カテゴリ:うれしかったこと( 231 )

孫娘と台所に立って

 2世帯住宅の我が家はドア1つで仕切られているので、孫たちにとってはバリアフリー。上の子も気が向くとこちらへやってきては積み木とかトランプをしてまた引き上げて行ったりしますし、1歳10か月の妹もオニイチャンにくっついてやってきてはお絵かきなどしています。
 そしてまた、妹の方はオニイチャンのための行事があると、お嫁さんが足手まといになるというので預かることが時々あります。以前は絵本を読んでやったり遊んでやることがいいことだと思ったのでしたが、こちらが家事をするのを見せるのもよいかと、台所に立つときには低い万能台と、丸椅子を並べておいてやると、丸椅子の上になんとか一人でも上がれるようになってきました。丸椅子の上に立つと調理台に手が届き、適当にペットボトルのふたや網杓子などを与えると遊んでいます。
 遊ぶばかりではなく、私のすることに興味深々。小松菜ともやしの胡麻和えを作ったのですが、小松菜を茹でるために鍋の方へ持って行くときに2枚ほど葉っぱが落ちていたらそれを拾い上げてくれたり、こまごまよく気が付きます。すり鉢でごまをするというのも、小さな手ですりこ木を持たせて一緒にすると、とても喜んでもっとしたい、という風でした。ちょうど父親が帰宅したのですが、お迎えに行ってやれやれ、と思ったらつづきをしたい、とまたやってきました。和え衣が出来たので指につけてなめさせてやるとおいしい、という顔。野菜の味付けをして小松菜の柔らかそうなところを食べさせてみると、これまたおいしそうな顔。こんなことができるのも幼稚園に行くまでのことかな、と思うと、短いこの時期を大切に触れ合いたいと思います。
 こんな幼児体験が大きくなって少しは記憶に残ってくれてお料理に興味を持ってくれるとうれしいなと思います。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-08-29 02:30 | うれしかったこと | Comments(0)

孫とおやつ作り 豆腐レアチーズケーキ

 6日(木)孫たちと前回固まらなくて失敗だった豆腐レアチーズケーキを再度挑戦、私にとっては4度目のレアチーズ作り。
 作るのに忙しくて写真を撮る暇もなかったのでしたが、孫にできたことは、土台のカステラを敷き詰めること(そしてその残りの切れ端をパクパク)、レモン絞りでレモン果汁を一生懸命絞ったこと、粉ゼラチンをお湯に投入し溶かしたこと、お砂糖の代わりにマーマレードを入れるのをしたこと、フードプロセッサーのボタンを押したこと、出来上がったどろどろの原液を型に流し入れるのをゴムべらでしたこと等でした。
 できたのが4時だったので、7時の所まで待つことを教え、夕食のデザートとしていただくことにしました。その日のうちに食べないと自分がしたことの結果を忘れてしまいそうだったので。
 今度こそ、濃厚なチーズとお豆腐とマーマレードとレモン汁のレアチーズケーキをいただくことができました。

d0031853_440045.jpg
(写真は前回のもの)
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-08-07 04:40 | うれしかったこと | Comments(0)

平家物語絵巻展―林原美術館

たまたま18日(土)付の山陽新聞で、岡山城のすぐそばにある林原美術館で、平家物語絵巻展が18日からあることを知りました。3年前の展覧会にも行って、学芸員の方のギャラリートークがとても興味深くてよかったのでいいな、行きたいなと思いつつ、夫の気まぐれドライブについて行きました。
 そうしたら、行先が偶然にも岡山市内へと向かい、それならあそこへぜひ行きたい、と願って、見ることができて本当にうれしかったです。

d0031853_1164045.jpg
d0031853_116508.jpg
館内の展示はもちろん撮影禁止ですのでご紹介することはできません。
 昼食を済ませてから伺ったのですが、ちょうどギャラリートークのある土曜日だったのも何かの縁、ラッキーでした。トークの始まるのが午後2時ということで、それまでに一通り丁寧に見ておくことができました。
 
 前回と同じ学芸員、浅利さんのお話から・・・
 ここの平家物語絵巻は全国でも全巻そろったただ一つの物だそうです。普通12巻の所を、全部上・中・下の3巻に分けていて全部で36巻分が分類されて引き出しに入る箪笥があり、その引き出しの前にはどういう内容の巻であるかを書き記してあり、取り出しやすくなっている、というのは前回の説明と同じ。
 冒頭の「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」という有名な部分は、素晴らしい高級な料紙が使われており、筆跡もほかの二比べ物にならないくらいに美しいものです。靑蓮院の門跡?の手によるもので、学芸員の方の説明もやはり、これができた江戸時代においても特別な箇所なのでその部分だけは特別字の上手な人の手によって書かれた物だそうです。

