | Comments(2)

お食い初め

 長男のところの第2子が数えてみたら昨日で百日だったので、養殖ですが鯛を注文し、下手ながら私が焼いて、お赤飯、茶わん蒸し、炒り鶏、菜の花の辛し和え、いちごで形ばかりのお食い初めの祝いをしました。

d0031853_20185588.jpg
鯛が手前にあるので巨大に見えてしまいました。しばし息子とお嫁さんと私で撮影大会。夫が「飯はまだか」といった風情で待ちわびていました。
 デザートのいちごは写らなくて残念でしたが、お赤飯もうまくできて、鯛はうちの電気のではなんだかうまく焼けない気がしたので、お嫁さんのほうの台所のガスの魚焼きで焼いたらいい感じに焼けてよかったです。

 実は、昨晩お赤飯の小豆を煮ておこうと、火にかけたら転寝してしまって、気づくとタイマーで止まっていたものの、なんと水がすべて無くなっていて焦げ付く寸前、赤飯にする赤い水がなくて、仕方なく今日残っていた小豆でやり直し、煮過ぎた小豆はもっと煮てぜんざいに直しましたとさ。夫と美観地区を散歩してかえってからおいしく間食にいただきました。というか歯医者さんの待合室て見かけた雑誌の料理記事、もち米3カップに小豆1カップはどう考えても多すぎました。・・・ぜんざいにしたら2人分に余るほど取れましたけどね。覚え間違いだったのかしら。某公共放送の記事だったのですけれど。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-02-02 20:23 | | Comments(2)

入園バッグの布を買いに

 長いことミシンも触ってないというお嫁さんと、当事者の孫と一緒に布地を買いに手芸屋さんへ行ってきました。入園準備シーズンだからか、割合広い駐車場は8割がた詰まっていてちょっとびっくり。お嫁さんは初めて行くお店で、「こんなにたくさんあるなんて」とびっくりしていました。
 たくさんある幼児向けプリントのキルティング地から選び、アンパンマン柄は今は好きだけれど、卒業までの2年間ずっと好きとは限らない、というので、他から、上下の柄合わせが必要なさそうな、新幹線関連の柄を選び、平織プリント地も幸い同じのがあったのでそれ、そして持ち手の平織のテープとDかん、丸打ちの紐、ミシン糸と色合わせをして布を切ってもらうところへ行くと、平織テープが3㎝のでは広すぎるから2,5㎝のがよいとのこと。ところが2,5㎝のは売り切れらしくその色のがない、ということで水曜か土曜なら入るかもしれない、というのでテープだけ後日ということで。
 孫は珍しいところへ連れて行ってもらったので大はしゃぎ、そこらにいる小さい子にちょっかいを出したり、小物の展示のケースをくるくる回してみたり。帰る段になっても大騒ぎしていてなかなか車に乗ってくれなくておお困りしました。

 帰宅すると午後3時、幸い赤ん坊も泣いていなかったそうで、孫のおやつとお昼寝にかかったところで、お嫁さんと布を断ち、キルティングの布にロックミシンをかけるのを教えました。

d0031853_17454580.jpg ロックミシンも初めてらしくおっかなびっくり、幅が少し太くなったり細くなったりでしたが、縫い代多めに取っていたし、お母さんが縫うのだから、きちっと何センチでないからものが入らないということもないし、大丈夫よ、と励ましつつ、4時半が来て赤ん坊が気になるので作業終了。ともかく素直に言うことを聞いて受け入れてくれるのがありがたいと思います。
入園式までにぼつぼつ縫っていけたらと思ってこちらもなるべく手出しをしないで教えてあげて行こうかなと思っています。洋裁などてんで下手な私で、全然上手には縫えないのですがそれでもこれくらいなら何とかできそう。2世帯住宅に暮らすとこんなこともすぐできてよかったかなと思います。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-01-27 17:29 | | Comments(0)

