カテゴリ:うれしかったこと( 225 )

つけててよかった 家計簿

 昨日は高梁に行って頼久寺の拝観料2人分600円を支出しましたが、後は夫の支払いで、それほどの出費はなかったので家計簿をつけず、本日食料品を買ってきたので3日ぶりに家計簿を開き、お財布の中身を数え、出費と合わせました。
 すると、なんと2,000円多い。足りないのはこちらのつけ落としで日常茶飯事なので、はて、何に使ったか?と考えるのですが、多いのです。考えてみたら、一昨日、家計簿を昼間つけた後で夕方町内の人が町内会費と日赤の募金の集金に来られたこと。1万円でおつりをもらったのですが、こちらも深く考えずに受け取ったのが間違っていたとしか考えられない。。。
 ということで、その町内会の当番の方に電話してみました。すると、その人は、どこかで間違ったのはわかったけれど、自分のミスだからとかぶるつもりでいたらしいという事がわかりました。その方に迷惑が及ばなくてよかった。家計簿をつけていなければ、お財布の中身もきっちり数えることもまずないと思います。
 日々地味にお財布の現金と出費の額を合わせて家計簿に記帳すること、出来るだけ行方不明のお金がないようにと努力するのですが、たまにはどうしても思い出せない不明金も出ます。それは「特別費」に入れておくのですけれど、何とも気持ちの悪いものです。今回は相手の有ることで原因がわかり、よけいにつけてて良かったと実感した出来事でした。006.gif

私のつけている家計簿はこちら⇒http://www.fujinnotomo.co.jp/other/kakeibo/b99511/
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-05-06 15:56 | うれしかったこと | Comments(4)

チャイルドシートを買いに

4月30日、かねて約束だった次男の所のベビーちゃんのためのチャイルドシートを買いに出かけました。

d0031853_1044263.jpg

d0031853_1045263.jpg
こちらは品ぞろえが豊富。今の車にはチャイルドシートを引っ掛ける器具が備わっているとのことで、シートそのものの機能も申請時から2,3歳までとかのリクライニングだとか回転だとか、日光を遮るためのフードとかがついており充実しているんですね。7万円近くしてびっくりでした。そこはそれ、ジジババの役目かと、大蔵省。私の子育て時代にはチャイルドシートなどはなくて、2ドアの車の後ろを平らにしてベビー布団を敷き詰め、動く子供部屋?みたいにして3人の子供を乗せて、お昼寝が出来るようにしていましたっけ。

d0031853_10465510.jpg
おもちゃだとか育児用品だとかは日ごろ目にしない年代になっているので、至れり尽くせりの赤ちゃん用品があふれかえっているのを見て本当にびっくり、カルチャーショックを覚え、少々目が回りそうになる位。お金を掛けようと思えばいくらでもかけられる?けれど、おもちゃは多く持ちすぎないことが大事と思うので、「買わないよ」。まだ見ぬベビーちゃんには長女や長男の所から不要になったベビーラックだとかベビーバスその他たくさんのゆずりがあります。

d0031853_10483430.jpg

お昼は麦とろの店で各自選んでの昼食、4人で。

d0031853_104975.jpg
次男たちと食事する機会はめったにないので、夕食も。手巻き寿司にしたところ、長男の所のゆうくんが「お寿司食べたい」と卵巻きを作ってもらって越境して食べました。
長男たちはハンバーグを食べていたようです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-05-03 10:50 | うれしかったこと | Comments(2)

早く日本語しゃべってほしい・・・

1歳半の孫娘、ドアを開けてオニイチャンと一緒に我が家になだれ込んで?時々遊びに来ます。
この頃特に、なにやら一生懸命話しかけてくることが多いのですが、残念なことにこちらにはちんぷんかんぷん。でも、何か訴えかけるので、わからないなりにしゃがんで目線を合わせて、話に応じるようにしています。
 何を考えているのやら。ある程度大きくなってから「実はあの時」・・・というのかな、それとも「そんなの忘れた」というのかな?
 それにしても一生懸命に「自分語」で語りかけるかわいい孫娘を見ると、つい忙しさも忘れて真剣に「ふんふん、それで?」と向き合う私です。
 早く日本語を習得してもらいたいです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-04-23 16:48 | うれしかったこと | Comments(2)