 あとは印象に残った説明は、この平家物語絵巻の写真は高校の古文だとか歴史の教科書などに掲載させてくれとか言う引き合いが多くて稼ぎ頭なんだそうです。一つのショーケースに、掲載されている教科書などが展示されており、私自身も、高校の古文あたりで、一ノ谷の合戦の義経の鵯越(ひよどりごえ)の話だとか、平重盛都落ちの話、屋島の合戦の扇の的の話などは習った記憶があります。

 好きな場面は数々あり、それが絵になって見えるというのがとても魅力でした。また、本文の筆文字(くずし字)のそばに現代語訳がついていて、それを丁寧にたどって読んでいくことで平家物語のあらすじもわかるようになっているので、高校生でも大変よい勉強になると思います。

 今回はまた、関西大学の協力により、画面をスキャンしてデジタル映像化されて、パナソニックの協力により50インチの大画面で引き伸ばしてみることができることです。例として、壇ノ浦の合戦の二位の尼と安徳天皇の入水の場面、これは実物ではほんの1㎝ほどの絵なのに、引き伸ばしてみることによって、尼の顔の輪郭の下絵の腺までうっすらと見えることを説明していただき、興味深いものがありました。

 前期と後期に分かれていて、前期(7月18日~8月23日(日)では源平の争乱の様子を全巻36巻分広げて見せてもらえ、巻物のため同じ巻でも別の場面をと、後期(8月25日(火)~9月23日(水・祝)ではたとえば小督の悲話など魅力的な人物を中心に見せてもらえるそうです。ぜひ後期にも足を運びたいと思いました。


前回の平家物語絵巻展の記事はこちら⇒http://kurakeiko.exblog.jp/16818522/


帰宅後、テレビのニュースで、凸版印刷が「くずし字」を判読できる仕組みができたとの話、これがあれば平家物語の本文もまた楽に読めるのでは、と期待が持てる話でした。⇒http://www.toppan.co.jp/news/2015/07/newsrelease150703_2.html
 
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-07-19 01:39 | うれしかったこと | Comments(2)

栄養指導から

6月4日、夫の病院の定期受診のお供。例によって栄養指導の管理栄養士の先生のお話は私にとって何よりためになり励みになります。
例によって最近2か月分の食事の写真一覧を持参して見ていただきました。(この写真一覧を作るのはPhotoScapeフォトスケープと言うフリーソフトの画像編集の中の印刷機能を利用しています)

d0031853_0291395.jpg
d0031853_0292518.jpg
写真の下のファイル名が日付になっています。お弁当は昼に毎日持って行っているのですが、たまにしか写真を撮らないもので、1つしかありません。ごはんは100gを計っています。上に乗っているのは冬場の12月くらいまでに作って冷凍していた家庭菜園の大根葉から作った自家製ふりかけです。
今回勉強になったのは、この写真を見て先生がどこを見るかというと、主菜が何かとかいうよりも、野菜が沢山使われているな、とかそういうことを見るそうです。野菜と言うのは手間がかかるから摂りにくいということがあるからのようです。
また、検査の結果出て来たデータのうちHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)のデータを見ると、ここ2カ月くらいの単位の食生活の結果がわかるそうで、もう一つ、グリコアルブミンは直近の食生活の結果が出てきているそうです。ヘモグロビンというのは血液の中の赤血球の成分ですが、それに糖が沢山くっつくので、どれだけくっついているかによって食生活の結果がわかる、との事。
つまり、そのデータ2つを見ることで暴飲暴食をしているとたちどころにばれてしまうという事でしょうか。
まさに食はいのちの源、その人を作るのだなという事がわかります。
一食一食、大切に作って食べたいと思いました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-06-05 00:45 | うれしかったこと | Comments(1)