孫と過ごした半日

 午後からの予定もあったけれど、29日(金)は孫の風邪薬も切れたので生後1か月の下の子の世話に忙しいお母さんに代わって上の孫のゆう君を小児科に連れて行くことにして、8時40分ごろには駐車場に到着。月曜はすでに4台の車がいたけれども今回は私だけ。この日は待合室もそんなわけで2組だけ。ゆう君は本棚からアンパンマンを探そうという絵本を取り出して病気のその子に「はい」と差しだしお母さんに喜んでいただきました。前回そこを私が説明してやっていたので、アンパンマンがどこにいるかを覚えていてそのお母さんに教えてあげていたのがおかしい。
 おもちゃコーナーに行くと帰らないと駄々をこねるのでさっさと今回は薬局に。孫に処方箋の紙を持たせて移動中、到着した車に向って「おはようございます」と孫は声をかける。孫の特技?はだれにでも挨拶をし返事があるまでその人を追いかけるという事。いいような困るような。
 薬局で処方箋を渡すのと薬を受け取るのを孫にさせる。なんでも任せられると張り切る。
 次に、私の用事で郵便局へ。いつも行く小さいところではなくて、思いついて本局へ。このところ風邪で家の中に閉じこもってばかりいたのでできるだけいろいろ見せてやりたいと思ったのでした。広いロビーに朝いちばんなので人もまばらで孫の社会科見学にと思っていった私の思惑通り。この頃は耳の不自由な人のためにか、呼び出し番号を窓口の人が掲げたり手を上げたりして大げさに?合図してくれるようになったみたい。孫は数字にとても興味を示すので、その順番を示す番号を見たり窓口番号を読ませてみたり。
 次に向かったのはスーパー。朝のミネストローネに入れる人参が少なかったので、人参だけくらいなら孫にも買い物するところを見せてもいいかと思ったのでしたが、子供用のカートがあるのを見つけてそうだ、と孫に押させてみたところ、そういう責任あるお役?を与えられると張り切るこの時期の孫にぴったりだったのか、しっかり押してついてきてくれ、人参だけではもったいないとばかりに、翌日の材料も色々選んで孫にかごに入れさせると興味を持ってやってくれました。困ったのは値段を示している、小さな文字盤。値段はお店にとってとても大切なのだから触らないように、と注意。思ったよりうれしいお買いものになりました。そしてここでも、知らないおばさんに「おはようございます」と声をかけて喜ばれて?いました。
 そして、帰宅後お母さんは授乳中だったので、私が代わりに孫と歩いて幼稚園まで行き、入園願書をもらってくることにしました。道ですれ違った知らないおばさんにも「おはようございます」。
 たまたま2階お遊戯室では祖父母参観の行事が行われており、一斉に下の教室?へ帰って降りてきた園児たちに混ざってゆう君も教室へ行ってしまい、「大きくなったら来年来ようね」というと、「ゆう君も」とぐずる。
しまった。こういうのに踏ん切りがつかないのだった。
 何とか幼稚園を出ると、そこは小学校の運動場なのですがあいにく長い休み時間になって大勢の子どもがドッジボールだの竹馬だの鉄棒だので遊んでいて、ゆう君はドッジボールのコートの中へ。「あぶないから」と子どもに言われて、帰り道近くの鉄棒へと引っ張っていく。すると、2年生の女の子たちがくるくると逆上がりしているので、出来ない私は尊敬してしまいました。ゆう君は落としていた帽子を拾って女の子へ「はい」。
 帰らない帰らないとぐずるので抱きかかえて帰り疲れました。
 朝食用にミネストローネをまとめて4,5日分作るのに、朝作っておいたお弁当を食べさせながら作り、スープの素をむいていてさせて、塩も計って入れるのをゆう君にさせ、何とか昼に出かけることができました。やれやれ。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-11-29 23:36 | | Comments(0)

風邪ひき

25日(月)、若い人のための家計簿つけ方を中心にした家事家計講習会で、託児もあるのでそこへ行って孫を預けるつもりでいたところ、ゆうくんが前日3度の下痢、咳が少し、鼻水、とのことで行く前に小児科受診に連れて行くことになりました。
 以前インフルエンザの予防接種に2度行ったその小児科は9時にならないと空けてくれないのですが、月曜朝とあって早めに、と20分前に着いたら、もう4台の車が駐車していて、ドアが開いてないのに狭い軒下で待っている人もいたので、こちらも順番が遅くなっても困るので並ぶことにしました。

d0031853_1465124.jpg幸い分厚い上着を着ているので少々の雨は気になるほどでなく、15分ばかりほかの人と並んで待ち、孫は数字が好きなので「何番目か数えてごらん」というと、前の人からさして「いち、に、・・・ごばん」と私たちが5番目とわかる。
ドアが開き、皆さん診察券を出すと、さっそく隅の畳?のおもちゃコーナーへ駆け寄り、我が家にないおもちゃで遊びだす。
 先生の呼び出しに靴を履くのが間に合わず、さっと抱えて診察へ。優しい先生、さすが小児科医でした。病状をお嫁さんに聞いた通り、昨日3度下痢、咳、など話すと、おなかと背中、喉を見て整腸剤と咳止めだったかを処方してくださいました。
 処方箋が出たところで隣の調剤薬局へ行き、自分の薬を受け取るのは自分の役目と自覚できるようなので、一緒に行こうとする私と、おもちゃコーナーで遊んでいたいゆう君は「かえらない」と言い張り靴も履かないとバタバタしてはかそうとするわたしと散々遣り合うので、しかたなく抱きかかえるようにして調剤薬局へ。
そこでもずいぶんやだやだ、と言っていましたが、自分の薬を受け取るとご機嫌がすこしなおり、なんとか車へたどりつくことができました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-11-27 03:13 | | Comments(0)