本日、家事をがんばる。

久々に少し時間がとれて晴れ!!
というわけで、家事をバンバンしました。
①夫と私のパジャマの洗濯
②玄関回りの掃除
③トイレと玄関の花を活け替え。(玄関の外に咲いているクリスマスローズを切っただけですが)
④居間の片づけ、掃除機掛け
⑤観葉植物や鉢物に水やり
⑥冬物の外出着(スーツやブレザー)を日光に当ててブラッシングして仕舞う。
⑦ダウンコートを本を見て手入れして干し、仕舞う。

d0031853_1327756.jpg

↑ずーっとやりたかったのに時間がなくてやれずにいたので、今日、やっと思い切って。でも、不器用な私のこと、タオルでこすりすぎて、打ち込み式のスナップの所をこすって布がはずれかけ、あわてて寄せてきて何とか。
汚れを中性洗剤や濡れタオルで取って乾いたタオルで拭いて、今、日に干しています。クリーニング代の節約と、クリーニングに出すとかえって汚れるたり痛んだりすることもあると聞いて。
⑧これから着る薄手のジャケット類を洋服ダンスから出してきて日に当てる。
⑨物が沢山置かれていたカウンターの上の段の物を整理、処分。
⑩明日の資源ごみの日のために古新聞などを束ねてキャリーにのせておく。
⑪コートのポケットに入っていた皮手袋を皮革用のクリーナーをつけて手入れ。
・・・など。
きゃー、やるじゃん、私。・・・とはいえ、普通の主婦ならこれくらい日々していることかも。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-04-21 13:33 | うれしかったこと | Comments(2)

この花何の花?


d0031853_325633.jpg
門扉の所に置いてある鉢植えの木に花が咲いていました。
 赤い実がなるはずなのに、北向きの所のせいでずっと実がつきませんでした。教会の前庭には大きな木があって、鈴なりに実をつけているのを見てびっくりしたことがありましたけれど。
 生協の宅配で買ったこの木の名前は「クリスマス・ホーリー」。クリスマスカードで見かける、とげの数の少ないヒイラギの一種です。買った時には夫が「なんじゃこりゃ」と言ったくらいに貧弱な枝ぶりでしたが、長年少しずつ枝の欲しい方の芽を大事に育てるなどして形を整えてきました。赤い実、なるといいなあ。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-04-11 03:07 | うれしかったこと | Comments(2)

スーツのリフォームができて

先日デパートのリフォームコーナーにお願いしていた、10年以上前に買ったスーツのリフォームが出来て受け取りに行きました。気になっていたスカート丈も膝丈の足が一番細くなっているあたりで切ってもらったので、小柄な私に長すぎて気になっていたのがすっかりよくなり、また1㎝幅くらいのえび茶色のパイピングがある、ちょっとかわいらし目のショールカラーも取って襟なしに。襟まわりが少し下がるのを言われたけれど、季節柄タートルのセーターでも合わせると、今時分ちょうどよい感じに仕上がり、このところ着る機会がないのと着る気になれなかったスーツが、これならまたちょっと余所行きに着て出かけられそう、とうれしくなりました。
 それにしても、実家の母の若いころは、洋裁学校ばやりで、母の友人もその洋裁学校を経営していたそうで、母も習い覚えて私の小さい頃はもちろん高校の制服まで縫ってくれたものです。いや、勤めていた頃のパンツスーツもまた縫ってくれました。
 けれど娘の私は・・・不器用で、学校の宿題も大部分母に手伝ってもらっており、子どもの通園用カバンとか半ズボンとかを親が縫う、という場面になって本当に困りました。「生活団」に行ったおかげで何とか自分の給食当番用の白のスモックエプロン、子どもの半ズボン、卒業の時のベストとキュロットなどを手作りできたのは奇跡?・・・でした。
 そんなわけで、余所行きのスーツのリフォームなどはとても自信がなくて、その分3万なにがしかお払いしたわけでした。
 
 で、このたび受け取りに行ったとき、70代後半かとお見受けする老婦人が、「着物をコートにリフォームしてもらいたいのですが」と受付で相談なさっていて、それもいいなと聞いていると、なんと「13万円ほどかかります」とのこと、私もですがその方はもちろん「えー!!」という感じでした。
自分でできさえすれば、そんなリフォームいいなと思うのですけれど。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-03-07 06:34 | うれしかったこと | Comments(2)

おひなさま

d0031853_2240652.jpg
息子が、おひな様をこちらのお座敷に出してもよいかというので、ちょうど時期だしもちろんいいよ、といって昨夜出しました。孫娘がなんだかよくわからない風で、のぞきこんでみています。
 なかなか出す機会がない掛け軸があり、せっかくなので出しました。

iPhoneから送信

More
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-03-01 22:40 | うれしかったこと | Comments(2)