「つけててよかった家計簿」ふたたび。

 昨夜のこと、いつものように合唱の練習に行っていて、月初めなので会費をお払いする段になって、会計の人から「そういえば、あなた4,5月に休みがあったから会費をまだもらっていないみたいだけど」と言われるので「?」多分払ったと思うけど、と手元の赤い手帳を見ると、5月の所に「会費2,000円」と、ごちゃごちゃしたメモの間に書き入れていました。
 でも確証ではないので、「毎日財布の中の現金を合わせているから、帰ってから家計簿を確かめてみるからね」
というと、えらく感心されました。
帰宅後見ると、やっぱり手帳のメモの日にきちんと「4,5月分会費」として教養費の欄に記入があり、確信が持てました。で、報告のメールをすると「すごいね、助かったわ」というので、
いえいえ、「私は自分の記憶力に全然自信がないので、忘れないうちに記帳しているだけよ。」と返信。

・・・ためずに記帳、記憶より記録、これは私の鉄則です。
d0031853_1301040.jpg

[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-06-03 12:47 | うれしかったこと | Comments(4)

天然靑うなぎを

 用事があって岡山の街へ久しぶりに出て行き、お昼になりました。どこで食べようかという事になり、夫が行きたい所へ、指示通りに車を走らせてコインパーキングへ。そこから歩いてとある小さいお店の前へ。夫が、そこはおいしいと評判だから、と、そこの隣の入口へ。あれ?となり?
 と、そこはお好み焼きのお店。そこかな?と思いつつ私も入ると、夫、間違えた、と。お店の人が「お隣でしょう?」。私、「ごめんなさいね」と謝る。出て、お隣のうなぎ屋さんへ。
 小さい、ご夫婦だけで経営しているようなお店でしたが、「天然靑うなぎ入荷」と店の前にありました。私は値段も知らずに、「養殖物は脂気が多いけれど天然ものは身が締まって脂気が少ないみたいね」というと、夫が天然の靑うなぎを注文。そばのテーブルの若い男性は定食を頼んで私達より後から来たのに早く出てきて、食べ始めました。うなぎの方は多分生け簀で生かしてあるのをさばいて焼いてくれているのでしょう、だいぶ時間がかかりました。
 そして・・・

d0031853_1315779.jpg
出て来ました。うな重。きもすいと、やまかけの冷奴と、う巻き卵と、奈良漬がついて。ご飯にはたれがたっぷりとしみて、うなぎは養殖物と違い身が厚みは薄くて締まっている感じか。1尾分びっしりと乗っています。さすがにおいしい。もちろんおいしい。夫、う巻き卵という事がわからず、「中にうなぎが入っているよ」というとふーん。
 外食のお払いは夫が財布からお金を出してたいてい私が払う役。1万円札を出し、これで足りるかと思ったらなんと。おかみさんが申し訳なさそうに値上がりして、との事。1万3千円(!!)でした。ひえー。夫もうわさに聞いて一度食べに来たかったそうでしたが。夫のお小遣いで払ってくれたのですが。。。休日のお昼にしてはちょっと高すぎではないかと少々の後悔もありましたが、夫も初めてこんなお店に私を連れて来てくれて、感謝しないといけないと思い直しました。ありがたやありがたや。冥途の土産に?? します。
 
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-05-17 01:43 | うれしかったこと | Comments(2)

つけててよかった 家計簿

 昨日は高梁に行って頼久寺の拝観料2人分600円を支出しましたが、後は夫の支払いで、それほどの出費はなかったので家計簿をつけず、本日食料品を買ってきたので3日ぶりに家計簿を開き、お財布の中身を数え、出費と合わせました。
 すると、なんと2,000円多い。足りないのはこちらのつけ落としで日常茶飯事なので、はて、何に使ったか?と考えるのですが、多いのです。考えてみたら、一昨日、家計簿を昼間つけた後で夕方町内の人が町内会費と日赤の募金の集金に来られたこと。1万円でおつりをもらったのですが、こちらも深く考えずに受け取ったのが間違っていたとしか考えられない。。。
 ということで、その町内会の当番の方に電話してみました。すると、その人は、どこかで間違ったのはわかったけれど、自分のミスだからとかぶるつもりでいたらしいという事がわかりました。その方に迷惑が及ばなくてよかった。家計簿をつけていなければ、お財布の中身もきっちり数えることもまずないと思います。
 日々地味にお財布の現金と出費の額を合わせて家計簿に記帳すること、出来るだけ行方不明のお金がないようにと努力するのですが、たまにはどうしても思い出せない不明金も出ます。それは「特別費」に入れておくのですけれど、何とも気持ちの悪いものです。今回は相手の有ることで原因がわかり、よけいにつけてて良かったと実感した出来事でした。006.gif