小児科受診

 孫のゆうくんが咳と鼻水があるというので、新生児のほうに移さないか心配な親が小児科に連れて行ってくれというので、私の予定をやりくりして11日(月)に連れて行くことになりました。インフルエンザの2回目の予防接種を金曜日にしたばかりなのでしたが、そっちの影響はなさそうでした。
 月曜朝というのでなるべく早くと思って出かけましたが、最初のインフルエンザ接種の時に9時診察開始というんで8時半過ぎに行くと、まだお掃除ができていないからと待合室にも入れてもらえず、外で待たされた等経験があるので、車の中で待機していました。
 すると初めてという人が2台来て、ドアまで行って閉まっているのでその人たちも車まで引き返して待っていました。9時直前になってやっと玄関マットが敷かれ、ドアが開けてもらえ、ぞろぞろとその人たちが先になって入りました。
 で、私とゆう君、3番目か、と思ったらその人たちが問診票を書いている間に呼ばれました。優しい感じの子供が好きでたまらない風の先生、胸と背中に聴診器を当て、喉を見てくださり、症状に合った薬を処方してくださいました。
 そこまでは順調だったのですが・・・待合室の畳敷き?のおもちゃコーナーにゆう君は夢中。「お薬もらってくるから待っててね」。と、別棟の調剤薬局で薬をもらい(倉敷市では診察も薬も子供は無料、というのを初体験し、よい時代になったものだわと思う)帰ってくると、待合室は親子でソファは一杯。おもちゃコーナーのゆう君は帰りたがらなくて、もっと症状の重い子と一緒になって移るのも心配でした。ほぼ同時に入ったおかあさんも、「ここから帰らせるのは至難の技ですね」。
 お父さんにうながされると素直に帰っていく子もいたのにゆう君はおもちゃが楽しく帰ろうとしません。やっとあんぱんマンはどこにいる?の絵本に興味が移り、だっこして一緒に見ながら靴を履かせてひきあげることができました。
 が、「薬、行く」・・・(しまった)薬を受け取りに行くのが楽しみだったらしいのです。もらったというと、「ゆうくん行く!」とぐずり出して困り、薬袋を渡してやっと機嫌が収まりました。
 いろいろ考えさせられた小児科受診でした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-11-12 00:27 | | Comments(0)

孫を預かって

 お嫁さんが出産直後なので、新生児とゆっくり過ごさせてあげようと、上の孫のゆうくん(3歳7か月)をできるだけ連れて出るようにしています。が、この子がまた元気で走り回って、連れている間はほぼ目が離せません。週に2~3日は午前中預かってくれるところがあるので、そこへ送ってから、いざ買い物だの用事を済ませることになります。忙しい。
だけどゆうくんができることをできるだけさせるという方針で、できることが増えてくるのを見守るのはなんと楽しいことか。羽仁もと子先生が「子育てはもっとも楽しい事業」と書かれたことも本当にそうだなと思います。親でないからゆとりがあるのかな?
 ちょうどトイレに行きかけたころだったので、最初のころはアンパンマンの取っ手のついた子供用便座を載せてやっていましたが、そのうちに後ろ向きに大人用の便座にまたがることを覚えると、もう子供用便座はいらないとばかりに自分で取り外して乗っています。
 それから、うんちの時も黙って流していたので、どんなのが出たのか見たいから流さないでね、というとそのときは「さんこでた」と言っていて、次の回に見せてくれたらほんとうに三切れでていておかしかった。
 トイレの時はだいぶ遠くからズボンとパンツを脱ぎ棄てて行っていて、履くときにはたぶんおかあさんには履かせてもらっていたようなので、ゴムの左右を持って、こうやって、と手を取って教えてやり、お尻の山を越えるのが難しいのですが、あるときズボンを後ろ前にではありますがちゃんと一人ではいてきたときもあり、「やったね、できたね」とほめると得意げでした。
 このつぎは、黙っていくのではなく、おしっこ、とかトイレ、とか大人に言ってから行くようにさせたいと思っています。