スマホが復活しました

ネットで調べたら、アリオ倉敷のなかのキタムラカメラにAUのショップがあり、壊れたスマホの修理を受けていることがわかり、行ってみました。そして午後3時半ごろから5時ごろまでかかって新しいものと交換(これを修理というらしい)してもらいました。
 失われたとおもってあきらめていたデータのバックアップも、途中で止まっていることがわかり、お店の人がいったんネット上に保管してから取り出すという作業をしてくださった結果、大事な連絡先と、あきらめていた写真も取り戻すことができて本当にありがたかったです。
 買ってから2年以内の保証期間内に2回だけ修理の補助?が受けられるとのことで7,800円とのこと。
 それで、今度は少しでも衝撃に強そうなカバーを買おうとしたところ、もうI-Phone6という機種が幅を利かせるようになっていて、たったの1年ほどしかたっていないのに、I-Phone5Cという機種のカバーは少ししかないとのこと。アリオ2階の上新電器へ行ってみても同じ。仕方なくあんまりお好みでないおとなし目のピンクのソフトカバーを買いました。ガラス面より少し上に盛り上がったふちのあるものです。
 これまでも別にオンラインゲームをするでもなく、もっぱらメールと電話と、お天気情報と、番組情報誌ステラと、たまにブログの投稿と、くらいしか使いこなせていなかったのですが、設定のこと等となると、「Apple ID」とかパスワードとか言われてやっとこさ何とか思い出しましたが、そういうことには本当にうとい私です。キタムラカメラの辛抱強くバックアップのお手伝いをしてくださった店員さんに感謝です。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-02-25 21:53 | うれしかったこと | Comments(2)

「そんな時間」を大事にしたい ということ

 先日ちょっと書いた、2月16日(月)に倉敷市民会館で講演会のある海原純子先生(心療内科医)のご著書『大人の生き方 大人の死に方』にこんな箇所があるのに出会った。
 子供がサッカーに熱中しているのを見てお母さんが「そんな時間があったら勉強してほしいわ」と嘆く。
(中略)「そんな時間」にはそんな無駄な時間、という思考が含まれている。
 私も医療のほかに原稿を書いたり大学で教えたり、歌を歌ったりしている。(略)
 「そんな時間」は人間すべてにとって必要なものではないかと思っている。
 医師として、書き手として使うのは脳のごく一部である。そこだけ使っていると肩こりと同じで脳のこりを生むと思う。(略)
 静と動、硬直さとしなやかさ、そのバランスは人間が生きて行くうえで必要なのではないか。お金にもならず、一見無駄に見える時間が活性化してくれる物について見直してほしいと思う。


・・・そうだそうだ。私がTの会の会議で疲れていてもとにかく合唱団の練習には出かけるのは、腹筋を使って声を出すことに、そして仲間の人と他愛のない話をすることに、私がいかにリフレッシュできるか、という事なのだと思います。
 そうそう、家庭の中だけにこもっていては暗くなりがち、収入にはならなくともTの会で友とワイワイ交わり、楽しいことだけではなくて自分の能力いっぱいいっぱいの事も多々あるけれど、やっぱりそんな時間があったら家のお掃除でもした方が、と思いがちではあるけれど、無能と思われる私にも居場所があるってありがたいことと思えます。そんな時間、こんな時間、大切にしたい私の時間です。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-01-28 14:03 | うれしかったこと | Comments(2)

今年も七草がゆ

 例年我が家は七草がゆを作っていて、今年も米から炊くことが出来ました。
今年のトピックスはそのお鍋、昨年は土鍋はIHの我が家は無理なのでカセットコンロにかけておかゆを炊きましたが、今年はIHもOKの、セラミックのお鍋を次男のお嫁さんがお土産として持参してくれたのです。火の当たりがやわらかなのでしょう、うまくできました。
 七草は手間を惜しんで生協のフリーズドライの乾燥七草。

d0031853_1304995.jpg
d0031853_1311196.jpg
d0031853_1313390.jpg
参考にしたこの記事は、婦人之友社の『おいしくできるきちんとできる基本の家庭料理 和食編』より。そういえばおかゆなんて、正式に炊いたことがなくて、いつもいい加減にしていました。
そして同じ本。こんな基礎の基礎まで載せてくれている本はめったにないのでありがたいです。
d0031853_1334565.jpg

[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-01-08 01:34 | うれしかったこと | Comments(0)