私のつけている家計簿はこちら⇒http://www.fujinnotomo.co.jp/other/kakeibo/b99511/
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-05-06 15:56 | うれしかったこと | Comments(4)

チャイルドシートを買いに

4月30日、かねて約束だった次男の所のベビーちゃんのためのチャイルドシートを買いに出かけました。

d0031853_1044263.jpg

d0031853_1045263.jpg
こちらは品ぞろえが豊富。今の車にはチャイルドシートを引っ掛ける器具が備わっているとのことで、シートそのものの機能も申請時から2,3歳までとかのリクライニングだとか回転だとか、日光を遮るためのフードとかがついており充実しているんですね。7万円近くしてびっくりでした。そこはそれ、ジジババの役目かと、大蔵省。私の子育て時代にはチャイルドシートなどはなくて、2ドアの車の後ろを平らにしてベビー布団を敷き詰め、動く子供部屋?みたいにして3人の子供を乗せて、お昼寝が出来るようにしていましたっけ。

d0031853_10465510.jpg
おもちゃだとか育児用品だとかは日ごろ目にしない年代になっているので、至れり尽くせりの赤ちゃん用品があふれかえっているのを見て本当にびっくり、カルチャーショックを覚え、少々目が回りそうになる位。お金を掛けようと思えばいくらでもかけられる?けれど、おもちゃは多く持ちすぎないことが大事と思うので、「買わないよ」。まだ見ぬベビーちゃんには長女や長男の所から不要になったベビーラックだとかベビーバスその他たくさんのゆずりがあります。

d0031853_10483430.jpg

お昼は麦とろの店で各自選んでの昼食、4人で。

d0031853_104975.jpg
次男たちと食事する機会はめったにないので、夕食も。手巻き寿司にしたところ、長男の所のゆうくんが「お寿司食べたい」と卵巻きを作ってもらって越境して食べました。
長男たちはハンバーグを食べていたようです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-05-03 10:50 | うれしかったこと | Comments(2)

早く日本語しゃべってほしい・・・

1歳半の孫娘、ドアを開けてオニイチャンと一緒に我が家になだれ込んで?時々遊びに来ます。
この頃特に、なにやら一生懸命話しかけてくることが多いのですが、残念なことにこちらにはちんぷんかんぷん。でも、何か訴えかけるので、わからないなりにしゃがんで目線を合わせて、話に応じるようにしています。
 何を考えているのやら。ある程度大きくなってから「実はあの時」・・・というのかな、それとも「そんなの忘れた」というのかな?
 それにしても一生懸命に「自分語」で語りかけるかわいい孫娘を見ると、つい忙しさも忘れて真剣に「ふんふん、それで?」と向き合う私です。
 早く日本語を習得してもらいたいです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-04-23 16:48 | うれしかったこと | Comments(2)

本日、家事をがんばる。

久々に少し時間がとれて晴れ!!
というわけで、家事をバンバンしました。
①夫と私のパジャマの洗濯
②玄関回りの掃除
③トイレと玄関の花を活け替え。(玄関の外に咲いているクリスマスローズを切っただけですが)
④居間の片づけ、掃除機掛け
⑤観葉植物や鉢物に水やり
⑥冬物の外出着(スーツやブレザー)を日光に当ててブラッシングして仕舞う。
⑦ダウンコートを本を見て手入れして干し、仕舞う。

d0031853_1327756.jpg

↑ずーっとやりたかったのに時間がなくてやれずにいたので、今日、やっと思い切って。でも、不器用な私のこと、タオルでこすりすぎて、打ち込み式のスナップの所をこすって布がはずれかけ、あわてて寄せてきて何とか。
汚れを中性洗剤や濡れタオルで取って乾いたタオルで拭いて、今、日に干しています。クリーニング代の節約と、クリーニングに出すとかえって汚れるたり痛んだりすることもあると聞いて。
⑧これから着る薄手のジャケット類を洋服ダンスから出してきて日に当てる。
⑨物が沢山置かれていたカウンターの上の段の物を整理、処分。
⑩明日の資源ごみの日のために古新聞などを束ねてキャリーにのせておく。
⑪コートのポケットに入っていた皮手袋を皮革用のクリーナーをつけて手入れ。
・・・など。
きゃー、やるじゃん、私。・・・とはいえ、普通の主婦ならこれくらい日々していることかも。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-04-21 13:33 | うれしかったこと | Comments(2)