 あとは一緒に歩くとき大人と手をつなぐのをとても嫌がるので、嫌がらずに車が危ないから手をつなぐことを定着させたいこと、食事の遊び食べをなくしたい、偏食をなくしたい、とババはあれこれ楽しみにどうしたらよいかと考え中です。
野菜嫌いにはほとほと困ります。炒飯にすると食べるのですが、卵焼きに青菜を刻んで入れるのは食べません。芯のほうに青菜を入れて上から卵だけのを巻いてやっても、さっぱり食べず。6つに切っていて、食べないので私が1切れ食べると、「6個いる」といい、数にはこだわるくせに、食べる気はないのです。この日は特別機嫌が悪く、木のスプーンを投げたと言って父親からおこられ、わんわん泣いていて、「ごはんだからおいで」というと少し気分が変わったと思ったのですが、おにぎりもこの卵焼きもちっとも食べてくれませんでした。
 あんまり食べないのも、とバナナを出すとそっちは1本食べました


(随時この項目は付け足して書きます)
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-10-30 10:29 | | Comments(0)

お産と潮の干満の関係

 私の実家は海辺ですが、ある時美容院に行っていたらお店の関係の方がお産をするようで、「今、潮を見に行ってもらったけれど、まだみたい」というのです。海辺の町だったので、お産と潮の干満との関係を経験的に皆さん知っているようでした。その時は満ち潮、が多いようです。
 ちなみに人が亡くなるのは引き潮の時、と聞いたことがあります。
 うちの長男のお嫁さんも臨月を迎え、出産が秒読み段階なので、そのことがとても気になっています。
この三連休、だと上の子を息子があずかれるしいいと思っていたようなのですが、その兆しはなく、週明けになりました。
こちらのサイトにはその潮の干満とお産との関連がありました。
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0327/231996.htm
関連がありそう、というご意見が多いように思えます。
それも大潮である満月や新月の直後が多いようだとのこと。
我が家から一番近い水島の満潮時刻を見てみると・・・
http://www.data.kishou.go.jp/db/tide/suisan/suisan.php?stn=MM
 ↑
これだと、満月の1日後の20日(日)の正午前後か午後11時ごろが一番確率が高そう??
ババはドキドキしながら待っておりますよ。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-10-15 07:45 | | Comments(0)

星の郷青空市、ピオーネ祭り

 長男のところのゆうくんが娘のところのmioと先日会って以来、mio姉ちゃんと何度も言うとのことだったので、一緒にご飯食べよう、と14日お昼を食べることに。すると、連休で習い事もないそうで、そのまま泊まっていくことになりました。 そして、送っていく前に、美星町の青空市へ行ってみたいという夫の意見で、孫2人連れて行ってみると、「ピオーネ祭り」というイベントをやっていて、遠くのほうから渋滞、特設の駐車場3か所位も満車状態。びっくりでした。
 
d0031853_7151586.jpg
せっかくなので行列してピオーネを箱買いしました。安いのから高いの、また房の数もいろいろ選べました。山に積んだピオーネがレジ4つか5つを設置した窓口からどんどん売れていたのにびっくりでした。

 焼きそばや串焼き、ドーナッツ、地元のお米や黒豆で作ったお味噌などのテントが出ているのを見物、常設レストランで地元野菜いっぱいのランチをいただき、徳山牧場のジェラート屋さんへ。
 ジェラート屋さんへ行く前、mioはおこづかいで何かお土産を、と長いこと迷った挙句に、お友達からこの前何かをもらったそうで、お返しにと、美星の星の形をしたストラップをおそろいで4つ、ちょうど1000円で買っていました。小遣い帳につけようね、とレシートを出してもらいました。

 帰りの道中でゆうくんはぐっすりと寝ていて、mioの家についてお別れも泣かずにできたのはまだ半分寝ていてぼーっとなっていたためです。
 
 
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-09-16 07:12 | | Comments(0)

10歳の自作「ゆるキャラ」お弁当 kawaii


d0031853_16574977.jpg
孫娘mioの力作なんだそうです。娘からの写メール。
なんでも、今治のゆるキャラ、バリィさんをモチーフにしたものなんだとか。

うー、なかなか力作か?

d0031853_1781546.jpg
・・・ていうか、ゆるキャラグランプリで1位だって?知らなかったです。
こういう情報も若いものから仕入れないと知らないことが多いですね。

バリィさん⇒http://www.barysan.net/
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-09-06 17:03 | | Comments(0)